CD REVIEW (OVERSEAS ARTISTS[R])
今持っている曲を久々に聴き直してお気に入り の曲か確認してます。
個人的に
まぁまぁ気に入った曲には下線を、特に気 に入った曲はさらに赤 色で示しています。
曲名を「この色」であらわしているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
曲名を「この色」であらわしているものは他のアルバムにも同じ曲が収録されて いるのでその判断待ちです。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。
アルバム毎に フォーマットが違うのはレビューの時期が異なるのためですので今後徐々に 統一していきます。

RACER X

Second Heat
RACER X
1986
01.Sacrifice
02.Gone Too Far
03.Scarified
04.Sunlit Nights
05.Hammer Away
06.Heart Of A Lion
07.Motor Man
08.Moonage Daydream
09.Living The Hard Way
10.Lady Killer

鑑賞中
☆PAUL GILBERTはこちら
☆MR.BIGはこちら
☆JUDAS PRIESTはこちら
☆THE SCREAMはこちら
☆BADLANDSはこちら
☆FIGHT はこちら

RADIOHEAD
The Bends
RADIOHEAD
1995
01.Planet Telex
02.The Bends
03.High And Dry
04.Fake Plastic Trees
05.Bones
06.(Nice Dream)
07.Just
08.My Iron Lung
09.Bullet Proof...I Wish I Was
10.Black Star
11.Sulk
12.Street Spirit (Fade Out)

最初4曲を聞いたときは、そのU2っぽい雰囲気にかなり気に入って「おぉこれはAだなー」とおもっ たんですが、後半に行くにつれて自 分にとってはイギリスっぽさと暗さがかなり強調されてるようなきがしてちょっと・・・・。でも特に最初の4曲はU2+後期ビートルズ+オアシス+ちょいス トーンズというかんじでかなりいいです

RAGE AGAINST THE MACHINE
Rage Against The Machine
RAGE AGAINST THE MACHINE
1992
01.Bombtrack
02.Killing In The Name
03.Take The Power Back
04.Settle For Nothing
05.Bullet In The Head
06.Know Your Enemy
07.Wake Up
08.Fistful Of Steel
09.Township Rebellion
10.Freedom

どうやらいつも怒っているらしいバンド。かなり政治的(若者の立場で)なバンドらしいが何言ってる かわかんないです。音楽的に は70年代ロックを今風の重い音でラップのメロディーで歌っているというかんじです。16ビート系のはねたリズムが多い。
Evil Empire
RAGE AGAINST THE MACHINE
1996
01.People Of The Sun
02.Bulls On Parade
03.Vietnow
04.Revolver
05.Snake Charmer
06.Tire Me
07.Down Rodeo
08.Without A Face
09.Wind Below
10.Roll Right
11.Year Of Tha Boomerang

1枚目よりも重さと過激さがちょっとだけ増したセカンド。ずしずし。LED ZEPPELINを感じさせるリフもあり。
The Battle Of Los Angels
RAGE AGAINST THE MACHINE
1999
01.Tesify
02.Guerilla Radio
03.Calm Like A Bomb
04.Mic Check (Once Hunting, Now Hunted)
05.Sleep Now In The Fire
06.Born Of A Broken Man
07.Born As Ghosts
08.Maria
09.Voice Of The Voiceless
10.New Millennium Homes
11.Ashes In Fall
12.War Within A Breath
13.No Shelter (Australia Only Bonus Track)

タイトルからみてもわかるように社会性、政治色が強く攻撃的なリフに演説っぽいラップっというとこ ろは変わらないんですがこれ までに比べて何か乗りのよさ(かつスリリング)も加わった気がします。基本的にメインのリフはスタンダードブルースロックを超ハードにした物が多いんです がテクノ、ハウスなど他ジャンルの要素までどっからきいてもロックにしちゃってるのがこの人たちのすごいところ。ギターを聞いていると普通思いつかないよ うフレーズがわんさか。日本盤にはアメリカ版「ゴジラ」のサントラに収録されていた「No Shelter」がボーナストラックとして収録されているのでお得です。
RENEGADES
RAGE AGAINST THE MACHINE
2000
01.Microphone Fiend
02.Pistol Grip Pump
03.Kick Out The Jams
04.Renegades Of Funk
05.Beautiful World
06.I'm Housin'
07.In My Eyes
08.How Could I Just Kill A Man
09.The Ghost Of Tom Joad
10.Down On The Street
11.Street Fighting Man
12.Maggie's Farm
13.Kick Out The Jams (Live)
14.How I Could Just Kill A Man (Live)

ヴォーカルのザック・デ・ラ・ロッチャ脱退前の最後のアルバムとなったカヴァーアルバム。ジャンル 的にはかなりいろんな人の曲 をカヴァ-しているのですが(サイプレス・ヒル、ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、ストゥーシーズ、エリック&ラキム、EPMD、ヴォ リューム10、ブルース・スプリングスティーン等)まぁほとんどがレイジの曲になっちゃってるところがすごいです。まぁこれまでのレイジというとゆったり としたリズムに攻撃的なリフと、ラップというイメージが強いのすが、意外にメロディーが乗っている曲もあり、これがなかなかよいのでこれから元サウンド ガーデンのクリス・コーネルをVo.として向かえた後でも結構楽しみです。個人的にはベースがスリリングでリズムがかっこいいアフリカン・バンバータのカ ヴァーの⑤、レイジらしくないものがなしい⑥、原型をとどめていないアグレッシヴなストーンズのカヴァー⑪あたりがお気に入り。
☆AUDIOSLAVEはこちら
RAINBOW

Difficult To Cure
RAINBOW
1981
01.I Surrender
02.Spotlight Kid
03.No Release
04.Magic
05.Vielleicht Das Nachster Zeit (Maybe Next Time)
06.Can't Happen Here
07.Freedom Fighter
08.Midtown Tunnel Vision
09.Difficult To Cure (Beethoven's 9th)

鑑賞中。

Straight Between The Eyes
RAINBOW
1982
01.Death Alley Driver
02.Stone Cold
03.Bring On The Night (Dream Chaser)
04.Tite Squeeze
05.Tearin' Out My Heart
06.Power
07.MISS Mistreated
08.Rock Fever
09.Eyes Of Fire

中学校でハードロックを聞き始めたときに友達のお姉さんが持っていたアルバムで当時かなり気に入っ てました。DEEP PURPLEのギターで有名なリッチー・ブラックモアのバンドRAINBOWのほとんど最後のころのアルバムでヴォーカルはジョー・リン・タナー。思った よりも産業ロック(こう呼ぶのは好きじゃないけど)っぽくかなりポップな曲や逆に攻撃的な曲が佳曲。

