CD REVIEW (OVERSEAS ARTISTS[F])
今持っている曲を久々に聴き直してお気に入り の曲か確認してます。
個人的に
まぁまぁ気に入った曲には下線を、特に気 に入った曲はさらに赤 色で示しています。
曲名を「この色」であらわしているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
曲名を「この色」であら わしているものは他のアルバムにも同じ曲が収録されているのでその判断待ちです。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。
アルバム毎にフォーマットが違うのはレビューの時期が異なるのためですので今後徐々に統一していきます。

FACES

Snakes & Radders
[BEST]
FACES
1975
01.Pool Hall Richard
02.Cindy Incidentally
03.Ooh La La
04.Sweet Lady Mary
05.Flying
06.Pineapple And The Monkey
07.You Can Make Me Dance, Sing Or Anything
08.Had Me A Real Good Time
09.Stay With Me
10.Miss Judy's Farm
11.Silicon Grown
12.Around The Plynth

今はもう超大物のロッド・スチュワートやストーンズのロン・ウッドの昔のバンド。典型的なイギリス の昔のロックサウンドで俗に言うホ ンキートーク超あふれるサウンド。キーボード、オルガンがいい味をだしている。ライブでは盛り上がれ、CDではのんびり聞けるかんじ。

FAIR WARNING
Sundancer
FAIR WARNING
2013
[DISC1]
01.Troubled Love
02.Keep It In The Dark
03.Real Love
04.Hit And Run
05.Man In The Mirror
06.Natural High
07.Jealous Heart
08.Touch My Soul
09.Send Me A Dream
10.Pride
11.Get Real
12.How Does It Feel
13.Living On The Streets
14.Cool

[DISC2]
01.Here Comes The Rain
02.Send Me A Dream (Piano Version)
03.Natural High (Freak Flag Mix)
04.Real Love (Extended Version)
鑑賞中。

A Decade Of Fair Warning
[BEST]
FAIR WARNING
2001
01.Out On The Run
02.Save Me
03.Forever
04.All On Your Own
05.Heart On The Run
06.When Love Fails
07.I'll Be There
08.Tell Me I'm Wrong

09.Still I Believe
10.Angels Of Heaven

11.Through The Fire
12.Sailing Home
13.I Fight
14.Eyes Of A Stranger
15.Come On
16.Burning Heart
17.Long Gone
ドイツのメロディアスハードロックバンドの10年間の活動を集め たベストアルバム。なぜかこのアルバム・・・私間違って2回買っちゃってバンド仲間にあげましたが・・・。まぁそうはいっても全体的にメロディーが綺麗な HR/HMです。まぁ音楽性は結構違いますが普段HR/HMを聴かない人でもBON JOVIとか全盛期のEUROPEが聴ける人は結構聴けると思います。全体的に音はハードですが透明感があり。歌メロもしっかりしているので、割と日本人 好みかも。スカイギター(元スコーピオンズのウリが考案したギター)というえらい高い音まで出るギターを駆使した曲も聞けますが個人的には「そこまで出さ なくても・・・」っていう感じも(笑)。「Long Gone」だけはこのアルバムを買う前から知ってましたがいいバラード。

FAITH NO MORE  
Introduce Yourself
FAITH NO MORE
1987
01.Faster Disco
02.Anne's Song
03.Introduce Yourself
04.Chinese Arithmetic
05.Death March
06.We Care A Lot
07.R N' R
08.The Crab Song
09.Blood
10.Spirit

私の記憶が確かならば昔彼らはかなり色物的イメージが強かったけど今になって聞いてみるとそうでも ない。ミクスチャーロックの走りみ たいな感じですがレッチリが出てきてから影が薄くなったような気がする。

FASTER PUSSYCAT
The Best Of Faster Pussy Cat
[BEST]

FASTER PUSSYCAT
1994
01.Where These's A Whip There's These's A Way
02.Bathroom Wall
03.Cathouse
04.You're So Vain
05.The Body Thief
06.Poison Ivy
07.House Of Pain
08.Smash Alley
09.Don't Change That Song
10.Pulling Weeds
11.No Room For Emotion
12.Slip Of The Tongue
13.Nonstop To Nowhere
14.Little Dove
15.Babylon

