CD REVIEW (OVERSEAS ARTISTS[P])
今持っている曲を久々に聴き直してお気に入り の曲か確認してます。
個人的に
まぁまぁ気に入った曲には下線を、特に気 に入った曲はさらに赤 色で示しています。
曲名を「この色」であらわしているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
曲名を「この色」であらわしているものは他のアルバムにも同じ曲が収録されて いるのでその判断待ちです。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。
アルバム毎に フォーマットが違うのはレビューの時期が異なるのためですので今後徐々に 統一していきます。

PANTERA
Cowboys From Hell
PANTERA
1990

01.Cowboys From Hell
02.Primal Concrete Sledge
03.Pyscho Holiday
04.Heresy
05.Cemetery Gates
06.Domination
07.Shattered
08.Clash With Reality
09.Medicine Man
10.Message In Blood
11.The Sleep
12.The Art Of Shredding

金属的なギターリフに攻撃的なヴォーカル、という超ヘヴィーなアルバム。タイトル曲のリフがいい。 アルバムを1枚通して聞くの は少々疲れますが。
Vulger Display Of Power
PANTERA
1992

01.Mouth For War
02.A New Level
03.Walk
04.Fucking Hostile
05.This Love
06.Rise
07.No Good (Attack The Radical)
08.Live In A Hole
09.Regular People (Conceit)
10.By Demons Be Driven
11.Hollow

音が多少凝っている以外は前作とほぼ同じような内容。

PARAMORE

Brand New Eyes
PARAMORE
2009

01.Careful
02.Ignorance
03.Playing God
04.Brick By Boring Brick
05.Turn It Off
06.The Only Exception
07.Feeling Sorry
08.Looking Up
09.Where The Lines Overlap
10.Misguided Ghosts
11.All I Wanted
12.Decode
13.Ignorance (Acoustic Version)

鑑賞中。

PATTI ROTHBERG

Between The 1 And The 9
PATTI ROTHBERG
1996

01.Flicker
02.Inside
03.This One's Mine
04.Treat Me Like Dirt
05.Looking For A Girl
06.Forgive Me
07.Up Against The Wall
08.Perfect Strangers
09.Out Of My Mind
10.Change Your Ways
11.Remembering Tonight
12.It's Alright
13.Between The 1 And The 9

ニューヨークの地下鉄で歌っていたこともあるらしい女性ロックシンガーソングライター(海外の人に もこの言い回しっていいんだ ろうか・・・)のアルバム。わりとアメリカの伝統的なロックと言うかストリートっぽさとか言うかんじのサウンドで必要以上に大げさなわけでもなく、かと いってもおとなしくもない程、よい(ある意味心地よい)ロックサウンド。激しい曲もありますがなぜか落ち着いてきけてしまう・・・。そんな感じです。

PAULA COLE

Harbinger
PAULA COLE
1994

01.Happy Home
02.I Am So Ordinary
03.Saturn Girl
04.Watch The Woman's Hands
05.Bethlehem
06.Chiaroscuro
07.Black Boots
08.Oh John
09.Our Revenge
10.Dear Gertrude
11.Hitler's Brothers
12.She Can't Feel Anything Anymore
13.Garden Of Eden
14.The Ladder

とにかく繊細さを感じるアルバム。音程ではなくその同じ音の出し方のニュアンスの違いで表情を出す 事がうまい。またドラムもこ んなに表情が出せるんだという感じですね。そして個人的にはギターの入れ所、音、あらゆる面で影響を受けました。

This Fire
PAULA COLE
1996

01.Tiger
02.Where Have All The Cowboys Gone?
03.Throwing Stones
04.Carmen
05.Mississippi
06.Nietzsche's Eyes
07.Road To Dead
08.Me
09.Feelin' Love
10.Hush, Hush, Hush
11.I Don't Want To Wait

前作ではまだほとんど世の中で知られてはいなかったのですが、このアルバムでグラミー賞に顔が出る ほど有名になりましたが、基 本的には前作より多少アメリカンロックの要素が入ってきたという感じでしょうか。「I Don't Want To Wait」や「Me」など’雰囲気’で聞かせるヴォーカリストです。
Amen
  PAULA COLE BAND
1999
01.I Believe In Love
02.Amen
03.La Tonya
04.Pearl
05.Be Somebody
06.Rhythm Of Life
07.Free
08.Suwannee Jo
09.God Is Watching You
「CITY OF ANGELS」のサントラでも知られる彼女のサードアルバム・・・かと思ったらよーく見ると3人組のバンド名義になってますが相変わらず全メンバー空間的 なタイム感(うーん。なんか言葉がおかしい)が抜群の音楽を聞かせてくれています。所々トラッドというか中世的な雰囲気も(どうも前作の「I Don't Want To Wait」のビデオクリップを見るとそう思ってしまう)。前2作のおいしいところをもってきた内容でちょっとカントリーの雰囲気もあり。収録曲が9曲なの でさらっと聞けます。彼女の「大地を包み込むような落ちつきをもっているけれでもかつ静かなヒステリックさもある」表現力とそれを支えるバックの表現力に 完敗です。