Bent Out Of Shape
RAINBOW
1983
01.Stranded
02.Can't Let You Go
03.Fool For The Night
04.Fire Dance
05.Anybody There
06.Desperate Heart
07.Street Of  Dreams
08.Drinking With The Devil
09.Snowman
10.Make Your Move

鑑賞中

The Very Best Of Rainbow
[BEST]
RAINBOW

1997
01.Man On The Silver Mountain
02.Catch The Rainbow
03.Starstruck
04.Stargazer
05.Kill The King
06.Long Live Rock And Roll
07.Gates Of Babylon
08.Since You Been Gone
09.All Night Long
10.I Surrender
11.Can't Happen Here
12.Jealous Lover
13.Stone Cold
14.Power
15.Can't Let You Go
16.Street Of Dreams
最近何かとDVDが話題の RAINBOWのベストアルバム。念のために分かりやすく説明すると、大抵の人がギターを弾くとまずこれの弾き方を教えてといわれるSMOKE ON THE WATERでおなじみのDEEP PURPLEのギターのリッチー・ブラックモアのソロプロジェクトです。わたしのようにポップなジョー・リン・ターナー時代からから入ってさかのぼった者 にはやっぱり後期が好きですが普通は初期のハードというか結構ブルージーなロニー・ジェイムス・ディオ(今ではメタル界のサブちゃんと言われてますが)時 代がやはりお好みなんかじゃないかと思います。(ロニー時代はバンドでKill The Kingをやって初めて知りました。そういう意味では私は邪道です)。中期のグラハム・ボネットも歌がうまいですね。以外にリッチーもポップセンスがある なぁという感じです

Live In Munich 1977
[DVD]
RAINBOW

2005
[DISK 1]
01.Kill The King
02.Mistreated
03.Sixteenth Century Greensleeves
04.Catch The Rainbow
05.Long Live Rock 'N' Roll
06.Man On The Silver Mountain
07.Still I’M Sad
08.Do You Close Your Eyes
[DISC2]
(Promo)
01.Long Live Rock'n' Roll
02.Gates Of Babylon
03.L.A Connection
(Intervies)Bob Daisley,Colin Hart
(Photogallery
(promo)Blackmore's Night

鑑賞中
Live In JAPAN
[DVD]
RAINBOW

2005
レインボー ライヴ・イン・ジャパン  1984
[DVD]
01.イントロ:トッカータとフーガニ短調〜虹の彼方に
02.スポットライト・キッド
03.ミス・ミストゥリーテッド
04.アイ・サレンダー
05.キャント・ハプン・ヒア
06.虹をつかもう
07.パワー
08.デイヴ・ローゼンサル キーボード・ソロ
09.ストリート・オブ・ドリームス
10.フール・フォー・ザ・ナイト
11.治療不可(交響曲第9番[ベートーベン])
12.リッチー・ブラックモア ギター・ソロ
13.チャック・バーギ ドラム・ソロ
14.ブルース
15.ストランデッド〜ヘイ・ジョー〜ストランデッド
16.デス・アレイ・ドライヴァー
17.ファイアー・ダンス
18.メイビー・ネクスト・タイム
19.オール・ナイト・ロング〜ウーマン・フロム・トーキョー〜オール・ナイト・ロング
20.レイジー
21.シンス・ユー・ビーン・ゴーン
22.スモーク・オン・ザ・ウォーター


[CD1]
01.Intro
02.Spotlight Kid
03.Miss Mistreated
04.I Surrender
05.Can't Happen Here
06.Catch The Rainbow
07.Power
08.Keyboard Solo
09.Street of Dreams
10.Fool For The Night
11.Difficult to Cure(Beethoven's Ninth)
12.Guitar Solo
13.Drum Solo


[CD2]
01.Blues
02.Stranded (Inc.Hey Joe)
03.Death Alley Driver
04.Fire Dance
05.Maybe Next Time
06.All Night long (Inc.Woman from TOKYO)
07.Lazy
08.Since You've Been Gone
09.Smoke on the Water


ザ・リッチー・ブラックモア・ストーリー[Blu-Ray]
鑑賞中
MONSTERS OF ROCK LIVE AT DONINGTON 1980
[DVD]
RAINBOW

2016
[DVD]
01. レイジー (エクサープト)
02. オール・ナイト・ロング
03. 虹をつかもう
04. アイズ・オブ・ザ・ワールド
05. リッチー・ブラックモア ギター・ソロ
06. 治療不可(交響曲第9番)
07. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ
08. ロング・リヴ・ロックンロール〜リッチー・ブラックモア ギター・クラッシュ(キル・ザ・キング)〜ロング・リヴ・ロックンロール (リプライズ)


[CD1]


[CD2]
鑑賞中

RATT
Out Of The Cellar
RATT
1984
01.Wanted Man
02.You're In Trouble
03.Round & Round
04.In Your Direction
05.She Wants Money
06.Lack Of Communication
07.Back For More
08.Morning After
09.I'm Insane
10.Scene Of The Crime

1984年発売の実質的なメジャーデビューアルバム。③の大ヒットもあって全米7位まで上がったア ルバム。③の開放弦リフを聞くと 「あぁ。これがLAメタルなんだなぁ」としみじみしてしまいますね。メタルといっても今考えるとかなりとっつきやすいメロディーラインではありますね。ス ティーヴンは音域が狭いですがバンド全体でなんとなくキャッチ-さを作り出しているのかも
Invasion Of Your Privacy
RATT
1985
01.You're In Love
02.Never Use Love
03.Lay It Down
04.Give It All
05.Closer To My Heart
06.Between The Eyes
07.What You Give Is What You Get
08.Got Me On The Line
09.You Should Know By Now
10.Dangerous But Worth The Risk

1985年発売の3rdアルバム(「RATT」を計算に入れなければ2ndかな???)。このアル バムは多分私自身は中学校時代に友 達の家に行って聞かせてもらった、RATTとの出会いのアルバムなわけですが当時はヴォーカルのスティーヴンのアクの強さに閉口しそうになったのですが、 今では結構気に入って聞いている自分の時の流れに驚きますね。ヴォーカルがリズムと雰囲気をつくり、コーラスとギターでメロディーラインに幅をつくってい るという独特のロックンロール・・・RATT'N'ROLLといわれる彼らならではのLAメタルの雰囲気がよく出ている作品。開放弦系のリフが多い中、コ マーシャル的でもあり、オリジナリティーもある大ヒットした③はやっぱり飛びぬけていいですね。ワイルド系というよりどこか都会的なHM/HRといったと ころでしょうか。
Dancing Undercover
RATT
1985
01.Dance
02.One Good Lover
03.Drive Me Crazy
04.Slip of the Lip
05.Body Talk
06.Looking for Love
07.7th Avenue
08.It Doesn't Matter
09.Take a Chance
10.Enough is Enough