実はバンド名がかなり卑猥な意味らしいバンド。このCD買って1回だけしか聞いてなくてしばらくき いてなかったのだが久しぶりにきい た。まずヴォーカルがエアロみたい。それでわりと明るめのブルージーなロックをやってますが、曲がもう一つってかんじでしょうか

FIGHT

War Of Words
FIGHT
1993
01.Into The Pit
02.Nailed To The Gun
03.Life In Black
04.Immortal Sin
05.War of Words
06.Laid To Rest
07.For All Eternity
08.Little Crazy
09.Contortion
10.Kill It
11.Vicious
12.Reality, A New Beginning

鑑賞中。

FIONA APPLE

WHEN THA PAWN
FIONA APPLE
1999
01.On The Bound
02.To Your Love
03.Limp
04.Love Ridden
05.Paper Bag
06.A Mistake
07.Fast As You Can
08.The Way Things Are
09.Get Gone
10.I Know
11.Across The Universe
12.Never Is A Promise

このタイトルは短縮形で本当のタイトルは「WHEN THE PAWN HITS THE CONFLICTS HE THINKS LIKE A KING WHAT HE KNOWS THROWS THE BLOWS WHEN HE GOES TO THE FIGHT AND HE'LL WIN THE WHOLE THING 'FORE HE ENTERS THE RING  THERE'S NO BODY TO BATTER WHEN YOUR MIND IS YOUR MIGHT SO WHEN YOU GO SOLO,YOU HOLD YOUR OWN HAND AND REMEMBER THAT DEPTH IS THE GREATEST OF HEIGHTS AND IF YOU KNOW WHERE YOU STAND ,THEN YOU KNOW WHERE TO LAND AND IF YOU FALL IT WON'T MATTER,CUZ YOU'LL KNOW THAT YOU'RE RIGHT」 という(ここまで打ち込んだ自分に拍手!)そう。最初はアラニスっぽいのかと思って買ったんですが聞いてみるとどちらかというとJOAN OSBONEをもっとピアノを中心にしてドスを効かせたかんじとでもいうんでしょうか。内容は結構エキセントリックです。今までの経験から言うとこの手の アルバムは後からじわじわくるタイプなので今はとりあえずこの点数。今のお気に入りは「I KNOW」。

FIREHOUSE
Firehouse
 FIREHOUSE
1990
01.Rock On The Radio
02.All She Wrote
03.Shake & Tumble
04.Don't Treat Me Bad
05.Oughta Be A Law
06.Lover's Lane
07.Home Is Where The Heart Is
08.Don't Walk Away
09.Seasons Of Change
10.Overnight Sensation
11.Love Of A Lifetime
12.Helpless

ボンジョヴィに見出された正統派アメリカンハードロックバンド。むかーしの武富士のコマーシャルで 使われてそうな(レースカーが走っ てた頃のやつ)かんじです。うまいしきょくもまま。ただあまりに正統派過ぎるゆえに、けっこう曲が同じに聞こえてしまう。よく言えば首尾一貫してるともい えますが。「Love Of A Life Time」は名曲だと思う。
11.Love Of A Lifetime→今回紹介するのはあの BON JOVIのサポートを受けてデビューした(現在もしっかり活動しておられるようです)FIREHOUSEの1990年発売のデビューアルバムの11曲目に 収録されているバラード。バラードでもいろんな分け方があると思いますが、例えばサビついて考えると、サビに向かってどんどん盛り上がっていく(サビで最 も高音になるようなかんじの)曲と心持ちサビを押さえ気味にして最後の最後の大サビでどーーんと行くタイプがあると思うのですがこの曲はまさに後者のタイ プ。曲調はイントロでアコギのアルペジオから入りサビでドライブした音出るこの時期のロックにありがちといえばありがちなパワーバラードなのですがサビの メロディーを必要以上に高ぶらせない事がかえってよりいっそうの雰囲気を作り出してますね。歌詞はタイトルどおり「一生愛しつづける人を見つけられた」と いう内容なのですがそう思う日がくるといいですねぇ・・・。1つ文句(?)があるとするとギターソロの最後はわざわざタッピングにしなくても良かった気 が・・・
Hold Your Fire
FIREHOUSE
1992
01.Reach For The Sky
02.Rock You Tonight
03.Sleeping With You
04.You're Too Bad
05.When I Look Into Your Eyes
06.Get In Touch
07.Hold Your Fire
08.The Meaning Of Love
09.Talk Of The Town
10.Life In The Real World
11.Mama Didn't Raise No Fool
12.Hold The Dream
13.Don't Treat Me Bad (Live)