Courage
PAULA COLE
2007

01.Comin' Down
02.Lovelight
03.El Greco
04.Lonelytown
05.14
06.Hard To Be Soft
07.It's My Life
08.Safe In Your Arms
09.I Wanna Kiss You
10.In Our Dreams
11.Until I Met You
鑑賞中
Ithaca
PAULA COLE

2010
01.The Hard Way
02.Waiting On A Miracle
03.Music In Me
04.Elegy
05.Come On Inside
06.P.R.E.N.U.P.
07.Violet Eyes
08.Somethin' I've Gotta Say
09.Sex
10.2 Lifetimes
鑑賞中
Raven
PAULA COLE

2013
01.Life Goes On
02.Strong Beautiful Woman
03.Eloise
04.sorrow-on-the-hudson
05.Manitoba
06.Scream
07.Imaginary Man
08.Billy Joe
09.Secretary
10.Why Don't You Go?
11.Red Corsette
鑑賞中

PAUL GILBERT
Individually Twisted
[MAXI SINGLE]

PAUL GILBERT
2000
01.Individually Twisted
02.Oh Jenor
03.I Call Your Name
04.Superloud
「アリゲーター・ファーム」からカットされたシングル。時折その有り余る高速プレイがちらつくもの の全体的にはポップセンスの あるパンキッシュな曲。多分MR.BIGではありえない曲ですね。FOO FIGHTERSとかあの手のバンドの雰囲気を感じるかも。
☆MR.BIGはこちら
☆RACER Xはこちら

PEARL JAM
TEN
PEARL JAM
1991

01.Once
02.Even Flow
03.Alive
04.Why Go
05.Black
06.Jeremy
07.Oceans
08.Porch
09.Garden
10.Deep
11.Release
12.I've Got A Feeling
13.Master/Slave

今から考えるとけっこうメジャーな作品で結構聞きやすいけど出た当時はなんか違うロックがでたぞっ て感じだった。「Even Flow」「Jeremy」「Why Go」あたりが好き。
Vs.
PEARL JAM
1993

01.Go
02.Animal
03.Daughter
04.Glorified G
05.Dissident
06.W.M.A.
07.Blood
08.Rearviewmirror
09.Rats
10.Elderly Woman Behind The Counter In A Small Town
11.Leash
12.Indifference

1曲目でノックアウトされた。けっこう攻撃的なサウンド。グランジ時代の重さを感じるけどだるさで はなく心地よく重い。基本的 には普通のロックではあるとは思いますが。
Vitalogy
PEARL JAM
1994
01.Last Exit
02.Spin The Black Circle
03.Not For You
04.Tremor Christ
05.Nothingman
06.Whipping
07.Pry, To
08.Corduroy
09.Bugs
10.Satan's Bed
11.Better Man
12.Aye Davanita
13.Immortality
14.Hey Foxymophandlemama, That's Me

このアルバムから彼らのアルバムのCDケースは紙製になりましたね。買おうかどうか迷ってたんです が、下にも述べている 「LIVE ON THE TWO LEGS」に収録されているライブ版を聞いていいなと思って買いました。世間の評判ではあんまりこのアルバム、良くないですが聞いてみるとけっこう腰が据 わってていいロックをやってるなという印象ですけど。ハードロック、パンク、アーシーなロックが同居しているかん
No Codo
PEARL JAM
1996
01.Sometimes
02.Hail, Hail
03.Who You Are
04.In My Tree
05.Smile
06.Off He Goes
07.Habit
08.Red Mosquito
09.Lukin
10.Present Tense
11.Mankind
12.I'm Open
13.Around The Bend

つかみ所がないんだけど時々かっこいいフレーズがひょいっと出たりする。実は聞きこむとはまるのか もしれない。
Yield
 PEARL JAM
1998
01.Brain Of J.
02.Faithful
03.No Way
04.Given To Fly
05.Wishlist
06.Pilate
07.Do The Evolution
08.Untitled
09.MFC
10.Low Light
11.In Hiding
12.Push Me, Pull Me
13.All Those Yesterdays

