CD REVIEW (OVERSEAS ARTISTS[C])
今持っている曲を久々に聴き直してお気に入り の曲か確認してます。
個人的に
まぁまぁ気に入った曲には下線を、特に気 に入った曲はさらに赤 色で示しています。
曲名を「この色」であらわしているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
曲名を「この色」であら わしているものは他のアルバムにも同じ曲が収録されているのでその判断待ちです。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。
アルバム毎に フォーマットが違うのはレビューの時期が異なるのためですので今後徐々に 統一していきます。

THE CALLING

Camino Palmero
THE CALLING
2001
01.Unstoppable
02.Nothing's Changed
03.Wherever You Will Go
04.Could It Be Any Harder
05.Final Answer
06.Adrienne
07.We're Forgiven
08.Things Don't Always Turn
Out That Way
09.Just That Good
10.Thank You
11.Stigmatized
12.Lost
ヴォーカルAlex Bandのルックスが非常にいいので一瞬アイドルバンドと思われがちですが実は割と正統派なアメリカンロックバンド。[3]を初め結構ヒットしました。 Alexの声も見た目とは違い、どちらかというと太めの声でDISHWALLAやHOOTIE & THE BLOW FISHのような感じです。ややオルタナ系かと一瞬思いますが音楽的にはむしろMATCHBOX TWENTYに近いかも。路線的にはシンプルで力強い哀愁のあるメロディ系ロックと言えるでしょう。割と似た曲調が多いのでこういう路線が好きな人には捨 て曲ないかも。
Two
THE CALLING
2004
01.One by One
02.Our Lives
03.Things Will Go My Way
04.Chasing the Sun
05.Believing
06.Anything
07.If Only
08.Somebody Out There

09.Surrender
10.Dreaming in Red
11.Your Hope
12.For You
2ndアルバム。1stアルバムで成功したもののいろいろゴタゴ タして、結局ヴォーカルのアレックスとギターのアーロンが正式メンバーだと宣言して作られたアルバム。アルバムタイトルは2作目という以外に、2人という 意味もあるみたいです。基本的な路線は変わらずギターを中心としたメロディーのはっきりした路線でMATCHBOX TWENTY的なかんじ。全体的に楽曲の質が高くて結構シングルカットできそうな曲が多いです。アルバム全体通してクオリティー高し。でもこのアルバムで バンドは解散・・・。もったいない。
☆ALEX BANDはこちら
CATS IN BOOTS

Kicked & Klawed
CATS IN BOOTS

1989
01.Shot Gun Sally
02.Nine Lives (Save Me)
03.Her Monkey
04.Whip It Out
05.Long, Long Way From Home
06.Coast To Coast
07.Every Sunrise
08.Evil Angel
09.Bad Boys Are Back
10.Judas Kiss
11.Heaven On A Heartbeat
12.Tokyo Screamin'

鑑賞中
☆大橋隆こ ちら
☆聖飢魔IIはこちら
CHEAP TRICK

Lap Of Luxury
CHEAP TRICK
1988
01.Let Go
02.No Mercy
03.The Flame
04.Space
05.Never Had A Lot To Lose
06.Don't Be Cruel
07.Wrong Side Of Love
08.All We Need Is A Dream
09.Ghost Town
10.All Wound Up

鑑賞中
Busted
CHEAP TRICK
1990
01.Back 'n Blue
02.I Can't Understand It
03.Wherever Would I Be
04.If You Need Me
05.Can't Stop Fallin' Into Love
06.Busted
07.Walk Away
08.You Drive, I'll Steer
09.When You Need Someone
10.Had To Make You Mine
11.Rock'n'Roll Tonight
12.Big Bang

実はMR.BIGを買おうとしたら、別のMR.BIGのアルバムが届いて、それじゃかえないんで、 別なの買いますといって、たまたま選んで買ったアルバムなんですが、いい曲ぞろい。前作に引き続いて外部ライターを起用したアルバム出わかりやすいアメリ カンロックが目白押 しで曲のクオリティーも高いです。まぁ本人達は納得がいかないのかもしれませんが・・・。
Premiun Best
CHEAP TRICK
1998
01.Stop This Game
02.Hello There
03.I Want You To Want Me
04.Dream Police
05.Surrender
06.The Flame
07.Voices
08.If You Want My Love
09.Day Tripper (Live)
10.Everything Works If You Let It
11.Little Sister
12.Tonight It's You (Edit)
13.I Can't Take It
14.Saturday At Midnight (Super New Dance Re-Mix)
15.Dancing The Night Away
16.Mighty Wings
17.Clock Strikes Ten

アメリカのビートルズとか言われてますが、まぉ私は「ポップ」さを生かすのがうまいロックバンドだ と思ってます。ほとんどの曲が素直 に入っていけるロックです。1時期俗にいう「産業ロック」路線にも行きましたが、これもまた「永遠の愛の炎」のようにすごくいい曲も生んでいるのでよしと しましょう。日本の武道館を世界的に有名にしたバンドですが、海外のバンドには彼らに影響を受けたという人はかなり多いです。

6.The Flame→最近実は「Flame」という言葉が自分の中でブームなのです。っというのもなぜかこの言葉のつく曲には好きな曲が多いから。 そこで挙げたいのがこの2曲。(もう1曲はSING LIKE TALKING参照)この「FLAME」という単語を調べてみると燃えるような炎という意味の墓に生命力や魂の象徴としての意味もあるそう。しかしなぜか 両曲ともバラード系が多いのはどちらかというと「燃えるような魂をそっと大事に大事にもっている」といういめーじなのかなーーと勝手に解釈してます。まず SING LIKE TALKING(以下S.L.T)のFLAMEの方から。この曲は偶然なことにS.L.Tの曲の中で一番好きな曲は何かという話に妹となった時一致したの がこの曲。(今でも妹はこの曲が1番か知りませんが)。アルバムを買った当初はわりと聞き過ごしてたんですがライブを見に行ってその曲の雰囲気に飲み込ま れて以来かなりはまりました。重厚な音作りとやさしい雰囲気gあなんともいえません。ギター的にも西村さんの空間的なギターワークがかなり影響を受けまし た。DEF LEPPARDに近いものがあるかも?一方CHEAP TRICKの「THE FLAME」は彼らの復活曲といってもいいでしょう。12弦ベースの使い手・・・オリジナルベーシストのトム・ピーターソン(ギターのリック・ニールセン は5ネックギターを使ってましたが(笑))が復帰して出したこの曲はある意味趙売れ線バラードですがとてもいい曲です。外部ライターの曲という事でもしか すると彼ら自身納得してないかもしれないんですけどね・・・。 この曲のギターソロはヴォーカルパート をそのままなぞって途中から1オクターブ挙げるというものなのですが知らず知らずのうちにこの構成に私はギターリストとして影響を受けていたようです。