元祖L.A.メタルバンドの4作目のアルバム。雑誌の記事だとこのアルバムから落ち目だみたいなこ とが言われてるがけっこう聞 きやすい曲が多いしハードな曲も多いから個人的には好き。「Body Talk」は映画「ゴールデンチャイルド」の中で使われてた。
Reach For The Sky
RATT
1988
01.City To City
02.I Want A Woman
03.Way Cool Jr.
04.Don't Bite The Hand That Feeds
05.I Want To Love You Tonight
06.Chain Reaction
07.No Surprise
08.Bottom Line
09.What's It Gonna Be
10.What I'm After

1988年発売の5thアルバム。このアルバムは何かと問題視されているようですね。でも私は聞い てみると結構好きです、このアルバ ム。全体的に洗練されたようなイメージの曲が多く、またブルージーな要素もちょっとだけ入ってます。プロデューサーの交代劇など、製作途中のゴタゴタで統 一感はないのかもしれませんが1曲1曲は結構いい曲が多いです。特に1曲目としてはなかなかいけてる①やハイスピードでアグレッシヴな⑥なんかは全アルバ ムの中の曲と謙遜のないRATTらしいナンバーでいいですけどね。バラードはさすがに失敗したかもしれませんが(^^;)。
Detonator
RATT
1990

01.Intro To Shame
02.Shame Shame Shame
03.Lovin' You's A Dirty Job
04.Scratch That Itch
05.One Step Away
06.Hard Time
07.Heads I Win, Tails You Lose
08.All Or Nothing
09.Can't Wait On Love
10.Givin' Yourself Away
11.Top Secret

RATTが一時解散する前の最後のアルバム。勢いの落ちかけていた彼らがBON JOVIやAEROSMITHに曲を提供したデスモンド・チャイルドをプロデューサーに迎えて製作した。外部の影響も入ったためか聞きやすい曲が多いで す。特に④、⑩などは売れ船風という感じがしますが②、③はいい意味でハードさとポップさが融合しています。

Detonator
[Remaster]
RATT
2009

01.Intro to Shame
02.Shame Shame Shame
03.Lovin' You's a Dirty Job
04.Scratch that Itch
05.One Step Away
06.Hard Time
07.Head I Win, Tails You Loose
08.All or Nothing
09.Can't Wait on Love
10.Givin' Yourself Away
11.Top Secret
12.Lovin' You's a Dirty Job (Monster Mix)

鑑賞中。
Ratt
RATT
1999

01.Over The Edge
02.Live For Today
03.Gave Up Givin' Up
04.We Don't Belong
05.Breakout
06.Tug Of War
07.Dead Reckoning
08.Luv Sick
09.It Ain't Easy
10.All The Way
11.So Good, So Fine

”実質的な”再結成第1弾アルバム。最初は曲が地味に聞こえていまいちかなとおもったんですが、こ れまでのラットとは違うけれ どもどちらかというと芯のしっかりしたロックナンバーが多くだんだんツボにはまってくるアルバム。感心したのはやはりウォーレン・デ・マルティーニのギ ターです。1度解散した頃の彼はブルースに走り始めていた頃で、それまでのキラキラしたギターとあいまって中途半端なかんじだったんですが、このアルバム ではブルージーなギターも無理なく、かっこよくなされ、さらにフラッシーな昔のギタープレーも健在。なおかつ音がいいですね。味があるプレーが自然に出て くるようになってますし。その中で曲として今特に気に入ったのは一瞬「Back For More」かと思うイントロを持ち、かつ少しメロディアスでシリアスっぽい②の「Live For Today 」、リフ・曲ともにかっこいいラットらしいロックの⑪の「So Good So Fine」、ツェッペリンっぽい①の「Over The Edge」あたりですね。

Infestation
RATT
2010
01.Eat Me Up Alive
02.Best Of Me
03.A Little Too Much
04.Look Out Below
05.Last Call
06.Lost Weekend
07.As Good As It Gets
08.Garden Of Eden
09.Take A Big Bite
10.Take Me Home
11.Don't Let Go
12.Scatter
i以下Special Editionのみ
13.You Think You're Tough(Live)
14.Sweet Cheater(Live)
15.U Got It(Live)
16.Tell The World(Live)
17.Back For More(Live)
18.Walkin' The Dog(Live)

[DVD]
01."Best Of Me" Video
02.Behind-The Sceans at"Best Of Me" Video Shoot
03.Ratt Behind-The Scenes On The Sunset Strip
 
鑑賞中。 
Infestation-Special Edition-
RATT
2010
Ratt & Roll 8191
[BEST]
RATT
1991

01.Tell The World
02.You Think You're Tough
03.Round And Round
04.Wanted Man
05.Back For More
06.Lack Of Communication
07.Lay It Down
08.You're In Love
09.Slip Of The Lip
10.Dance
11.Body Talk
12.Way Cool Jr.
13.I Want A Woman
14.Lovin' You Is A Dirty Job
15.Shame Shame Shame
16.Givin' Yourself Away
17.One Step Away
18.Heads I Win, Tails You Lose
19.Nobody Rides For Free

結構「これが選ばれてなんでこれが選ばれないんだ?」といわれる事が多いベストアルバムですがでも まぁこれはこれで私はけっこ う楽しめる作品だと思いますけどねー。ヒット曲はとりあえずちゃんと入っているし。
Collage
RATT
1997

01.Steel River
02.Dr. Rock
03.Diamond Time Again
04.Ratt Madness
05.Hold Tight
06.I Want It All
07.Mother Blues
08.Top Secret (Original Version)
09.Take It Anyway
10.Lovin' You... Fonic Mix LP Version!
11.She's Got Everything

再結成して作ったミニアルバム。むかしより派手さがなくなり音も生っぽい。さすがに長年はやってき た音楽の影響が入っている。 ロックンロール系にちかくなったかも。あとやっぱりツインギターのほうがいいな。

Videos From The Cellar:The Atlantic Years
[DVD]
RATT
2007
01.Wanted Man
02.You Think You're Tough
03.Back for More
04.Round and Round
05.Lay It Down
06.Shame, Shame, Shame
07.Lovin' You's a Dirty Job
08.I Want a Woman
09.Way Cool Junior
10.You're in Love
11.Dance
12.Body Talk
13.Slip of the Lip

鑑賞中
☆STEPHEN PEARCYはこちら
☆ARCADEはこちら
☆CONTRABANDはこちら
☆SAINTS OF THE UNDERGROUNDはこちら