前作では生っぽくはなったけどついでに何か必要なものまで削ぎ落としてしまった感じがしましたた。 ここではそれを取り戻したよ うな、でも生の迫力が伝わってくる。ヴァラエティーに富んだ作品。曲も結構すんなり入ってくるかんじで聞きやすいです。
Binaural
 PEARL JAM
2000
01.Breakerfall
02.Gods' Dice
03.Evacuation
04.Light Years
05.Nothing As It Seems
06.Thin Air
07.Insignificance
08.Of The Girl
09.Grievance
10.Rival
11.Sleight Of Hand
12.Soon Forget
13.Parting Ways
[Bonus Disc]
01.Footsteps (Live)
02.Better Man (Live)

前作から2年ぶりの6枚目のスタジオアルバム。これまでプロデュースをしてきたブレンダン・オブラ イエンに変わりチャド・ブレ イクがプロデュース(ブレンダン・オブライエンはミキサとして参加)。どうやら今回のレコーディングではヘッドホンで聞いてもよく聞こえるレコーディング 方法で録音したとか…。日本版のみライブテイク2曲入りボーナスCD付きです。音楽的には前作の延長線にある感じですがより余裕とポジティヴさを感じま す。ちょっと生っぽい雰囲気が増したかも。1曲あたり4分もないのであっさりきけますね。でも曲は全作のほうがすきかな・・・。

Pearl Jam
PEARL JAM
2006
01.Life Wasted
02.World Wide Suicide
03.Comatose
04.Severed Hand
05.Marker In The Sand
06.Parachutes
07.Unemployable
08.Big Wave
09.Gone
10.Wasted Reprise
11.Army Reserve
12.Come Back
13.Inside Job

鑑賞中。

Backspacer
PEARL JAM
2009
01.Gonna See My Friend
02.Got Some
03.The Fixer
04.Johnny Guitar
05.Just Breathe
06.Amongst The Waves
07.Unthought Known
08.Supersonic
09.Speed Of Sound
10.Force Of Nature
11.The End

鑑賞中。
Live On Two Legs
[Live]
PEARL JAM
1998
01.Corduroy
02.Given To Fly
03.Hail, Hail
04.Daughter
05.Elderly Woman Behind The Counter In A Small Town
06.Untitled
07.MFC
08.Go
09.Red Mosquito
10.Even Flow
11.Off He Goes
12.Nothingman
13.Do The Evolution
14.Better Man
15.Black
16.F*Ckin' Up

ベスト選曲的ライブアルバムという事らしいが「Jeremy」が入っていないのがチトさみしい。ラ イブでは音がわりとシンプル になっていて彼らの生の魅力が伝わってくるアルバム。あまりうるさく作ってないとこもけっこういいかも。その分「Given To Fly」のようなダイナミックな曲はちょっと迫力に欠けるような気がする。多分スネアの音がちょっと違う感じがするのでそう思うかも。っとけなしてるよう にかいてるみたいですけどこのアルバムを聞く限り、昔の勢いまっしぐらというよりは深みを身につけたのがよく分かります。

PHIL COLLINS
Face Value
PHIL COLLINS

1981
01.In The Air Tonight
02.This Must Be Love

03.Behind The Lines
04.The Roof Is Leaking
05.Droned
06.Hand In Hand

07.I Missed Again

08.You Know What I Mean
09.Thunder And Lightning
10.I'm Not Moving
11.If Leaving Me Is Easy
12.Tomorrow Never Knows
鑑賞中。
Hello,I Must Be Going!
PHIL COLLINS

1982
01.I Don't Care Anymore
02.I Cannot Believe It's True
03.Like China
04.Do You Know, Do You Care
05.You Can't Hurry Love
06.It Don't Matter To Me
07.Thru These Walls

08.Dont' Let Him Steal Your Heart Away
09.The West Side
10.Why Can't It Wait Til Morning
鑑賞中。
No Jacket Required
PHIL COLLINS
1985
01.Sussudio
02.Only You Know And I Know
03.Long Long Way To Go
04.I Don't Wanna Know
05.One More Night
06.Don't Lose My Number
07.Who Said I Would
08.Doesn't Anybody Stay Together Anymore
09.Inside Out
10.Take Me Home
11.We Said Hello, Goodbye (Don't Look Back)
いやー80年代ですねェ。シンセの入り方が。基本的に「Bad Seriously」のようなシリアス系のアルバムの方が好きなんですが、シンセを使ってもある意味アグレッシヴなサウンド。こんなロックもなつかしい なぁ・・・。One More Nightはシンプルなアレンジながら雰囲気のある名曲。
...But Seriously
PHIL COLLINS