CHICAGO
The Heart Of Chicago 1982-1997
[BEST]

CHICAGO
1997
01.Hard to Say I'm Sorry
02.Love Me Tomorrow
03.Stay the Night
04.Hard Habit to Break
05.You're the Inspiration
06.Along Comes a Woman
07.Will You Still Love Me ?
08.If She Would Have Been Faithful...
09.I Don't Wanna Live Without Your Love
10.Look Away
11.You're Not Alone
12.What Kind of Man Would I Be ?
13.Chasin' the Wind
14.Here In My Heart
15.The Only One

笑う犬の冒険でのコント「魔法のランプ」で突然この1曲目収録の全米NO.1バラードシングル「素 直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」をウンナンがハモっているのを見て「あ~そういえばこの曲いい曲だよなぁ~」と思い出して買ったCD。この曲ってD・フォスターのプロ デュース&作曲だったんですね。文字通り1982年以降のベストなので初期のホーンバリバリのロックというよりは産業ロック路線まっしぐら。しかしまぁそ んな曲の中でもやはりこの時代の彼らの路線であるバラードとホーンが効果的には出てるとおもいます。ただ1曲1曲を聞くといい曲なんですが全体的に路線が 似ているので飽きるといえば飽きるかも。

CHICKENFOOT

Chickenfoot
CHICKENFOOT
2009
[CD]
01.Avenida Revolucion
02.Soap On A Rope
03.Sexy Little Thing
04.Oh Yeah
05.Runnin' Out
06.Get It Up
07.Down The Drain
08.My Kinda Girl
09.Learning To Fall
10.Turnin' Left
11.Future In The Past

12.Bitten By The Wolf
[DVD]
01.Avenida Revolucion
02.Soap On A Rope
03.Sexy Little Thing
04.Oh Yeah
05.Runnin' Out
06.Get It Up
07.Down The Drain
08.My Kinda Girl
09.Learning To Fall
10.Turnin' Left
11.Future In The Past
12.Bitten By The Wolf

Bonus Video Footage
13.Soap On A Rope
鑑賞中

Chickenfoot
white package
CHICKENFOOT
2009
III
CHICKENFOOT
2011
01.Last Temptation
02.Alright, Alright
03.Different Devil
04.Up Next
05.Lighten Up
06.Come Closer
07.Three and Half Letters
08.Bigfoot
09.Dubai Blues
10.Something Going Wrong
11.Soap On A Rope [Live]
鑑賞中。
LV
CHICKENFOOT
2012
01.Lighten Up
02.Big Foot
03.Last Temptation
04.Something Going Wrong
05.Oh Yeah
06.Down The Drain
07.Turnin' Left
08.My Kinda Girl
09.Learning To Fall
鑑賞中。
BEST+LIVE
CHICKENFOOT
2017
[DISC1]
01.Divine Termination
02.Soap On A Rope
03.Sexy Little Thing
04.Oh Yeah
05.Get It Up
06.Future In The Past
07.Big Foot
08.Different Devil
09.Lighten Up
10.Dubai Blues
11.Something Going Wrong

12.Highway Star [Live]
13.Bad Motor Scooter [Live]
14.My Generation [Live]
[DISC2]
01.Avenida Revolution
02.Sexy Little Thing
03.Soap On A Rope
04.My Kinda Girl
05.Down The Drain
06.Bitten By The Wolf
07.Oh Yeah
08.Learning To Fall
09.Get It Up
10.Turning Left
11.Future In The Past

鑑賞中。

Get Your Buzz On Live
[DVD]

CHICKENFOOT
2010
01.Avenida Revolution
02.Sexy Little Thing
03.Soap On A Rope
04.My Kinda Girl
05.Down The Drain
06.Bitten By The Wolf
07.Oh Yeah
08.Learnin' To Fall
09.Get It Up
10.Turnin' Left
11.Future In The Past
12.Bad Motor Scooter
13.My Generation

-BONUS FEATURES-
14.Documentary
15.Band Interviews
16.Photo Gallery

鑑賞中。
☆VAN HALENはこちら
☆SAMMY HAGARはこちら
☆MONTROSE はこちら
☆RED HOT CHILI PEPPERSはこちら
☆JOE SATRIANIはこちら

CINDERELLA
Night Songs
CINDERELLA
1988
01.Night Songs
02.Shake Me
03.Nobody's Fool
04.Nothin' For Nothin'
05.Once Around The Ride
06.Hell On Wheels
07.Somebody Save Me
08.In From The Outside
09.Push, Push
10.Back Home Again
11.In From The Outside (Live Version)

どちらかといえばブルージーなイメージがある彼らですが、後々のブルージー路線の片鱗をちょこっと 見せつつデビュー当時は結構メタ リックでした。ボンジョヴィにデビューさせてもらったとか。さすがに売れただけはあって曲はいいです。ヴォーカルのトムの声は金切り声系なので聞く人を選 びますね。
Long Cold Winter
CINDERELLA
1988
01.Bad Seamstress Blues
02.Gypsy Road
03.Don't Know What You Got
04.The Last Mile
05.Second Wind
06.Long Cold Winter
07.If You Don't Like It
08.Coming Home
09.Fire And Ice
10.Take Me Back

前作に比べるとメタル色はほとんどなくなりブルージーなロックへ変わりました。ただ基本的には曲が 聞きやすいハードロックです。どこ かバンドとしての貫禄もつきました。「Coming Home」はアコギが効いたさわやかな名曲。
Heart Break Station
CINDERELLA
1990
01.The More Things Change
02.Love's Got Me Doin' Time
03.Shelter Me
04.Heartbreak Station
05.Sick For The Cure
06.One For Rock And Roll
07.Dead Man's Road
08.Make Your Own Way
09.Electric Love
10.Love Gone Bad
11.Winds Of Change

一気にブルース&カントリー度が増した作品。唯一「Shelter Me」がホーンなどバリバリ入っててゴージャスなイメージですが全体的には地味に聞こえてしまうかも。「Heartbreak Station」は名曲。

04.Heartbreak Station→今日メントレGを見ていたら久しぶりにこの歌が流れてきました。この曲は私もバンドでやったことあるんですよね。懐かし い。彼らの3rdアルバムからの曲。1stではメタリックなアルバムを出し、2ndではややブルース志向のはいったハードロックだったのがこの3rdアル バムではどっぷりルーツロックに浸って、ややキャッチーさはないかもしれませんが渋くいい感じになってます。そんな中で、このアルバムの中では分かりやす く曲として単純にいい曲がこのアルバムタイトル曲です。もともとヴォーカルのトム・キーファーはどちらかというと高音で歌うことが多いんですがこの曲は最 後のほうになるまで普段とはちがうやや抑えた歌い方をするんですがこれがまたいい感じです。
Live Train To Hartbreak Station
CINDERELLA
1991
01.The More Things Change
02.Somebody Save Me
03.Heartbreak Station
04.Don't Know What You Got (Till It's Gone)
05.Gypsy Road
06.Shake Me