RAY CHARLES
Champion Selection Series
RAY CHARLES
1991

01.Georgia On My Mind
02.Unchain My Heart
03.Hit The Road Jack
04.What'd I Say
05.I Can't Stop Loving You
06.Your Cheating Heart
07.Chattanooga Choo Choo
08.That Lucky Ol' Sun
09.Let The Good Times Roll
10.Hallelujah, I Love Her So
11.Yesterday
12.You Are My Sunshine

ブルース界の大御所のアルバムですが、私にはブルース魂がないせいか、どうしてもオールデイズに聞 こえるんですよね。すいませ ん

REB BEACH

Masquerade
REB BEACH
2001
01.Dark Places
02.Masquerade
03.Ghost
04.Better Shade Of Gray
05.Bleed
06.Fanatic
07.Red
08.Sorrow Stained Eyes
09.Day Of The Eagle
10.Get Out And Walk
11.Love So True

鑑賞中。
☆WHITESNAKEはこちら
☆THE MOBはこちら
☆DOKKENはこちら
☆WINGERはこちら

RECKLESS LOVE
Animal Attraction
RECKLESS LOVE
2011
01.Animal Attraction
02.Speedin'
03.Born To Break Your Heart
04.Hot
05.Fantasy
06.Dirty Dreams
07.Dance
08.Fight
09.Switchblade Babe
10.On The Radio
11.Coconuts
12.Young & Crazy
鑑賞中。

RED HOT CHILI PEPPERS
What hits!?
RED HOT CHILI PEPPERS
1992
01.Higher Ground
02.Fight Like A Brave
03.Behind The Sun
04.Me & My Friends
05.Backwoods
06.True Men Don't Kill Coyotes
07.Fire
08.Get Up And Jump
09.Knock Me Down
10.Under The Bridge
11.Show Me Your Soul
12.If You Want Me To Stay
13.Hollywood
14.Jungle Man
15.The Brothers Cup
16.Taste The Pain
17.Catholic School Girls Rule
18.Johnny Kick A Hole In The Sky

とにかく体で感じる音楽。リズム重視。多分エクストリームよりもこっちが本当の意味でファンクハー ドだと思う。

One Hot Minute
RED HOT CHILI PEPPERS
1995
01.Warped
02.Aeroplane
03.Deep Kick
04.My Friends
05.Coffee Shop
06.Pea
07.One Big Mob
08.Walkabout
09.Tearjerker
10.One Hot Minute
11.Falling Into Grace
12.Shallow Be Thy Game
13.Transcending
14.Melancholy Mechanics
ギ ターのジョン・フルシアンテが脱退した時にJANE'S ADDICTIONのデイブ・ナヴァロをギターに迎えて作られたアルバム(結果的にこの1枚だけでしたが)。やはり音色としてはジョン在籍時よりハードに なっているような気がしますがかといって決してハードロックではないのがやはりRHCP(むしろJANE'S ADDICTIONか・・・)。そうはいってもやはりHR/HMを中心に聞いている人は多分このアルバムが他の作品に比べると好きなような気もします。
Californication
RED HOT CHILI PEPPERS
1999
01.Around The World
02.Parallel Universe
03.Scar Tissue
04.Otherside
05.Get On Top
06.Californication
07.Easily
08.Porcelain
09.Emitremmus
10.I Like Dirt
11.This Velvet Glove
12.Savior
13.Purple Stain
14.Right On Time
15.Road Trippin'
16.Untitled

ギターリストに元々いたジョン・フルシアンテが復帰した最初のアルバム。ミクスチャーロックの代表 のようにいわれてますがもう このチープなんだけどいろんな意味でファンキーなサウンドがレッチリといいうかんじがします。バンドの音がシンプルな分フリーのベースがかなり前に出てき てる(っというかこのバンドのサウンドの大部分を決めている)感じがします。その分ジョンのギターが軽めの雰囲気に集中してますね。昔レッチリというとイ ロモノ的なイメージがあったんですけどこれを聞くと結構サウンドはシリアス(③「Scar Tisue」みたいなスライドギターが出てくるようなかんじの曲をやるイメージってなかったもんで・・・)。⑤「Californication」のよう なちょっとドラマティックな重さのある曲がいいですね。

By The Way
RED HOT CHILI PEPPERS
2002
01.By The Way
02.Universally Speaking
03.This Is The Place
04.Dosed
05.Don't Forget Me
06.The Zephyr Song
07.Can't Stop
08.I Could Die For You
09.Midnight
10.Throw Away Your Television
11.Cabron
12.Tear
13.On Mercury
14.Minor Thing
15.Warm Tape
16.Venice Queen
17.Time
ジョン・フルシアンテが復帰し て2作目のアルバムですがどうやらジョンの色が色濃く出たアルバムのようで、1曲目以外は割と落ち着いたちょっとメロディアスで普遍的なロックが中心のア ルバム。昔のイメージで聞くと割と肩透かしを食らうかも。でもBy The Wayのカッティングとリズム隊のうねりが生み出すグルーヴ感すごいです。
☆JANE'S ADDICTIONはこちら
☆CHICKENFOOTはこちら

REEF
Replenish
REEF
1995

01.Feed Me
02.Naked
03.Good Feeling
04.Repulsive
05.Mellow
06.Together
07.Replenish
08.Choose to live
09.Comfort
10.Loose
11.End

ヴォーカルの声はTHE BLACK CROWSそっくり。音楽性はかなり骨太いずっしりとした(重いという意味ではないです)グルーヴィーなロック。ドラムのリズムの入り方がかっこいい。全 体的に1音1音を踏みしめていると言う感じです。ギターを弾いているものとしてはやってみたい。
Glow
REEF
1997

01.Place Your Hands
02.I Would Have Left You
03.Summer's In Bloom
04.Lately Stomping
05.Consideration
06.Don't You Like It
07.Come Back Brighter
08.Higher Vibration
09.I'm Not Scared
10.Robot Riff
11.You're Old
12.Lullaby
13.Mellow-Hallcinogenic Vocal Pass

最初聞いたときヴォーカルが変わったのかと思うほど声が年季はいってる。前作に比べるとアメリカ南 部のブルージーな雰囲気がた だようアルバム。ただここまで来ると私には濃い。
Rides
REEF
1999

01.New Bird
02.I've Got Somethin To Say
03.Wandering
04.Metro
05.Hiding
06.Sweety
07.Locked Inside
08.Back In My Place
09.Undone And Sober
10.Who You Are
11.Love Feeder
12.Moaner Snap
13.Funny Feeling
14.Electric Sunday