1989
01.Hang In Long Enough
02.That's Just The Way It Is
03.Do You Remember
04.Something Happened On The Way To Heaven
05.Colours
06.I Wish It Would Rain Down
07.Another Day In Paradise
08.Heat On The Street
09.All Of My Life
10.Saturday Night And Sunday Morning
11.Father To Son

12.Find A Way To My Heart
鑑賞中。
Both Sides
PHIL COLLINS

1993
01.Both Sides Of The Story
02.Can't Turn Back The Years
03.Everyday
04.I've Forgotten Everything
05.We're Sons Of Our Fathers
06.Can't Find My Way
07.Survivors

08.We Fly So Close
09.There's A Place For Us
10.We Wait And We Wonder
11.Please Come Out Tonight
鑑賞中。
Dance Into The Light
PHIL COLLINS

1996
01.Dance Into The Light
02.That's What You Said
03.Lorenzo
04.Just Another Story
05.Love Police
06.Wear My Hat
07.It's In Your Eyes
08.Oughta Know By Now
09.Take Me Down
10.The Same Moon
11.River So Wide
12.No Matter Who
13.The Times They Are A-Changin
'
鑑賞中。
Testify
PHIL COLLINS

2002
01.Wake Up Call
02.Come With Me
03.Testify
04.Don't Get Me Started
05.Swing Low
06.It's Not Too Late
07.This Love This Heart
08.Driving Me Crazy
09.The Least You Can Do
10.Can't Stop Loving You

11.Thru My Eyes
12.You Touch My Heart
13.High Flying Angel
鑑賞中。
Going Back
PHIL COLLINS

2010
01.Girl (Why You Wanna Make Me Blue)
02.(Love Is Like A) Heatwave
03.Uptight (Everything's Alright)
04.Some Of Your Lovin'
05.In My Lonely Room
06.Take Me In Your Arms (Rock Me For A Little While)
07.Blame It On The Sun
08.Papa Was A Rolling Stone
09.Never Dreamed You'd Leave In Summer
10.Standing In The Shadows Of Love
11.Do I Love You
12.Jimmy Mack
13.Something About You
14.Love Is Here And Now You're Gone
15.Loving You Is Sweeter Than Ever
16.Going To A Go-Go
17.Talkin About My Baby
18.Going Back
鑑賞中。

Hits
PHIL COLLINS
1998

01.Another Day In Paradise
02.True Colors
03.Easy Lover
04.You Can't Hurry Love
05.Two Hearts
06.I Wish It Would Rain Down
07.Against All Odds (Take A Look At Me Now)
08.Something Happened On The Way To Heaven
09.Separate Lives
10.Both Sides Of The Story
11.One More Night
12.Sussudio
13.Dance Into The Light

14.A Groovy Kind Of Love
15.In The Air Tonight
16.Take Me Home

最近ではディズニーの「ターザン」の主題歌でおなじみのフィルコリンズのヒット曲集。さすがに彼の 事を詳しく知らない私でもどこかで きいたことある曲がが並んでるなーという印象です。やはりジェネシス時代よりポップセンスにあふれてる印象あり。

Love Songs
[BEST]
PHIL COLLINS

2004
[DISC1]
01.Tearing and Breaking
02.Do You Remember?

03.One More Night
04.Against All Odds
05.Can't Turn Back the Years
06.Groovy Kind of Love

07.Everyday
08.Don't Let Him Steal Your Heart Away
09.Please Come Out Tonight
10.This Must Be Love
11.It's in Your Eyes
12.Can't Stop Loving You

[DISC2]
01.Testify
02.True Colours [Rehearsal][Live]

03.You'll Be in My Heart
04.If Leaving Me Is Easy
05.I've Been Trying
06.I've Forgotten Everything
07.Somewhere
08.Least You Can Do
09.Two Hearts
10.Separate Lives [Live]
11.My Girl [Live]
12.Always [Live]
13.Way You Look Tonight [Live]
文字通りフィルおじさんのラブ・ソングを集めたベスト版。よく聞くとオリジナルアルバムと微妙に楽器の音色が違う気がします。改めて聞くとやはりこの方はドラマー出身(厳密に言うと子役出身らしいのですが・・・)ですけどポップセンスは抜群です。ちなみにこちらに収録されているCYNDI LAUPERのカヴァー「True Colours」はHits収録とは違い少しゴスペルチックなアレンジになっていてこのヴァージョンもいいです。