6曲しかないですが、ライブでの魅力は伝わってきます。
Still Climbing
CINDERELLA
1994
01.Bad Attitude Shuffle
02.All Come Down
03.Talk Is Cheap
04.Hard To Find The Words
05.Blood From A Stone
06.Still Climbing
07.Free Wheelin'
08.Through The Rain
09.Easy Come Easy Go
10.The Road's Still Long
11.Hot & Bothered

彼らにしてはすごく久しぶりに出したアルバム。雰囲気的には2ndと3rdの間ぐらいだが楽曲が ちょっと弱いかな・・・。ジャケットは結構好き。
Live At Key Club
CINDERELLA
1999
01.The More Things Change
02.Push Push
03.Hot And Bothered
04.Shelter Me
05.Night Songs
06.Somebody Save Me
07.Heartbreak Station
08.The Last Mile
09.Coming Home
10.Fallin' Apart At The Seams
11.Don't Know What You Got
12.Nobody's Fool
13.Gypsy Road
14.Shake Me

再結成以来ニューアルバムは出しておらず、ライブ活動が中心のようですがそんな彼らの1998年 10月2日、3日にハリウッドの Key CLUBd行われたライブ。③なんかはイントロでAC/DCをやるかと思ったら,GYPSY ROADになり、かと思ったらSHAKE MEになり実はHOT BOTHEREDでしたというかんじでライブならではの演出も入っています。以前5曲入りのライブアルバムが出ましたが、こちらのほうが収録曲が14曲と 多く、かつ生々しいです。選曲もベスト。しかしまぁトム・キーファーの声ってなんであんなに普段と歌うときの高低差があるんでしょう。所々フェイク気味な のが気になりますが。

Live At The Mohegan Sun
CINDERELLA
2009
01.Intro
02.Night Songs
03.The Last Mile
04.Somebody Save Me
05.Heartbreak Station
06.Coming Home
07.Shelter Me
08.Nobody's Fool
09.Gypsy Road
10.Don't Know What You Got(Till It's Gone)
11.Shake Me
12.Fallin Apart At The Seams
13.Push Push
14.Still Climbing

鑑賞中。
In Concert
[DVD]

CINDERELLA

2005
[DVD]
01.More Things Change
02.Push Push
03.Sick For The Cure
04.Make Your Own Way
05.Night Songs
06.Back Home Again
07.Somebody Save Me
08.Heartbreak Station
09.Coming Home
10.Falling Apart At The Seams
11.Love's Got Me Doin' Time
12.Love Gone Bad
13.Don't Know What You Got (til It's Gone)
14.Nobody's Fool
15.Gypsy Road
16.Shake Me
17.Shelter Me




 
[CD](Caught In The Actのみ)
01.The More Things Change
02.Push Push
03.Hot And Bothered
04.Shelter Me
05.Night Songs
06.Somebody Save Me
07.Heartbreak Station
08.The Last Mile
09.Coming Home
10.Fallin' Apart At The Seams
11.Don't Know What You Got
12.Nobody's Fool
13.Gypsy Road
14.Shake Me







鑑賞中
 
The Heartbreak Station Tour
[DVD]

CINDERELLA

2005
Caught In The Act
CINDERELLA
2011
Rocked Wired & Bluesed:
The Greatest Video Hits

CINDERELLA
2005
01.Shake Me
02.Nobody's Fool
03/Somebody Save Me
04.Gypsy Road
05.Don't Know What You Got (Till It's Gone)
06.The Last Mile 07.Coming Home
08.The More Things Change
09.Shelter Me
10.Heartbreak Station

Extras :
Making of Heartbreak station.
Commentary.
Tales from the Gypsy road.
鑑賞中。
☆ARCADEはこちら
CINDER ROAD

Superhuman
CINDER ROAD
2008
01.I'm So Sorry
02.Should've Known Better
03.Bad Excuse
04.Back Home To You
05.Get In Get Out
06.Feels So Good To Me
07.Learning To Love
08.One
09.Drift Away
10.Don't Be Scared
11.Superhuman
12.Sleeping With The Enemy
13.Complete Me
14.Stand In Our Way
15.Everything You Are
16.#1 Fan

鑑賞中。

COLDPLAY

PARACHUTES
COLDPLAY
2000
01.Don't Panic
02.Shiver
03.Spies
04.Sparks
05.Yellow
06.Trouble
07.Parachutes
08.High Speed
09.We Never Change
10.Everything's Not Lost (Life Is For Living)
11.Careful Where You Stand
12.For You

UK出身の4人組。当初はディレイ+リバーブのギターサウンドか らU2っぽいバンドと 思っていましたが、全体的に静かで、ヴォーカルがささやき系というが搾り出しているような感じ、全体的に美しい響きがむしろイギリス版COUNTING CROWSとも思える雰囲気で。少なくともライブで「イェーイ!」というようなタイプのバンドではありませんがじっくり聞き込めるサウンドですね。

X&Y
COLDPLAY
2005
01.Square One
02.What If
03.White Shadows
04.Fix You
05.Talk
06.X&Y
07.Speed Of Sound
08.A Message
09.Low
10.The Hardest Part
11.Swallowed In The Sea
12.Twisted Logic
13.Kingdom Come

鑑賞中。

COLLECTIVE SOUL
Hints Allegations And Things Left Unsaid
COLLECTIVE SOUL
1993
01.Shine
02.Goodnight, Good Guy
03.Wasting Time
04.Sister Don't Cry
05.Love Lifted Me
06.In A Moment
07.Heaven's Already Here
08.Pretty Donna
09.Reach
10.Breathe
11.Scream
12.Burning Bridges
13.All

もともとは自主制作したアルバム。この中の「SHINE」がラジオから売れ始め最終的には全米で 200万枚以上の売り上げを記録。ビ ルボードのアルバム・オブ・ザ・イヤーにも輝きました。デモ同然のアルバムなのでアレンジ等はシンプルですが音がしみじみしてしまうほどいいです。アメリ カのルーツを全面に出した アルバム。わりとポップ。「Sister Don't Cry」、「Reach」の曲の雰囲気にどきっとすることも。
Collective Soul
COLLECTIVE SOUL
1995
01.Simple
02.Untitled
03.The World I Know
04.Smashing Young Man
05.December
06.Where The River Flows
07.Gel
08.She Gathers Rain
09.When The Water Falls
10.Collection Of Goods
11.Bleed
12.Reunion
13.That's All Right (Bonus Track)