いやー。相変わらず彼らのグルーヴ感は健在ですね。彼らのグルーヴ感は一拍一拍をズシッと踏みしめ ていくようなグルーヴ感。 うーんかっこいい。イギリスのバンドながらもどちらかというとアメリカのブルースを明るくしてストーンズのフィーリングをたしてラウドにやってるというか んじ。変な渋さとかもあんまりないですしロックファンにはおすすめのアルバム。
Getaway
REEF
2000
01.Set The Record Straight
02.Superhero
03.Getaway
04.Solid
05.All I Want
06.Hold On
07.Saturday
08.Won't You Listen?
09.Levels
10.Pretenders
11.I Do Not Know What They Will Do
12.Life Seems So Clean
13.Nothing Town

前作から1年4ヶ月足らずのハイペースでのリリース。相変わらずグルーヴ感のある演奏を聞かせてく れるのですが、これまでのア ルバムがどちらかといえばゆっくりと、また、ずっしりとしたグルーヴ感であるのに対して今回のアルバムではノリが軽めのグルーヴ。曲の幅も広がりました。 かといて攻撃性が弱まったという事はないですけど。⑤の「All I Want」はイギリスのバンドってかんじではないですけどかなりいいバラードですねー。

Together,The Besr Of REEF
REEF
2003
01.Give Me Your Love
02.Good Feeling
03.Naked
04.Weird
05.Place Your Hands
06.Come Back Brighter
07.Consideration
08.Yer Old
09.I've Got Something To Say
10.Set The Record Straight
11.Lucky Number
12.Stone For Your Love
13.Talk To Me
14.Just Dropped In (To See What Condition My Condition Was In)

鑑賞中。

R.E.M.
Automatic For The People
R.E.M.
1992

01.Drive
02.Try Not To Breathe
03.The Sidewinder Sleeps Tonite
04.Everybody Hurts
05.New Orleans Instrumental No. 1
06.Sweetness Follows
07.Monty Got A Raw Deal
08.Ignoreland
09.Star Me Kitten
10.Man On The Moon
11.Nightswimming
12.Find The River

アメリカのロックというとまず彼らのようなタイプを想像してしまう。どこかフォーク色の漂うロック アルバム。気分はアメリ カ・・・っといってもロスとかニューヨークじゃなくてのんびりした田舎のほうね。

In Time The Best Of R.E.M. 1988-2003
[Best]
R.E.M.
2003
[DISC1]
01.Man On The Moon
02.The Great Beyond
03.Bad Day
04.What's The Frequency, Kenneth?
05.All The Way To Reno
06.Losing My Religion
07.E-Bow The Letter
08.Orange Crush
09.Imitation Of Life
10.Daysleeper
11.Animal
12.The Sidewinder Sleeps Tonite
13.Stand
14.Electrolite
15.All The Right Friends
16.Everybody Hurts
17.At My Most Beautiful
18.Nightswimming

[DISC2]
01.Pop Song '89 [Acoustic]
02.Turn You Inside Out [Live]
03.Fretless
04.Chance [Dub]
05.It's A Free World Baby
06.Drive [Live]
07.Star Me Kitten(Feat. William S. Burroughs)
08.Revolution
09.Leave [Alternate Version]
10.Why Not Smile [Alternate Version]
11.The Lifting [Demo]
12.Beat A Drum [Demo]
13.2JN
14.The One I Love [Live]
15.Country Feedback [Live]

鑑賞中

REVOLUTION SAINTS
Revolution Saints
REVOLUTION SAINTS
2015
01.Back On My Trail
02.Turn Back Time
03.You're Not Alone
04.Locked Out Of Paradise
05.Way To The Sun
06.Dream On
07.Don't Walk Away
08.Here Forever
09.Strangers To This Life
10.Better World
11.How To Mend A Broken Heart
12.In The Name Of The Father (Fernando's Song)
13.Don't Walk Away (Acoustic Version)
14.You're Not Alone (Arnel Pineda Version)
15.Way To The Sun (Doug Aldrich Version)
16.You're Not Alone (Deen Castronovo Version)
鑑賞中。

RHINO BUCKET

The Hardest Town
RHINO BUCKET
2009
01.The Hardest Town
02.Justified
03.Know My Name
04.Dog Don't Bite
05.No One Here
06.Street To Street
07.Take Me Down
08.She's With Me
09.You're Gone
10.To Be Mine
11.Slip Away

鑑賞中。

RICHARD MARX
Richard Marx
RICHARD MARX

1987
01.Should've Known Better
02.Don't Mean Nothing
03.Endless Summer Nights

04.Lonely Heart
05.Hold On To The Nights
06.Have Mercy
07.Remember Manhattan

08.The Flame Of Love
09.Rhythm Of Life
10.Heaven Only Knows
鑑賞中。
Repeat Offender
RICHARD MARX

1989
[日本盤]
01.Nothin' You Can Do About It
02.Satisfied
03.Angelia
04.Too Late To Say Goodbye
05.Right Here Waiting

06.Heart On The Line
07.Living In The Real World
08.If You Don't Want My Love
09.That Was Lulu
10.Wild Life
11.Wait For The Sunrise
12.Children Of The Night
鑑賞中。 
[US盤]
01.Nothin' You Can Do About It
02.Satisfied
03.Angelia
04.Too Late To Say Goodbye
05.Right Here Waiting
06.Heart On The LIne
07.Real World
08.If You Don't Want My Love
09.That Was Lulu

10.Wait For The Sunrise
11.Children Of The Night
Rush Street
RICHARD MARX

1991
01.Playing With Fire
02.Love Unemotional
03.Keep Coming Back

04.Take This Heart
05.Hazard
06.Hands In Your Pocket
07.Calling You
08.Superstar
09.Ride With Idol

10.Streets Of Pain
11.I Get No Sleep
12.Big Boy Now
13.Chains Around My Heart
14.Your World
鑑賞中。
Paid Vacation
RICHARD MARX

1994
01.The Way She Loves Me
02.One More Try
03.Silent Scream
04.Nothing To Hide

05.Whole World To Save
06.Soul Motion
07.Now And Forever
08.Goodbye Hollywood
09.Heaven's Waiting
10.Nothing Left Behind Us
11.What You Want
12.One Man
13.Miami 2017

14.Baby Blues
15.Another Heaven
鑑賞中。
Flesh And Bone
RICHARD MARX

1997
[日本盤]
01.Fool's Game
02.You Never Take Me Dancing
03.Touch Of Heaven
04.What's The Story
05.Can't Lie To My Heart
06.Until I Find You Again
07.Every Day Of Your Life (Duet With Aska)
08.My Confession
09.Eternity
10.What's Wrong With That
11.The Image