P!NK

Missundaztood
P!NK
2002
01.Get The Party Started
02.18 Wheeler
03.M!ssundaztood
04.Dear Diary
05.Eventually
06.Numb
07.Just Like A Pill
08.Family Portrait
09.Misery Pink
10.Respect
11.Don't Let Me Get Me
12.Gone To California
13.Lonely Girl Featuring
14.My Vietnam
15.Catch-22

最初普通のR&Bアー ティストと思って聞いたら思ったよりも結構ロックなかんじですね。特に11は最初に聞いたということもあってかっこいいなと思いました。どうやら4NON BLONDESのVo、リンダ・ペリーとの共作だとか。アレンジはそうでなくてもテイスト的にロックで す。なんかすごく強そう(?)。あと何気に「Misery Pink」でスティーブン・タイラー参加してたんですね。しらなかった。

P.M.DAWN

Dearest Christian I'm So Very Sorry For Begining You Here.Love Dad
P.M.DAWM
1998
01.Music For Carnivores
02.Art Deco Halos
03.Being So Not For You (I Had No Right)
04.Misery In Utero
05.If I Could Be Your Star
06.Yang : As Private I's
07.Screaming At Me
08.I Hate Myself For You
09.No Further Damage
10.Hale-Bopp Regurgitations
11.Faith In You
12.Broken
13.Untitled
14.Gotta Be... Movin' On Up (Main Mix)

めちゃめちゃアルバムタイトルが長い!。まぁ基本的に基本的にHIP POPグループのようですが最近はメロディーのある曲を歌っているグループのようです。聞くと完全にメロディー重視ですね。3曲目「BEGINING SO NOT FOR YOU」のビデオクリップが(曲も)かっこいいです。この人、見た目とまったく違ってささやくような切ない歌い方をします。ピアノがなかなかいいですね。 大人のサウンド。

POISON

Look What The Cat Dragged In
POISON
1986
01.Cry Tough
02.I Want Action
03.I Won't Forget You
04.Play Dirty
05.Look What The Cat Dragged In
06.Talk Dirty To Me
07.Want Some,Need Some
08.Blame It On You
09.#1 Bad Boy
10.Let Me Go To The Show
11.I Want Action (7" Single Remix)
12.I Wont Forget You (7" Single Remix)
13.Don't Mess Around With Jim (Demo)

鑑賞中。
Open Up And Say ...Ahh!
POISON
1988
01.Love On The Rocks
02.Nothin' But A Good Time
03.Back To The Rocking Horse
04.Good Love
05.Tearin' Down The Walls
06.Look But You Can't Touch
07.Fallen Angel
08.Every Rose Has Its Thorn
09.Your Mama Don't Dance
10.Bad To Be Good
11.Livin' For The Minute

このアルバムが出た頃は特にハードロック関係者は「ポイズンみたいなのは・・・」と事あるごとに言 われていてルックスがよいの で、軟弱なバンドと言われ、さらに日本公演での演奏もひどかったらしく散々なバンドに思われるが、結構曲もいいし(特に「Every Rose Has Its Thornとか」)ロックの明るい部分を表現できる数少ないグループの一つだと思う。
Flesh & Blood
POISON
1990
01.Strange Days Of Uncle Jack
02.Valley Of Lost Souls
03.(Flesh & Blood) Sacrifice
04.Swampjuice (Soul-O)
05.Unskinny Bop
06.Let It Play
07.Life Goes On
08.Come Hell Or High Water
09.Ride The Wind
10.Don't Give Up An Inch
11.Something To Believe In
12.Ball And Chain
13.Life Loves A Tragedy
14.Poor Boy Blues

前作よりも遥かに成長したアルバム。持ち味の明るさを保ちながらも、多少骨っぽさもつけました。プ ロデューサーはBON JOVIやAEROSMITHも手がけたブルース・フェアバーンということもあって元々曲作りがうまい上に、サウンド・演奏もなかなかいいかじです(ギ ターのC.C.はかなり練習させられたそうですが)。ポップ なところも満載ですが間違いなくロックサウンド。個人的にはこのアルバムは彼らの最高傑作ではと思ってます。
Native Tongue
POISON
1993
01.Native Tongue
02.The Scream
03.Stand
04.Stay Alive
05.Until You Suffer Some (Fire And Ice)
06.Body Talk
07.Bring It Home
08.7 Days Over You
09.Richie's Acoustic Thing
10.Ain't That The Truth
11.Theatre Of The Soul
12.Strike Up The Band
13.Ride Child Ride
14.Blind Faith
15.Bastard Son Of A Thousand Blues