前作はエドのデモテープがアルバムになったようなものなのでこのアルバムがバンドとしての「デ ビュー」という意味でアルバムタイトル がこのようになったそうです。前作よりもハードロック色が濃くなり、リフ中心のロックが多いです。「The World I Know」などのヒットで300万枚以上の売り上げをあげ、1発屋ではないとこも見せつけました。このアルバムもビルボードのアルバム・オブ・ザ・イヤー になったとか。
Disciplined Breakdown
COLLECTIVE SOUL
1997
01.Precious Declaration
02.Listen
03.Maybe
04.Full Circle
05.Blame
06.Disciplined Breakdown
07.Forgiveness
08.Link
09.Giving
10.In Bewteen
11.Crowded Head
12.Everything
13.Simple (Live, JP Bonus)
14.Breathe (Live, JP Bonus)

マネージャーとの問題から解散の危機に陥りましたがそれを乗り越えて作った作品。曲調的にはファー ストの頃に近いのですが、練られて 作った感じがします。特にギター3本ならではの絡みが聞き所。U2っぽい雰囲気もあり。聞いていくうちにかなり味わいが出てくる快作。
Dosage
COLLECTIVE SOUL
1999
01.Tremble For My Beloved
02.Heavy
03.No More, No Less
04.Needs
05.Slow
06.Dandy Life
07.Run
08.Generate
09.Compliment
10.Not The One
11.Crown
12.Data

ぶっちゃけた話1回目聞いた時は期待していたほどではなかったん ですけど、2回目から 良さを発見してきたところです。今までとの相違点は曲の所々にデジタルビートが使われてるところ、透明感のある曲が増えた、そして,全体的に余裕が感じら れ、肩の力がぬけたかんじがします「Heavy」はギターサウンドが重くてかっこいいし、素朴なポップソング(「NEEDS」なんかはいいかんじ)もありますよという 感じ。今のとこは②~⑧が好きです。相変わらずE-BOWとストリングスが頑張ってます。所々、ピアノ、キーボードの使い方がかっこいい。
Blender
COLLECTIVE SOUL
2000
01.Skin
02.Vent
03.Why Pt.2
04.10 Yrs Later
05.Boast
06.Turn Around
07.You Speak My Language
08.Perfect Day Featuring Elton John
09.After All
10.Over Tokyo
11.Happiness
12.Over Tokyo - Acoustic Demo

5thアルバム。「OVER TOKYO」という曲が収録されていたりジャケットの表裏に「魂」という漢字が使われていたりと所々に日本となじみの深い部分が見られますが音楽性はその まま。ただし歌詞はより内省的になっているといえるかも。どうやらアメリカン人は自分の国の文化がすべてだと思っているところを批判する意味もあるようで す。またあのエルトン・ジョンとのデュエット曲もありさらにゲストミュージシャンとしてMarvelous3やShawn Mullins等も参加となかなか話題の多いアルバムです。個人的にはこれまでの全アルバムの特徴がバランスよく組み合わされたアルバムだと思うんです が
Youth
COLLECTIVE SOUL

2004
01.Better Now
02.There's A Way
03.Home
04.How Do You Love?
05.Him
06.Feels Like (It Feels All Right)

07.Perfect To Stay
08.Counting The Days
09.Under Heaven's Skies
10.General Attitude
11.Satellite
6thアルバム。自身のレーベルに移籍しての第1弾。リードギターの交替はありましたが全体的には「アーシーでアナログチックだけどリズムがちょっとヘヴィーでデジタル的(というかシーケンス的)でもまたサビは素朴でポップな感じ」という路線はあまり変わっておらず集大成的なサウンド。まぁこれといった曲もないですが曲の平均点は相変わらず高いかと。適度に曲がポンポンすすんでいくのであっさり聞けます。

Afterwords
COLLECTIVE SOUL

2007
01.New Vibration
02.What I Can Give You
03.Never Here Alone
04.Bearing Witness
05.All That I Know
06.I Don't Need Anymore Friends
07.Good Morning After All
08.Hollywood
09.Persuasion Of You
10.Georgia Girl
11.Adored

鑑賞中

Collective Soul
COLLECTIVE SOUL

2009
01.Welcome All Again
02.Fuzzy
03.Dig
04.You
05.My Days
06.Understanding
07.Staring Down
08.She Does
09.Lighten Up
10.Love
11.Hymn For My Father
12.Heart To Heart

鑑賞中
See What You Started By Continuing
COLLECTIVE SOUL

2015
01.This
02.Hurricane
03.Exposed
04.Confession
05.AYTA
06.Contagious
07.Life
08.Am I Getting Through
09.Memoirs of 2005
10.Tradition
11.Without Me
鑑賞中

7even Year Itch
[BEST]

COLLECTIVE SOUL 2001
01.Heavy
02.She Said
03.Shine
04.Energy
05.Run
06.Gel

07.Perfect Day
(featuring Elton John)
08.Precious Declaration
09.Why Pt.2

10.The World I Know
11.Next Homecoming
12.Listen
13.December
14.Forgiveness

彼ら初のベストアルバム。よく ベストアルバムがバン ドの節目になることがありますが、COLLECTIVE SOULもこのアルバムの後に、リードギターのロスが脱退。今後の動向が待たれるところです。彼らの曲は結構短いので詰め込もうと思えばもうちょっと曲数 が多くてもいい気がするのですが(1st,2ndの曲がもちょっとあってもいい気がするんですけどねぇ・・・)。でも、うまいことシングルとか網羅してい るので入門編にはいいでしょう。シーケンス的なリフ、曲の終わり方等彼 ら独特の作風はちゃん と反映されている④とHeavy のような切れ味鋭いリフのロックですが、ヴォーカルが全体的 にハイトーンで一瞬ビビる⑪が新曲です。まぁただ・・・個人的にはあとは「Simple」 「Untitled」「Sister Don't Cry」あたりが入ってたら完璧でしたね。

From The Ground Up
COLLECTIVE SOUL

2005
01.Compliment
02.Youth
03.December
04.Perfect To Stay
05.Under Heaven's Skies
06.She Said
07.Counting The Days
08.Satellite

鑑賞中

Music In High Places
[VHS]

COLLECTIVE SOUL
2001
01.Heavy
02.Why Pt.2
03.Vent
04.The World I Know
05.Gel
06.December
07.Heaven's Already Here
08.Over Tokyo
09.She Said
10.Perfect Day
11.Shine
12.After All

彼ら最初の公式ビデオはビデオクリップ集でも、ライブでもなく (副題はLive From Moroccoですけど・・・)、モロッコで行われたまさしく”ロケ”。モロッコのさまざまな風景(砂漠・遺跡・市場etc・・・)の所へ行ってアンプラ グドで歌うといった内容。どうやら、様々なアーティストが各地に行って風景をバックに演奏をする”企画ビデオ”らしく、SUGAR RAY、BOYS II MENも同様のビデオを出しているらしいです。テレビの旅行企画にちかいところもありますけど、「Gel」にノリノリのモロッコの子供達や、エドとロス2 人だけで演奏する美しい音色の「The World I Know」など細かいところを結構見所あります。

★Home★
[DVD]