12.Breathless
13.Miracle
14.Too Shy To Say
15.Every Day Of Your Life (Richard Solo)
鑑賞中。 
[UK盤]
01.Fool's Game
02.You Never Take Me Dancing
03.Touch Of Heaven
04.What's The Story
05.Can't Lie To My Heart
06.Until I Find You Again
07.My Confession
08.Eternity
09.What's Wrong With That
10.The Image

11.Too Shy To Say

12.Talk To Ya Later
13.Breathless
14.Miracle

Days In Avalon
RICHARD MARX
2002
01.Days In Avalon
02.Almost Everything
03.This I Promise You
04.Until You Come Back To Me
05.One More Time
06.High
07.More Than A Mystery
08.I Can't Help It
09.Someone Special
10.Shine
11.Power Of You And Me
12.Boy Next Door
13.Waiting On Your Love
14.Straight From My Heart

鑑賞中。

My Own Best Enemy
RICHARD MARX
2004
01.Nothin' Left To Say
02.When You're Gone
03.The One Thing
04.Love Goes On
05.Ready To Fly
06.Again
07.Colder
08.Everything Good
09.The Other Side
10.Someone Special
11.Suspicion
12.Falling
鑑賞中。
Stories To Tell
RICHARD MARX

2010
01.Endless Summer Nights (Acoustic Version)
02.One Thing Left (Acoustic Version)
03.Hazard (Acoustic Version)
04.Over My Head (Acoustic Version)
05.Angelia (Acoustic Version)
06.Now And Forever (Acoustic Version)
07.Keep Coming Back (Acoustic Version)
08.This I Promise You (Acoustic Version)
09.Loved (Acoustic Version)
10.Should've Known Better (Acoustic Version)
11.Right Here Waiting (Acoustic Version)
12.This I Promise You
13.To Where You Are
14.Had Enough
15.On The Inside
16.Never Take Me Dancing
17.Everybody
18.The Best Of Me
鑑賞中。
Christmas Spirit
RICHARD MARX

2012
01.The Christmas Song
02.Christmas Spirit
03.I Heard the Bells On Christmas Day
04.Let There Be Peace On Earth
05.O Come All Ye Faithful
06.Little Drummer Boy
07.O Holy Night
08.What Child Is This
09.Silent Night
10.Christmas Mornings
11.Santa Claus Is Coming to Town
12.White Christmas
13.Alleluia
鑑賞中。
Beautiful Goodbye
RICHARD MARX

2014
01.Whatever We Started
02.Suddenly
03.Inside
04.Beautiful Goodbye
05.Forgot to Remember
06.Turn Off the Night
07.Have a Little Faith
08.Like the World Is Ending
09.To My Senses
10.Getaway
11.Eyes on Me
12.Just Go
13.Moscow Calling
鑑賞中。
Ballads
[Best]
RICHARD MARX
1994
01.Now And Forever
02.Keep Coming Back
03.Hold On To The Nights
04.Silent Scream
05.Angelia
06.Right Here Waiting
07.Hazard
08.Children Of The Night
09.Endless Summer Nights
10.Now And Forever [Live]
11.Chains Around My Heart
12.Heaven Only Knows
本当はそうでなくともバラードシンガーというイメージが着いてしまっている彼ですが、それも彼の書 くバラードがいいからという ことで、アコースティックバラードの「Now And There」や「Angelia」、「Right Here Waiting」等の有名所も収められています。jこうして聞くと名曲が多いですね。「Right Here Waiting」は今でもはっきり覚えていますが中学校の文化祭のとき学校内の放送で流れていて気に入ってほぼ同時期に「ベストヒットUSA」でクリップ が流れてさらに好きになりましたね。放送部の選曲ナイス。

Greatest Hits
[Best]
RICHARD MARX
1997
01.Don't Mean Nothing
02.Endless Summer Nights

03.Now And Forever
04.Should've Known Better
05.Angelia
06.Hold On To The Nights
07.Angel's Lullaby
08.Take This Heart
09.Satisfied
10.Until I Find You Again
11.Hazard
12.The Way She Loves Me
13.Keep Coming Back
14.Children Of The Night
15.Touch Of Heaven

16.Right Here Waiting
鑑賞中
Inside My Head
RICHARD MARX

2012
[Disc1]
01.Had Enough
02.Wouldn't Let Me Love You
03.Like Heaven
04.On The Inside
05.Through My Veins
06.Always On Your Mind
07.Loved
08.Come Running
09.All Over Me
10.Scars
11.Done To Me
12.Over My Head
13.Part Of Me
14.Take This Heart(Live)
[Disc2]
01.Don't Mean Nothing
02.Should've Known Better
03.Endless Summer Nights
04.Keep Coming Back
05.Take This Heart
06.Hold On To The Nights
07.Angelia
08.Hazard
09.Too Late To Say Goodbye
10.Satisfied
11.Right Here Waiting
12.When You Loved Me
鑑賞中
A Night Out With Friends
RICHARD MARX

2012
[CD]
01.Endless Summer Nights
02.One Thing Left
03.Hazard
04.Through My Veins
05.When You Loved Me
06.This I Promise You (With JC Chasez)
07.The Letter (With Hugh Jackman)
08.Satisfied
09.Should've Known Better
10.Right Here Waiting
11.Over My Head
12.Wouldn't Let Me Love You

[DVD]
01.Endless Summer Nights
02.Keep Coming Back (with Sara Niemietz)
03.One Thing Left
04.Hazard
05.You're A God (with Matt Scannell)
06.Hold On To The Nights / Now And Forever
07.Always On Your Mind
08.Save Me
09.Through My Veins
10.Take This Heart
11.When You Love Me
12.Better Life
13.This I Promise You (with JC Chasez)
14.The Letter (with Hugh Jackman)
15.To Where You Are (with Hugh Jackman)
16.Angelia
17.Satisfied
18.Should've Known Better
19.The Way She Loves Me
20.Don't Mean Nothing
21.Right Here Waiting
鑑賞中

RICHIE KOTZEN
Fever Dream
RICHIE KOTZEN
1990
01.She
02.Fall Of A Leader
03.Off The Rails
04.Yvonne
05.Things Remembered Never Die
06.Dream Of A New Day
07.Money Power
08.Rollercoaster
09.Wheels Can Fly
10.Truth In Lies