ギターとしてリッチー・コッツェンが加入したアルバムで、まさにほとんどリッチー・コッツェン様 々。ギターも渋いはいい音して るはコーラスもヴォーカルよりうまいは。ソウル、ゴスペルの要素がうまく今までのポイズンと融合しています。多分演奏面では他のメンバーも触発されたんで はないでしょうか。分かりやすさという意味では後退したのかもしれませんが音楽面は確実に向上。私はこのアルバムでリッチー・コッツェンのギターが好きに なりました。
Crack A Smile
POISON
1996
01.Best Thing You Ever Had
02.Shut Up, Make Love
03.Baby Gets Around A Bit
04.Cover Of A Rolling Stone
05.Be The One
06.Mr. Smiley
07.Sexual Thing
08.Lay Your Body Down
09.No Ring, No Gets
10.Thast's The Way I Like It
11.Tragically Unhip
12.Doin' As I See On My TV
13.Your Mama Don't Dance (MTV Unplugged)
14.Good Love (MTV Unplugged)
15.Every Rose Has It's Thorn (MTV Unplugged)
16.Let It Play (MTV Unplugged)
17.Unskinny Bop (MTV Unplugged)
18.Talk Dirty To Me (MTV Unplugged)
19.Rock And Roll All Nite

現在は元のC.C.ディビルがギターの座にいるようですが彼のいない間の2代目ブルース・セラサノ がギターを弾いていた時の製 作したアルバムですが、契約等の問題から結局リリースされなかったアルバム。リッチー・コッツェンのいた時はどちらかというと彼の音楽性(ソウルっぽい) が先行していて彼らが持っているパーティーロックっぽさが薄らいでいましたが、今回はちょっと取り戻して音が重くなった感じ。しかし明かるい彼らの曲は C.C.の功績が大きかったので彼がいない状態では以外とメロディーラインにフックは少ない。ブルースはうまいリッチーもうまかったでも明るい曲を書ける のはやはりCCだということか。

Power To The People
POISON
2000
01.Power To The People
02.Can't Bring Me Down
03.The Last Song
04.Strange
05.I Hate Every Bone In Your Body But Mine
06.Look What The Cat Dragged In (Live)
07.I Want Action (Live)
08.Something To Beleive In (Live)
09.Love On The Rocks (Live)
10.C.C. Solo (Live)
11.Fallen Angel (Live)
12.Let It Play (Live)
13.Riki Solo (Live)
14.Every Rose Has Its Thorn (Live)
15.Unskinny Bop (Live)
16.Nothin' But A Good Time (Live)
17.Talk Dirty To Me (Live)

新 曲5曲を含むライブアルバム。新曲はギターにC.C.が戻ってきたこともあって昔のポップな感じのポイズンの曲になってますがやっぱりちょっと若干の渋み を感じることも(リッチー・コッツエンの時程ではないですけど)。再結成ライブのほうは相変わらず演奏は決してすごいってわけではないですがライブをその ままつなげて収録しているせいか盛り上がりは結構伝わってきます。なんだかんだいってこのバンド、曲が分かりやすくて結構いいんですよね。色々言われてま すけど。

Hollyweird
POISON
2002
01.Hollyweird
02.Squeeze Box
03.Shooting Star
04.Wishful Thinkin'
05.Get 'Ya Some
06.Emperor's New Clothes
07.Devil Woman
08.Wasteland
09.Livin' In The Now
10.Stupid, Stoned And Dumb
11.Home (Bret's Story)
12.Home (C.C.'s Story)
13.Rockstar [*]

C.C. 復帰が復帰してデビュー時のメンバーでは12年ぶりのオリジナルアルバム。雰囲気的には1stアルバムぐらいの頃の軽い明るいロックがちょっと音が太めに なってリフが強調されたという感じでしょうか。このぐらいチープでノリノリな感じもなんか懐かしいです。音と演奏力はやはりあまり期待しないほうがいいか もしれませんがやはり曲がそれなりにクオリティーが高いです。

Poison'd!
POISON
2007
01.Little Willy
02.Suffragette City
03.I Never Cry
04.I Need To Know
05.Can't You See
06.What I Like About You
07.Dead Flowers
08.Just What I Needed
09.Rock 'N Roll All Night
10.Squeeze Box
11.You Don't Mess Around With Jim
12.Your Mama Don't Dance
13.We're An American Band

鑑賞中
Swallow This Live
[Live]
POISON
1991
[DISC1]
01.Intro
02.Look What The Cat Dragged In
03.Look But You Can't Touch
04.Let It Play
05.Good Love
06.Life Goes On
07.Ride The Wind
08.I Want Action
09.Drum Solo
10.Something To Believe In
11.Poor Boy Blues
12.Unskinny Bop