COLLECTIVE SOUL
2006
01.Counting the Days
02 Listen
03.December
04.Compliment
05.Precious Declaration
06.Needs
07.Heavy
08.Run
09.World I Know
10.Pretty Donna
11.Youth
12.Crown
13.Under Heavens Skies
14.She Said
15. Home
16.Gel
17.How Do You Love
18.Better Now
19.Satellite
20.Shine
21.Bonus Material

鑑賞中。
Hellowen Groove
[Bootleg]

COLLECTIVE SOUL
1994
01.Simple
02.Untitled
03.Breathe
04.Reach
05.Bleed
06.Gel
07.The World I Know
08.Our World Fades Away
09.Love Lifted Me
10.Goodnight Good Guy
11.Scream
12.Heaven's Already Here
13.Shine
14.Wasting Time
15.Persuasion
16.No More No Less
17.Hymn 24

音はそんなによくないですが、ライブでしかやってくれない曲が入ってたります。
Smashing Yong Man
[Single]
COLLECTIVE SOUL
1995
01.Smashing Young Man
02.December (Acoustic)
03.Bleed (Acoustic)

この曲自体はどおってことないのですが、カップリングの「December」アコースティック ヴァージョンが聞き所。
☆ED ROLANDはこちら

COLLISION
Collision
COLLISION
1992
01.Who Do You Love
02.True Love
03.Chains
04.Give Me 5 Days
05.Creepin'
06.Maximum Respect
07.Caravan
08.Love Not War
09.Juicy Lucy
10.My Desire
11.Things
12.Tears Are Fallin'
鑑賞中。

COLOR ME BADD

Time And Chance
COLOR ME BADD
1993
01.Intro
02.Time And Chance
03.Groovy Now
04.Let Me Have It All
05.Rosanna's Little Sister
06.How Deep
07.La Tremenda (Intro)
08.In The Sunshine
09.Choose
10.The Bells
11.Wildflower
12.Livin' Without Her
13.Close To Heaven
14.Trust Me
15.Let's Start With Forever
16.God Is Love
17.Let Love Rule (God Is Love Outro)

この手のグループにしては珍しい白人、黒人混成。曲はライブで載るというよりは、クラブで静かに踊 れるようなタイプ。私はBoyzよ りもこっちが好きですね。ロック的な曲もあり。リズム良し。

Now And Forever
COLOR ME BADD
1996
01.Sexual Capacity
02.Ooh Tonight
03.The Earth, The Sun, The Rain
04.The Last To Know
05.For All Eternity
06.From The Back
07.Ain't Nobody Goin' Home
08.On My Mind
09.Soft N' Easy
10.Tonite, Tonite

前作よりも比重を「歌」に置いたといえるアルバム。「The Earth,TheSun,The Rain」がヒット。聖歌隊のコーラスのような曲もあり。やはり打ちこみのビートのセンスがいい。

Awakening
COLOR ME BADD
1998
01.All The Way (Freaky Style)
02.Written On Your Face
03.Kissing You
04.Love Is Stronger Than Pride
05.Your Touch
06.I'll Never Love This Way Again
07.Remember When
08.It's Gonna Be Alright
09.Farmer's Daughter
10.All The Way Pt.2
11.How Could This Be
12.Secret Lovers
13.Remember When (O.K. City Mix)
14.Remember When (Club Mix)
15.You Don't Know Me

のグループはコーラスグループでありながらコー ラスを聞かせているというよりはあくまでも歌が主体というふうな印象があるのですが 今回のアルバムではよりその傾向が強いようです。特に本アルバムではアレンジも割とシンプルでけれでもちょっとムーディーにせめてるといったかんじでしょ うか。

COL.PARKER

Rock n Roll Music
COL.PARKER

2001
01.Dropping Out
02.Can't Get That Stuff
03.Harmony
04.All The Kings Horses
05.Blink Of An Eye
06.Mother Mary's Son
07.Angel's Run
08.Pills
09.Mercedes Benz
10.Pushing 40 Blooze
11.Down Home Cookin'
12.Lord Only Knows

GUNS N' ROSESにイジー・ストラドリンの後任のギターとして加入したギルビー・クラーク(最近はプロデューサー業も盛んなようで)とロカビリーの代表的バンド (最近ではイチローの歌を歌っていたブライアン・セッツアーもいた)ストレイ・キャッツのドラマー、スリム・ジム・ファントム等によるバンドのデビューア ルバム。路線的にはほぼギルビー路線というかやはりROLLING STONES+FACESをもう少し肩の力を抜いてアーシーにしたようなかんじのアルバム。ある意味イジー的。少なくともHRではなくR&Rアル バムです。目新しさはないですが良質。
☆GUNS N' ROSESはこちら
☆GILBY CLARKEはこちら
☆SLASH'S SNAKEPITはこちら

☆ROCK STAR SUPERNOVAはこちら

CONTRABAND

Contraband
CONTRABAND
1991

01.All The Way From Memphis
02.Kiss By Kiss
03.Intimate Outrage
04.Bad For Each Other
05.Loud Guitars, Fast Cars & Wild, Wild Livin'
06.Good Rockin' Tonight
07.If This Is Love
08.Stand
09.Tonight You're Mine
10.Hang On To Yourself

鑑賞中
☆MICHAEL SCHENKERはこちら
☆VIXENはこちら
☆RATTはこちら
☆L.A.GUNSはこちら
☆BRIDES OF DESTRUCTIONはこちら
☆TRACII GUNSはこちら

THE CORRS

Forgiven,Not Forgiven
THE CORRS
1995

01.Erin Shore (Traditional Intro)
02.Forgiven Not Forgotten
03.Heaven Knows
04.Along With The Girls
05.Someday
06.Runaway
07.The Right Time
08.The Minstrel Boy
09.Toss The Feathers
10.Love To Love You
11.Secret Life
12.Carraroe Jig
13.Closer
14.Leave Me Alone
15.Erin Shore
16.Somebody Else's Boyfriend

4人の兄妹からなるアイルランド出身のポップスバンドの1995年発売のデビューアルバム。何かと 最近テレビでも名前を見かけ るようになったバンドですね。基本的には女性ヴォーカルもののちょっとだけロックの要素もあるポップスなのですがさすが出身地柄というか随所にアイリッ シュトラッドの要素をかんじさせる場面が出てきてそれがこのバンドの特徴をかんじさせます

COUNTING CROWS
August And Everythig After
COUNTING CROWS
1993
01.Round Here
02.Omaha
03.Mr. Jones
04.Perfect Blue Buildings
05.Anna Begins
06.Time And Time Again
07.Rain King
08.Sullivan Street
09.Ghost Train
10.Raining In Baltimore
11.A Murder Of One