ファーストよりも幅が広がったアルバムでなおかつ聞きやすさも備わったのでけっこういいかも?
Category 5
FIREHOUSE
1998
01.Can't Stop The Pain
02.Acid Rain
03.Bringing Me Down
04.Dream
05.Get Ready
06.If It Changes
07.The Day, The Week, And The Weather
08.The Nights Were Young
09.Have Mercy
10.I'd Do Anything
11.Arrow Through My Heart
12.Life Goes On
鑑賞中

Good Acoustics
FIREHOUSE
1996
01.You Are My Religion
02.Love Don't Care
03.In Your Perfect World
04.No One At All
05.Love Of A Lifetime
06.All She Wrote
07.When I Look Into Your Eyes
08.Don't Treat Me Bad
09.Here For You
10.I Live My Life For You
11.Seven Bridges Road
鑑賞中
Full Circle
FIREHOUSE
2011
01.Overnight Sensation
02.Shake And Tumble
03.Hold The Dream
04.All She Wrote
05.Love Of A Lifetime
06.Don't Treat Me Bad
07.Reach For The Sky
08.When I Look Into Your Eyes
09.You Are My Religion
10.I Live My Life For You
11.Christmas With You
鑑賞中
Rock On The Road
[DVD]

FIREHOUSE
1991
01.Lover's Lane
02.Overnight Sensation
03.All She Wrote
04.Oughta Be a Law
05.Helpless
06.Don't Treat Me Bad
07.Rock on the Radio
08.Home Is Where the Heart Is
09.Don't Walk Away
10.Shake & Tumble
11.Love of a Lifetime [DVD]
鑑賞中

4 NON BLONDES

Bigger,Better,Faster,More!
4 Non Blondes
1992
01.Train
02.Superfly
03.What's Up?
04.Pleasantly Blue
05.Morphine and Chocolate
06.Spaceman
07.Old Mr. Heffer
08.Calling All the People
09.Dear Mr. President
10.Drifting
11.No Place Like Home

女性3人、男性1人編成のバンド。最近[03]がCMでよく流れてますね。ソウルフルで ハスキーな女性ヴォーカルの声に乗せて正当派なロックを聞かせてくれます。懐かしさと新しさが同居してるかんじ。下手すると声の高い男性ヴォーカルのよう にも聞こえますね。(バンド仲間は和田アキコと称してました)。曲調は違いますがカバーもしてたことからLED ZEPPELIN好きなのではという気もします。

FOREIGNER

The Definitive
FOREIGNER
2002
01.Cold As Ice
02.Waiting For A Girl Like You
03.I Want To Know What Love Is
04.That Was Yesterday
05.Urgent
06.Say You Will
07.Double Vision
08.Blue Morning, Blue Day
09.Heart Turns To Stone
10.Feels Like The First Time
11.Long, Long Way From Home
12.I Don't Want To Live Without You
13.Starrider
14.White Lie
15.Break It Up
16.Hot Blooded
17.Dirty White Boy
18.Down On Love
19.Juke Box Hero
20.Urgent [Live]