[DISC2]
01.Love On The Rocks
02.Guitar Solo
03.Every Rose Has It's Thorn
04.Fallen Angel
05.Your Mama Don't Dance
06.Nothin' But A Good Time
07.Talk Dirty To Me
08.So Tell Me Why
09.Souls On Fire
10.Only Time Will Tell
11.No More Lookin' Back (Poison Jazz)

Flesh & Bloodリリース後のツアーでのテイクを集めたライブアルバム。これを聞く限りではそんなに下手ということもない。まぁ11分のギターソロはいらないけ ど。

Greatest Video Hits
[DVD]

POISON
2001
01.Cry Tough
02.I Want Action
03.Talk Dirty To Me
04.I Won't Forget You
05.Nothin' But A Good Time
06.Fallen Angel
07.Every Rose Has Its Thorn
08.Your Mama Don't Dance
09.Unskinny Bop
10.Ride The Wind
11.Something To Believe In
12.Life Goes On
13.(Flesh & Blood) Sacrifice
14.So Tell Me Why
15.Stand
16.Until You Suffer Some (Fire & Ice)
17.Power To The People
Poisonのちょっとずつド キュメント映像を盛り込んだビデオクリップ集。派手なメイクでパーティー大好きでアイドル的な雰囲気→明るい硬派路線を試みる→渋い路線にいく→もと明る い雰囲気に戻るという過程がビデオクリップからも伝わってきます。演奏能力の話は昔から色々言われてますがさすがにブームが去っても常に観客動員のあるバ ンドであることはあり「魅せる」という部分でのセンスはさすがです。イメージカラーはやはり黄緑なんですね。リッチー・コッツエン時代のPVもしっかり収 められています。この時代の変貌はすごいものがあります。最後の曲だけオリジナルメンバー復活の映像なんですが腹筋が相変わらずすごく、髪型が昔と変わら ないヴォーカルのブレッド以外はおじさんになりましたね〜。特にお薬をやっていた弦楽器隊のお二人は・・・。それにしてもこと曲に関してはいいものがが多 いバンドだなぁと再認識。

Seven Days Live
[DVD]
POISON

2006
01.The Scream
02.Strike Up The Bend
03.Ride The Wind
04.Good Love
05.Body Talk
06.Something To Believe In
07.Stand
08.Fallen Angel
09.Look What The Cat Dragged In
10.Until You Suffer Some(Fire & Ice)
11.7 Days Over You
12.Unskinny Bop
13.Talk Dirty To Me
14.Every Rose Has It's Thorn
15.Nothin' But A Good Time
鑑賞中
☆MR.BIGはこちら
☆RICHIE KOTZENはこちら
☆BRET MICHAELSはこちら


PRAYING MANTIS
The Best Of Praying Mantis
PRAYING MANTIS
2004
01.Cheated ( Live Version)
02.Can't See The Angels
03.A Cry For The New World
04.Letting Go
05.Journeyman
06.Only The Children Cry
07.Turn The Tables
08.Don't Be Afraid Of The Dark
09.Best Years
10.Forever In Time
11.Nowhere To Hide
12.Naked ( Re-Recorded Version)
13.A Moment In Life ( Bonus Track)
鑑賞中。
Metalmorphosis
30th Anniversary Album Japanese Edition
PRAYING MANTIS
2011
01.Time Slipping Away
02.Running For Tomorrow
03.Children Of The Earth
04.Can't See The Angels
05.Beads Of Ebony
06.Captured City
07.Lovers To The Grave
08.Panic In The Streets
09.Praying Mantis
10.Flirting With Suicide
11.Borderline
鑑賞中。

PRIMAL SCREAM

Scremadelica
PRIMAL SCREAM
1991
01.Movin' On Up
02.Slip Inside This House
03.Don't Fight It, Feel It
04.Higher Than The Sun
05.Inner Flight
06.Come Together
07.Loaded
08.Damaged
09.I'm Comin' Down
10.Higher Than The Sun (A Dub Symphony In Two Parts)
11.Shine Like Stars

(当時の)最先端サウンドであるかのようで実は基本的には昔からの音楽が基本となっているアルバ ム。ロックなんだけど演奏方法 が、クラブ・ハウス系的であったりするし、突然シンプルなロックになったりと全体的にはソウルの香りがする。なかなか癖になりそうなかんじです。カテゴ リー破りだけどロックです。

Give Out But Don't Give Up
PRIMAL SCREAM
1994
01.Jailbird
02.Rocks
03.(I'm Gonna) Cry Myself Blind
04.Funky Jam
05.Big Jet Plane
06.Free
07.Call On Me
08.Struttin'
09.Sad And Blue
10.Give Out But Don't Give Up
11.I'll Be There For You
12.Everybody Needs Somebody