う~ん。すばらしい。間違いなく私の人生のなかで好きなベスト3には入るアルバム。サウンド的には アメリカの広大 な大地を思わせるようなフォーク、カントリーの要素も入ったアメリカンロック。アダム・フリッツのヴォーカルは音程、リズム的というよりも説得力、人にも のを伝えることに関しては他に右に出るものがいない。そして彼の歌を支える楽器のアレンジも”いい響き”を大事にしており、曲を盛り上げている。特にアル ガン、ピアノがすばらしい、胸にしみてしっとりとしてる曲が多い。曲のタイトルのいつけかたも結構かっこいいです。
Recovering The Sattelites
 
COUNTING CROWS
1996
01.Catapult
02.Angels Of The SIlences
03.Daylight Fading
04.I'm Not Sleeping
05.Goodnight Elisabeth
06.Children In Bloom
07.Have You Seen Me Lately?
08.Miller's Angels
09.Another Horsedreamer's Blues
10.Recovering The Satellites(Live)
11.Monkey
12.Mercury
13.A Long December
14.Walkaways

基本的には前作と変わらないが、ヴァラエティーに富んでいる。ギターが2本になったこともありギ ターアレンジややハードになっ ている。少しロック的なアプローチが増えたかも。
This Desert Life
COUNTING CROWS
1999
01.Hangin' Around
02.Mrs. Potter's Lullaby
03.Amy Hit The Atmosphere
04.Four Days
05.All My Friends
06.High Life
07.Colorblind
08.I Wish I Was A Girl
09.Speedway
10.St. Robinson In His Cadillac Dreams

オリジナルアルバムとしては3枚目前作から3年ぶりのアルバム。全体的カントリー色が強まり、これ までのようなどこかもの悲し い雰囲気は薄れどこかのんびりとした、また軽快でかつ力強い雰囲気が漂っています。ただ個人的にはこのアルバムから漏れた「Baby I'm A Big Star Now」をかなり気に入っていただけに収録されないのは残念(シングルのB面に収録されるらしいのでさっそく注文しましたが)。インナーブックを見ると意 図的にA面とB面に分けているようで、雰囲気的にはB面の方が1st、2ndに近いのかなという気はします。

Hard Candy
COUNTING CROWS
2002
01.Hard Candy
02.American Girls
03.Good Time
04.If I Could Give All My Love (Richard Manuel Is Dead)
05.Goodnight L.A.
06.Butterfly In Reverse
07.Miami
08.New Frontier
09.Carriage
10.Black And Blue
11.Why Should You Come When I Call?
12.Up All Night (Frankie Miller Goes To Hollywood)
13.Holiday In Spain
14.4 White Stallions

オ リジナルアルバムとしては4作目のアルバム。路線的にはこれまでの流れの通りどんどんポピュラーなかんじになっていってます。一番好きな初期のころの心の 奥深くに刺さってきそうなイメージとはかけ離れてきますが、この路線はこの路線で親しみやすさという別の魅力はありますね。
 
Saturday Nights & Sunday Mornings
COUNTING CROWS
2008
01.1492
02.Hanging Tree
03.Los Angeles
04.Sundays
05.Insignificant
06.Cowboys
07.Washington Square
08.On Almost Any Sunday Morning
09.When I Dream Of Michelangelo
10.Anyone But You
11.You Can't Count On Me
12.Le Ballet D'Or
13.On A Tuesday In Amsterdam Long Ago
14.Come Around
鑑賞中
Underwater Sunshine
(Or What We Dio On Our Summer Vacation)

COUNTING CROWS
2012
01.Untitled (Love Song)
02.Start Again
03.Hospital
04.Mercy
05.Meet On The Ledge
06.Like Teenage Gravity
07.Amie
08.Coming Around
09.Ooh La La
10.All My Failures
11.Return Of The Grievous Angel
12.Four White Stallions
13.Jumping Jesus
14.You Ain't Goin' Nowhere
15.The Ballad Of El Goodo
鑑賞中
Somewhere Under Wonderland
COUNTING CROWS
2014
01.Palisades Park
02.Earthquake Driver
03.Dislocation
04.God Of Ocean Tides
05.Scarecrow
06.Elvis Went To Hollywood
07.Cover Up The Sun
08.John Appleseed's Lament
09.Possibility Days
10.Earthquake Driver (Demo)
11.Scarecrow (Demo)
鑑賞中
Across A Wire Live In New York
COUNTING CROWS
1998
[DISC1]
01.Round Here

02.Have You Seen Me Lately
03.Angels Of The Silences
04.Catapult
05.Mr. Jones
06.Rain King
07.Mercury
08.Ghost Train
09.Anna Begins
10.Chelsea

[DISC2]
01.Recovering The Satellites
02.Angels Of The Silences
03.Rain King
04.Sullivan Street
05.Children In Bloom
06.Have You Seen Me Lately?
07.Raining In Baltimore
08.Round Here
09.I'm Not Sleeping
10.A Murder Of One
11.A Long December
12.Walkaways
カウンティングクロウズの魅力は特にライブで発揮される。それも彼らのライブ版の海賊版の多さでも 証明されている。そんなこと で正式な音源として発表された2枚組みライブアルバム。DISC1はアメリカのTV番組「VH-1ストーリーテーラーズ」(1曲1曲その曲に関するエT」 で演奏された本来の形態の演奏。このアルバムを聞くと改めて彼らの曲の重み(演奏ではなく内容が)を感じるとともにライブでまた迫力のある違う魅力も感じ ることがでる。
August And Everythig After - Live At Town Hall
COUNTING CROWS
2011
01.Round Here / Raining In Baltimore
02.Omaha
03.Mr. Jones
04.Talking
05.Perfect Blue Buildings
06.Anna Begins
07.Time And Time Again
08.Rain King
09.Introduction To Sullivan Street
10.Sullivan Street
11.Ghost Train
12.A Murder Of One
鑑賞中。
Hottest Ticket In Boston
[Bootleg]

COUNTING CROWS
1994
01.Children in Bloom
02.Round Here
03.Time and Time Again
04.Mr. Jones
05.Anna Begins
06.Wiseblood
07.Omaha
08.40 Years
09.Rain King
10.Jumpin' Jesus
11.Margery
12.Perfect Blue Buildings
13.Ghost Train
14.A Good Year for the Roses
15.Sullivan Street

そしてこれがその海賊版。次作に収録されるらしい新曲もあり。
The Circle Game
[Bootleg]

COUNTING CROWS
1994
01.Round Here
02.Wiseblood
03.Omaha
04.Perfect Blue Buildings
05.Time & Time Again
06.Jumping Jesus
07.Rain King
08.A Murder Of One
09.Sullivan Street
10.Ghost Train