ハードロック・プログレ・産業 ロック界で80 年代を代表する米英混成バンド。わたしの中ではVAN HALENの5150をプロデューサーであるギターのミック・ジョーンズのいるバンドという意識です。まぁ「ハードロック」「プログレ」「産業ロック」と は言われてますがむしろ私には「AOR」とか「歌もの」的な感じに聞こえますね。曲によっては日本の歌謡曲に近いのかも。そういう意味では、ロックを聴か ない人でも聞きやすいバンドです。最初聞いたときは正直まぁ聞きやすいけど退屈かなぁと思いましたがじっくり聞くとこれはこれで味があるなぁというかんじ です。ルー・グラムのヴォーカルはソウルフルで雰囲気があります。
Can't Slow Down
FOREIGNER
2015
01.Can't Slow Down
02.In Pieces
03.When It Comes To Love
04.Living In A Dream
05.I Can't Give Up
06.Ready
07.Give Me A Sign
08.I'll Be Home Tonight
09.Too Late
10.Lonely
11.As Long As I Live
12.Angel Tonight
13.Fool For You Anyway
14.Cold As Ice (Acoustic Live) [Bonus Track]
15.Waiting For A Girl Like You (Acoustic Live) [Bonus Track]
16.Double Vision (Acoustic Version) [Bonus Track]
17.The Flame Still Burns (Acoustic Live) [Bonus Track]
18.Feels Like The First Time (Acoustic Live) [Bonus Track]
鑑賞中。

40 FT.RINGO

Funny Thing
40 FT.RINGO
2002
01.Anyway
02.Wired
03.Inside Your Head
04.Big Fat Smile
05.Origami Mommy
06.Book Of Virtues
07.Be My Fix
08.A Freak Like You
09.Unbroken
10.Miss You Blue
11.Fanatic
12.Anti-Zero
13.Tough
14.Shake Down
15.Hopeless
鑑賞中。

FUEL
Something Like Human
FUEL
2000
01.Last Time
02.Hemorrhage (In My Hands)
03.Empty Spaces
04.Scar
05.Bad Day
06.Prove
07.Easy
08.Down
09.Solace
10.Knives
11.Innocent
12.Slow

1stアルバムがアメリカで100万枚売れたオルタネィティヴバ ンドの2ndアルバ ム。基本的には典型的なオルタネィティヴ風の曲調なのですが、所々ちらほら大陸的な雰囲気も見え隠れするのがちょっと好感。

FUGEES

Blunted On Reality
FUGEES
1994
01.Introduction
02.Nappy Heads
03.Blunted Interlude
04.Recharge
05.Freestyle Interlude
06.Vocab
07.Special News Bulletin Interlude
08.Boof Baf
09.Temple
10.How Hard Is It?
11.Harlem Chit Chat Interlude
12.Some Seek Stardom
13.Giggles
14.Da Kid From Haiti Interlude
15.Refugees On The Mic
16.Living Like There Ain't No Tomorrow
17.Shouts Outs From The Block
18.Nappy Head

最近にFUGEESに比べ、ラップの比重の大きいアルバム。っというか完全なラップアルバム。レ ゲェ調もあり。ローリン・ヒルはあま り目立ってません。しかしラップのアレンジにはキラリとひかるものが。

The Score
FUGEES
1996

01.Red Intro
02.How Many Mics
03.Ready Or Not
04.Zealots
05.The Beast
06.Fu-Gee-La
07.Family Business
08.Killing Me Softly
09.The Score
10.The Mask
11.Cowboys
12.No Woman, No Cry
13.Manifest/Outro
14.Fu-Gee-La - Refugee Camp Mix
15.Fu-Gee-La - Sly & Robbie Mix
16.Mista Mista
17.Fu-Gee-La - Refugee Camp Global Mix

最近はやりのローリン・ヒルこの所属するヒップ・ポップユニット。聞いてみるとローリン・ヒルより はラップ口調が中心、メロディーは 彼女が受け持っているという感じです。サウンド的にはかなり落ち着いた静かなヒップポップという感じで、ちょっと暗いんだけどループが心地よいです。昔か ら思っていたんですが、このアルバムからのヒット曲「Family Business」って荻野目洋子が昔洋楽をカヴァーしてヒットしていた「ダンシング・ヒーロー」にメロディーがかなり似ていると思うんですがどうでしょ う

洋楽CDに戻る