アルバムごとにサウンドをがらっと変えてくる彼らですが、このアルバムではアメリカ南部のメンフィ スサウンド+ストーンズっぽ いかんじのとってもグルーヴィーなロックアルバム。まぁストーンズぱっくってるっていう声も聞こえてきそうですが。前から彼らのホーンがバリバリ入った 「Rocks」って曲とT-BOLANの「Shake It」はにて入る。でも両方とも好き。その他文字通りの「Funky Jam」、なんとなくかっこいい「Jailbird」,せつない「Big Jet Plane」あたりがおすすめ。

PRIMITIVE RADIO GODS

Rocket
PRIMITIVE RADIO GODS
1996
01.Women
02.Motherfucker
03.Standing Outside A Broken Phone Booth With Money In My Hand
04.Who Say
05.The Rise And Fall Of Ooo Man
06.Where The Monkey Meets The Man
07.Are You Happy
08.Chain Reaction
09.Skin Turns Blue
10.Rocket

「Standing Outside A broken Phone Both With Money In My Hand」という長いタイトルの曲がヒットした人。サウンド的にはロックなんですが、効果的にサンプラーを導入したオリジナリティーある、音楽をやってい ます。曲によってはU2っぽさを感じるので個人的に好きなアルバムです。

PRINCE AND THE REVOLUTION

Purple Rain
PRINCE AND THE REVOLUTION
1984
01.Let's Go Crazy
02.Take Me With U
03.The Beautifiul Ones
04.Computer Blue
05.Darling Nikki
06.When Doves Cry
07.I Would Die 4 U
08.Baby I'm A Star
09.Purple Rain

いろんなミュージシャンが絶賛するこのアルバム。個人的にはいまいち聞き流してしまう・・・。うー ん。音楽的センスはすごいと 思うんだけど。多分ヴォーカルの相性だと思う。

PUBLICENEMY

Greatest Misses
PUBLIC ENEMY
1992
01.Tie Goes To The Runner
02.Hit Da Road Jack
03.Gett Off My Back
04.Gotta Do What I Gotta Do
05.Air Hoodlum
06.Hazy Shade Of Criminal
07.Megablast (The Madd Skillz Bass Pipe Gett Off Remixx)
08.Louder Than A Bomb (JMJ Telephone Tap Groove)
09.You're Gonna Get Yours (Reanimated TX Getaway Version)
10.How To Kill A Radio Consultant (The DJ Chuck Chillout Mega Murder Boom)
11.Who Stole The Soul ? (Sir Jinx Stolen Souled Out Reparation Mixx)
12.Party For Your Right To Fight (Blak Wax Metromixx)
13.Shut Em Down (Live In The UK)

最近RAGE AGAINST THE MACHINEやたら攻撃的なラップをやりますが、純粋なラップではこちらも攻撃的。アメリカでは若者の代弁的存在となっている。曲からもその攻撃性が伝 わってくる

Muse Sick-N-Hour Mess Age
PUBLIC ENEMY
1994
01.Whole Lotta Love Goin On In The Middle Of Hell
02.Theatrical Parts
03.Give It Up
04.What Side You On?
05.Bedlam 13:13
06.Stop In The Name...
07.What Kind Of Power We Got?
08.So Whatcha Gone Do Now?
09.White Heaven / Black Hell
10.Race Against Time
11.They Used To Call It Dope
12.Aintnuttin Buttersong
13.Live & Undrugged (pt. 1 & 2)
14.Thin Line Between Law & Rape
15.I Ain't Mad At All
16.Death Of A Carjacka
17.I Stand Accused
18.Godd Complexx
19.Hitler Day
20.Harry Allen's Interactive Super Highway Phone Call To Chuck D
21.Livin In A Zoo (remix)

打ちこみのなかにも生バンド的アプローチが見られるアルバムで、その融合がなかなか魅力的なアルバ ム。

PUDDLE OF MUDD

Come Clean
PUDDLE OF MUDD
2001
01. Control
02. Drift & Die
03. Out Of My Head
04. Nobody Told Me
05. Blurry
06. She Hates Me
07. Bring Me Down
08. Never Change
09. Basement
10. Said
11. Piss It All Away

大ヒットしたシングル 「Blurry」を含むアルバム。まさに一時期のオルタナブームの要素を詰め込んだアルバムもうちょっ とグランジを聞きやすくしたかんじ?とでもいったアルバム。でもやっぱり「Blurry」が飛びぬけま す。

洋楽CDに戻る