1990年発売のセカンドアルバム。速弾き系ギターリストの発掘で有名なマイク・ヴァーニーが発掘 した上にジャケットのような ギターを使ってるみたいだからやっぱりこの当時流行っていたクラシカル系の速弾きかジョージ・リンチのようなタイプをイメージしていたんですが実際聞くと かなりブルージー。最近の彼に比べるとやや当時流行っていたアメリカンHR/HM色が強く声もちょっとだけ若い気がします。ほとんどがグルーヴ中心のギ タープレーながらも時々さらっと恐ろしいバカテクを疲労するので気が抜けないです。この頃はまさかこのPOISONやMR.BIGに加入するとは思っても 見なかったですがこれを聞いたらMR.BIGの昔の曲も余裕で弾けるなと納得してしまいました。
Mother Head's Family Reunion
RICHIE KOTZEN
1994
01.World Affair
02.Wave Of Emotion
03.Stoned
04.Degeneration
05.Air
06.Sovereign
07.Breakdown
08.Moonshine
09.Fool
10.I'm Comin' Out
11.Strobe

確かこの人は早弾きギタリストブームの一環として出てきた人ですが、いつの間にやら、ブルージーで ソウルフルな、味のあるギ ターリストになってました(本当は元々そうだったかもしれませんが)。POISONにいた時はヴォーカリストよりもうまいコーラスを披露していましたが、 ここでは堂々リードヴォーカルです。テレキャスターをこんないい感じで歪ませることができるのもすごい。
Wave Of Emotion
RICHIE KOTZEN
1996
01.World Affair
02.Wave Of Emotion
03.Stoned
04.Degeneration
05.Air
06.Sovereign
07.Breakdown
08.Moonshine
09.Fool
10.I'm Comin' Out
11.Strobe

ドラム以外はすべて自分で担当したという1996年発売のアルバム(ベースのうまさには驚きまし た)。音は完全に70年代のブ ルースロックといったかんじで曲調はクラプトン系統ですが歌い方も熱いです。いつものアルバムに比べてギターのトーンがやや高音を強調したものになってい るしワウを多用しているような気がします。後半に行くにつれてどんどんパワフルになっていきますねー。個人的にはこの手の音楽をアルバム1枚まとめて聞く のはしんどいんですがギターでこのCDにあわせて弾いていると結構楽しいです。
Something To Say
RICHIE KOTZEN
1997
01.Something To Say
02.What Makes A Man
03.The Bitter End
04.Camouflage
05.Turned Out
06.Faded
07.Let Me In
08.Rust
09.Ready
10.Aberdine
11.Holy Man
12.Paradox

エモーショナルでブルージーな作風なのですがおなじブルージーでもこちらの方はどちらかというと骨 太さを前面に出した R&Rが中心。ライブでやったら結構のれそうな曲が多いです。音も全体的に重みがあります。そして結構彼のアルバムの中でも歌メロが充実している 作品といえるでしょう。
What Is...
RICHIE KOTZEN
1998
01.What Is
02.Too Deep
03.You Got A Fire
04.Locked Out
05.You Don't Owe Me
06.Angie
07.Open Your Eyes
08.Strength
09.Lose Again
10.Cross The Line
11.I'm Losin' You

レコード会社をビクターに移籍しての第1弾アルバム。レコード会社的には「ヤング・クラプトン」と いう位置付けで売り出したい ようです。曲は全体的に静かめでギターは今までに比べるとかなり控えめなのですが「SOMETHINGTO SAY」あたりから充実した歌メロが相変わらずいいです。これだけ”すっと”入っていけるブルージーなアルバムもなかなかないようなきがします。曲によっ てはフェイセズ/ロッド・スチュワートのようなかんじもあるのは意外でしたがこれが意外とはまっていていいですね。このアルバムに収録されている 「Locked Out」にはMR.BIGのビリー・シーンとパット・トーピーも参加。後にこの参加がきっかけでリッチーはMR.BIGに加入する事に。このCDのジャ ケットはかっこいい
Bi-Polar Blues
RICHIE KOTZEN
2000
01.Gone Tomorrow Blues
02.Tied To You
03.They're Red Hot
04.Tobacco Road
05.Broken Man Blues
06.The Thrill Is Gone
07.From Four Till Late
08.A Step Away
09.Burn It Down
10.No Kinda Hero
11.Richie's Boogie

MR.BIG加入後に発売されましたが実際には加入前の音源。タイトルどおり完全なブルースアルバ ム。ブギー調の曲もやジェム セッション風の曲も多くその中でもなかなかの奥深さを出しています。ただ本当にブルースが好きじゃなければ単調に聞こえてしまうう可能性もあるかも。

Slow
RICHIE KOTZEN
2001
01.Ohio
02.Scared Of You
03.Gold Digger
04.The Answer
05.Slow
06.Dont Wanna Lie
07.Got It Bad
08.I Can Make You Happy
09.Sapphire
10.Come Back (Swear To God)
11.Rely On Me
12.Lets Say Goodbye
13.Conflicted
14.Conflicted (Reprise)

MR.BIG解散後初のソロア ルバムですが、ある意味その影響があるのか今までのソロよりはMR.BIGよりな部分はあるかも。ただ、相対的にという意味であって楽曲そのものはやはり ソウルフルでファンキーなかんじ。なんとなく全体的にデジタル的な事をアナログチックにアナログ的なことをデジタルチックにやってるかんじはあります。相 変わらず楽器/Vo全般にわたってうまいし、センスもすごいですが、正直個人的に「これ!」っという曲もないのもなんともはや。
☆MR.BIGはこちら
☆POISONはこちら


RICHIE SAMBORA
Undiscovered Soul
RICHIE SAMBORA
1997
01.Made In America
02.Hard Times Come Easy
03.Fallen From Graceland
04.If God Was A Woman
05.All That Really Matters 
06.You're Not Alone
07.In It For Love 
08.Chained 
09.Harlem Rain 
10.Who I Am 
11.Downside Of Love
12.Undiscovered Soul

1997年発売のBON JOVIのギターリスト、リッチー・サンボラのソロアルバム。ギターリストのソロアルバムというと大抵ヴォーカル力の不足から曲がよくてもイマイチという 場合が多いのですが彼の歌声はソウルフルでとてもうまい(ソウルフルという意味ではジョンより上でしょう)。リッチー・コッツェンといい、リッチーと名前 のつくギターリストはソウルフルなもんなんでしょうか(リッチー・ブラックモアの歌声は知りませんが)。BON JOVIのギタープレーからもブルースへの尊敬が垣間見られるのですがこちらのソロアルバムはもう少し生々しくそちらの方向性を出してます。まぁブルース といってもコテコテではなくカントリー/フォークのテイストがどちらかといえば全面的にでてます。またリッチーなりのちょっと変わったアレンジも注目。あ る意味クラプトンっぽいかも。
☆BON JOVIはこちら
RICH ROBINSON
Paper
RICH ROBINSON
2004
01.Yesterday I Saw You
02.Enemy
03.Leave It Alone
04.Know Me
05.Forgiven Song
06.Veil
07.When You Will
08.Places
09.Begin
10.Falling Away
11.Baby
12.Oh No
13.Answers
14.It's Over
鑑賞中