1994年8月18日カナダモントリオールでのライブ。音的にはかなり良く録れてます。こちらのラ イブでは「Wise Blood」はアダムがヴォーカルを取っているようですし他のライブとメロディーもちょっと違うようです。「August~」アルバムでのツアーですので 5人でのサウンド。未発表曲の「Jumping Jeasus」はちょっと寂しげなミドルテンポの曲。「Perfect Blue Buildings」では原曲よりも多少ゆっくりめに、かみしめて歌っているのが印象的です。
Flying Demos
[Bootleg]
COUNTING CROWS
1991
01.Rain King
02.Omaha
03.Anna Begins
04.Einstein on the Beach (for an Eggman)
05.Shallow Days
06.Love and Addiction
07.Mr. Jones
08.Round Here
09.40 Years
10.Margery Dreams of Horses
11.Bulldog
12.Lightning
13.We're Only Love

1991年のデモテープですからデビュー前の音源ですね。はじめてみる曲名も多いのでけっこう貴重 かもしれませんね。音的には やはりデモなのでちょっと違ってて、リバーブなどのエフェクターがちょっとかかってたり、アコギの音が目立ってたりしています。やはりファーストアルバム に入った曲は今の彼らのイメージに近い曲が入っていて、80年代的な曲(あるいみありがち)や印象的の薄い曲は入らなかったようですね。
A Long December
[Single]
COUNTING CROWS
1996
01.A Long December (LP Version)
02.Ghost Train (Live)
03.Sullivan Street (Live)

ヒット曲。せつなさと力強さが 同居する
Angels Of The Silence
[Single]
COUNTING CROWS
1996
01.Angels of The Silences
02.Round Here (live)

彼らにしては珍しく勢いのある ロック。
Hanginaround
[Single]
 COUNTING CROWS
1999
01.Hangin' Around
02.Baby, I'm A Big Star Now (Previously Unreleased)
03.Omaha (Live)

彼らの4枚目のアルバム「THIS DESERT LIFE」からの1stシングルでヨーロッパではカップリングの異なる2種類のヴァージョンで発売されてます。っでこちらはアルバムに入るかと思ったら入 らなかった映画「ラウンダーズ」にも使われた「Baby I'm A Big Star Now」スタジオヴァージョンと1stアルバムの2曲目「Ohama」のライブバージョンが収録されてます。まずタイトル曲の 「HANGINAROUND」は大勢の人とのんびり演奏するビデオクリップからもわかるようにのんびりとてるけど楽しそうなフォーク色の強いロックです。 私の本来の目的である「Baby I'm A Big Star Now」はハモンドアルガンとトレモロの効いたギターが印象的な彼ららしい曲ですがリズムは3拍子でいうことなくいいですねー。本当彼らは発表してない名 曲がたくさんあるのでいい意味で困っちゃいます(^^;)。
August And Everythig After - Live At Town Hall
[Blu-Ray]

COUNTING CROWS
2011
01.Round Here / Raining In Baltimore
02.Omaha
03.Mr. Jones
04.Perfect Blue Buildings
05.Anna Begins
06.Time And Time Again
07.Rain King
08.Sullivan Street
09.Ghost Train
10.A Murder Of One

11.Interview: “In Depth With Adam Durwitz & Charlie Gillingham”
鑑賞中。

COVERDALE & PAGE
Coverdale & Page
COVERDALE & PAGE
1993
01.Shake My Tree
02.Waiting On You
03.Take Me For A Little While
04.Pride And Joy
05.Over Now
06.Feeling Hot
07.Easy Does It
08.Take A Look At Yourself
09.Don't Leave Me This Way
10.Absolution Blues
11.Whisper A Prayer For The Dying
文字通りジミー・ペイジがツェッペリン用に作った曲をカヴァーデールが無理して歌ってるような気が するアルバムなんですが、こういう 無理してるところもなかなかいいかも。「Feeling Hot」はかっこいいです。
☆DAVID COVERDALEはこちら
☆LED ZEPPELINはこちら
☆JIMMY PAGE & THE BLACK CROWSはこちら
☆WHITESNAKEはこちら
☆DEEP PURPLEはこちら
☆HEARTはこちら
☆MONTROSEはこちら


CRACKER
Kerosene Hat
CRACKER
1993
01.Low
02.Movie Star
03.Get Off This
04.Kerosene Hat
05.Take Me Down To The Infirmary
06.Nostalgia
07.Sweet Potato
08.Sick Of Goodbyes
09.I Want Everything
10.Lonesome Johnny Blues
11.Let's Go For A Ride
12.Loser
13.Hi-Desert Biker Meth Lab
14.Eurotrash Girl
15.Take Me (Back) To You
16.Kerosene Hat (Outtake)

えらい雑誌で評判良かったからかったんですが、いまいちピンとこない。普通かなぁ・・・という気 も・・・。

THE CRANBERRIES

To The Faithful Departed
THE CRANBERRIES
1996
01.Hollywood
02.Salvation
03.When You're Gone
04.Free To Decide
05.War Child
06.Forever Yellow Skies
07.The Rebels
08.Intermission
09.I Just Shot John Lennon
10.Electric Blue
11.I'm Still Remembering
12.Will You Remember?
13.Joe
14.The Picture I View
15.Cordell
16.Bosnia

クラウドベリー・ジャムと間違えてしまいそうになるがこっちはアイルランドのバンドらしい。ヴォー カルの声が中島みゆきに似て いるロックバンド。どこかアイルランドらしいちょっとさみしい感じとまたなつかしい感じと、さらに説得力のある激しさが同居するサウンド

Bury The Hatchet
THE CRANBERRIES
1999
01.Animal Instinct
02.Loud And Clear
03.Promises
04.You And Me
05.Just My Imagination
06.Shattered
07.Desperate Andy
08.Saving Grace
09.Copycat
10.What's On My Mind
11.Delilah
12.Fee Fi Fo
13.Dying In The Sun
14.Sorry Son
15.Baby Blues

鑑賞中

CRAZY LIXX
New Religion
CRAZY LIXX
2010
01.Rock And A Hard Place
02.My Medicine (R.O.C.K)
03.21 'Til I Die 
04.Blame It On Love
05.Road To Babylon
06.Children Of The Cross
07.The Witching Hour
08.Lock Up Your Daughter
09.She's Mine
10.What Of Our Love
11.Desert Bloom
12.Voodoo Woman
鑑賞中。
Riot Avenue
CRAZY LIXX
2012
01.Whiskey Tango Foxtrot
02.Young Blood
03.Riot Avenue
04.Fire It Up
05.Downtown
06.In The Night
07.Church Of Rock
08.Heatseeker
09.Sweet, Bad & Beautiful
10.Be Gone
11.Only The Dead Know
12.Red Hot, Red Blooded
鑑賞中。

CREED
My Own Prison
CREED
1996

01.Torn
02.Ode
03.My Own Prison
04.Pity For A Dime
05.In America
06.Illusion
07.Unforgiven
08.Sister
09.What's This Life For
10.One
11.Bound & Tied
12.What's This Life For (Acoustic Alt. Vers.)

おお。これはかっこいい。っといってもグランジ嫌いの方はいやかもしれませんが。雰囲気としては PERLJAMが重めのハードロック をやっているかんじのアルバム。ヴォーカルの声がPEARL JAMのエディーに声がそっくり。暗いのではなく「シリアス」に聞こえるロックが多く、曲もなかなか。サウンド的には①、⑨のようなヘヴィーなんですが時 折見せるいいかんじのアルペジオが入り曲の最後にはにはスケールが大きくなるという展開がいいですね。少なくとも恋人と聞くような音楽ではないですが。で も聞きつづけると疲れてだれるので好きな曲だけをつまみ食いするのがいいと思います。
Human Clay
CREED
1999
01.Are You Ready?
02.What If
03.Beautiful
04.Say I
05.Wrong Way
06.Faceless Man
07.Never Die
08.With Arms Wide Open
09.Higher
10.Wash Away Those Years
11.Inside Us All
12.Young Grow Old

骨っぽいアルタネイティヴサウンドを聞かせる彼らのセカンドアルバム。大ヒットしたファ-ストアル バム。まさしく静(空間的)と動 (ヘヴィー)を微妙に使い分けてるところがすごい。前作よりも焦点が絞られた感じ。重いけど説得力があります。

Weathered
CREED

2001
01.Bullets
02.Freedom Fighter
03.Who's Got My Back ?
04.Signs
05.One Last Breath
06.My Sacrifice
07.Stand Here With Me
08.Weathered
09.Hide
10.Don't Stop Dancing
11.Lullaby

1st、2ndと世界的に数多 くアルバムセールスを誇ったバンド の2年ぶりの3rdアルバム。グランジ+メタルを基本としつつもどこか湿り気のあるメロディーラインという雰囲気の基本路線は相変わらずですね。最初思っ たよりヘヴィーだった01.を聞いたときはおやっ?と思いましたけど中盤に入るとやはりいつものCREEDです。その中盤も若干分かりやすいメロディーに なってなんとなくいい感じなのですが、わりかし似た雰囲気の曲が並ぶという意味では・・・?。ドラマティックな03.は新鮮。

Full Circle
CREED

2009
01.Overcome
02.Bread Of Shame
03.A Thousand Faces
04.Suddenly
05.Rain
06.Away In Silence
07.Fear
08.On My Sleeve
09.Full Circle
10.Time
11.Good Fight
12.The Song You Sing

鑑賞中。
☆ALTER BRIDGEはこちら

THE CULT

The Singles 1984-1995
THE CULT

2008
01.Born To Be Wild
02.She Sells Sanctuary
03.Fire Woman
04.Lil' Devil
05.Spiritwalker
06.The Witch [Edit]
07.Revolution [Edit]
08.Love Removal Machine
09.Rain
10.Coming Down [Edit]
11.Edie (Ciao Baby) [Edit]
12.Heart Of Soul [Edit]
13.Wild Flower
14.Star [Edit]
15.Resurrection Joe [Edit]
16.Go West
17.Sun King [Edit]
18.Wild Hearted Son [Edit]
19.Sweet Soul Sister [Edit]

鑑賞中
☆GUNS N' ROSESはこちら
CYBERNAUTS

LIVE
CYBERNAUTS
  2000
01.Watch That Man
02.Hang On To Yourself
03.Changes
04.The Supermen
05.Five Years
06.Cracked Actor
07.Moonage Daydream
08.Angel No.9
09.The Jean Jenie
10.Life On Mars
11.The Man Who Sold The World
12.Starman
13.The Width Of A Circle
14.Ziggy Stardust
15.White Light White Heat
16.RocknRoll Suicide
17.Suffragette City
18.All The Young Dudes
DEF LEPPARDのジョー・エリオット(Vo)、フィル・コリン(G)が自らが影響を受けたというグラムロック界のカリスマ、デヴィッド・ボウイとともに活 動をしていた元スパイダース・フロムマースのリズム隊トレヴァー・ボールダーとウッディ・ウッドマンゼイと組んだプロジェクト。簡単にいっちゃえば本家を 呼んでカヴァー・ライブアルバムを作ったってとこです。グラム・ロックっというとヴィジュアルと歌詞が違いがあるだけでまぁサウンド的には普通のロックと 同じだと認識してたんですがこれを聞いてみるとそんなかんじですねほとんどの曲がデヴィッド・ボウイの曲のカヴァーっというわけで個人的にはデヴィッド・ ボウイの曲自体にはピンとこないのでアドレナリンのあがり具合はいまいちなのですが、なんか気楽に聞けるロックという意味ではいいアルバムですね。DEF LEPPARDではかなり凝ったサウンドを聞かせるフィルですが久しぶりのシンプルなギターサウンドが聞けるという意味でも貴重。
☆DEF LEPPARDはこちら
☆GIRLはこちら
☆MANRAZEはこちら


CYNDI LAUPER
She's So Unusual
  CYNDI LAUPER
1983
01.Money Changes Everything
02.Girls Just Want To Have Fun
03.When You Were Mine

04.Time After Time

05.She Bop
06.All Through The Night
07.Witness
08.I'll Kiss You
09.He's So Unusual
10.Yeah Yeah

11.Money Changes Everything[Live]
12.She Bop [Live]
13.All Through The Night [Live]
鑑賞中。
True Colors
  CYNDI LAUPER
1986
01.Change Of Heart
02.Maybe He'll Know
03.Boy Blue

04.True Colors
05.Calm Inside The Storm
06.What's Going On

07.Iko Iko

08.The Faraway Nearby
09.911
10.One Track Mind
鑑賞中。
A Night To Remember
  CYNDI LAUPER
1989
01.Intro
02.I Drove All Night
03.Primitive
04.My First Night Without You
05.Like A Cat
06.Heading West
07.A Night To Remember
08.Unconditional Love

09.Insecurious
10.Dancing With A Stranger
11.I Don't Want To Be Your Friend
12.Kindred Spirit
13.Hole In My Heart
鑑賞中。
Twelve Deadly Cyns...And Yhen Some
[BEST]
  CYNDI LAUPER
1994
01.I'm Gonna Be Strong
02.Girls Just Want To Have Fun
03.Money Changes Everything
04.Time After Time
05.She Bop
06.All Through The Night
07.Change Of Heart
08.True Colors
09.What's Going On
10.I Drove All Night
11.The World Is Stone
12.Who Let In The Rain
13.That's What I Think
14.Sally's Pigeons
15.Hey Now (Girls Just Wanna Have Fun)
16.Come On Home
17.Hole In My Heart (All The Way To China)

いやー。曲の良さが光ってますね。ぱっと見ド派手そうなんですが曲はどちらかと言うと、繊細な曲が 多い。「Time After Time」とか「True Colers 」などバラードで特にそれが光ってますね。またアルバムごとに何か新しい事をやろうとしているのもなかなか。

洋楽CDに戻る