RIOT

Thunder Steel
RIOT
1988
01.Thundersteel
02.Fight Or Fall
03.Sign Of The Crimson Storm
04.Flight Of The Warrior
05.On Wings Of Eagles
06.Johnny's Back
07.Bloodstreets
08.Run For Your Life
09.Buried Alive (Tell Tale Heart)

鑑賞中

The Privilege of Power
RIOT
1990
01.On Your Knees
02.Metal Soldiers
03.Runaway
04.Killer
05.Dance Of Death
06.Storming The Gates Of Hell
07.Maryanne
08.Little Miss Death
09.Black Leather And Glittering Steel
10.Racing With The Devil On A Spanish Highway (Revisited)

鑑賞中

Nightbreaker
RIOT
1993
01.Soldier
02.Destiny
03.Burn
04.In Your Eyes
05.Nightbreaker
06.Medicine Man
07.Silent Scream
08.Magic Maker
09.A Whiter Shade Of Pale
10.Babylon
11.Outlaw
12.Black Mountain Woman
鑑賞中
Immortal Soul
RIOT
2011
01.Riot
02.Still Your Man
03.Crawling
04.Wings Are For Angels
05.Fall Before Me
06.Sins Of The Father
07.Majestica
08.Immortal Soul
09.Insanity
10.Whiskey Man
11.Believe
12.Echoes
13.Fight Or Fall [Live]
鑑賞中

ROCK STAR SUPERNOVA

Rock Star Supernova
ROCK STAR SUPERNOVA
2006
01.It's On
02.Leave The Lights On
03.Be Yourself (And 5 Other Cliches)
04.It's All Love
05.Can't Bring Myself To Light This Fuse
06.Underdog
07.Make No Mistake... This Is The Take
08.Headspin
09.Valentine
10.Social Disgrace
11.The Dead Parade

鑑賞中
#MOTLEY CRUEはこちら
#METALLICAはこちら

☆GUNS N' ROSESはこちら
SLASH’S SNAKEPITはこちら
☆GILBY CLARKEはこちら
☆COL.PARKERはこちら

RIVERDOGS

Riverdogs
RIVERDOGS
1990
01.Whisper
02.Toy Soldier
03.Big House
04.Holy War
05.Baby Blue
06.I Believe
07.Water From The Moon
08.Rain, Rain
09.Spooky
10.America

鑑賞中

ROADHOUSE
Roadhouse
ROADHOUSE
1991
01.All Join Hands
02.Time
03.Tower Of Love
04.A Little Love
05.Loving You
06.Hell Can Wait
07.One Heart
08.New Horizon
09.Stranger In Your Eyes
10.Desperation Calling
鑑賞中

ROD STEWART

The Rock Album
[BEST]
ROD STEWART
1989
01.Maggie May
02.You Wear It Well
03.Every Picture Tells A Story
04.(I Know) I'm Losing You
05.An Old Raincoat Won't Ever Let You Down
06.Lost Paraguayos
07.Twistin' The Night Away
08.Sweet Little Rock 'n Roller
09.Sailor
10.Let Me Be Your Car
11.That's All Right
12.Hard Road
13.Stay With Me (Live Version)
14.It's All Over Now (Live Version)

最近はダンサブルになったりとか、音楽性を広げているが、この頃はロン・ウッドも参加していること もあってか、フェイセズの音 楽に似ている。こちらは主にロック集。もう一つバラード集もあるのでそっちも買ってみようと思う。

The Ballaa Album
[BEST]
ROD STEWART
1989
01.Reason To Believe
02.Mandolin Wind
03.I'd Rather Go Blind
04.Angel
05.Bring It On Home To Me/You Send Me
06.(You Make Me Feel Like) A Natural Man
07.Girl From The North Country
08.Mine For Me
09.Handbags And Gladrags
10.Country Comforts
11.Tomorrow Is A Long Time
12.Seems Like A Long Time
13.Jealous Guy (Live Version)
14.I Wish It Would Rain (Live Version)

「Sailing」とか「Peapole Get Ready」とかを出す前の昔の時代の曲を集めた。バラードアルバム。バラードというよりはカントリーっぽい曲が多いですが、味でまくりです。昔よく志村 けんのコントで静かな曲で始まる時にはこのアルバムに入っている「I'd Rather Go Blind」がよく使われてました。
☆FACESはこちら
THE ROLLING STONES
Stickey Fingers
THE ROLLING STONES
1971
01.Brown Sugar
02.Sway
03.Wild Horses
04.Can't You Hear Me Knocking
05.You Gotta Move
06.Bitch
07.I Got the Blues
08.Sister Morphine
09.Dead Flowers
10.Moonlight Mile


[DISC2]

01.Brown Sugar
02.Wild Horses (Acoustic Version)
03.Can't You Hear Me Knocking (Alternate Version)
04.Bitch (Extended Version)
05.Dead Flowers (Alternate Version)
06.Live With Me (Live At The Roundhouse / 1971)
07.Stray Cat Blues (Live At The Roundhouse / 1971)
08.Love In Vain (Live At The Roundhouse / 1971)
09.Midnight Rambler (Live At The Roundhouse / 1971)
10.Honky Tonk Women (Live At The Roundhouse / 1971)
[DISC3]
01.Jumpin' Jack Flash (Live At University Of Leeds / 1971)
02.Live With Me (Live At University Of Leeds / 1971)
03.Dead Flowers (Live At University Of Leeds / 1971)
04.Stray Cat Blues (Live At University Of Leeds / 1971)
05.Love In Vain (Live At University Of Leeds / 1971)
06.Midnight Rambler (Live At University Of Leeds / 1971)
07.Bitch (Live At University Of Leeds / 1971)
08.Honky Tonk Women (Live At University Of Leeds / 1971)
09.(I Can't Get No) Satisfaction (Live At University Of Leeds / 1971)
10.Little Queenie (Live At University Of Leeds / 1971)
11.Brown Sugar (Live At University Of Leeds / 1971)
12.Street Fighting Man (Live At University Of Leeds / 1971)
13.Let It Rock (Live At University Of Leeds / 1971)


[DVD]

*Live At The Marquee Club,1971
・Midnight Rambler
・Bitch

[7inch Analog Single]
*Brown Suber b/w Wild Horses
Side A:Brown Sugar
Side B:Wild Horses
多分中期ストーンズの始まりはこのアルバムからでしょう。(初期はサティスファクションとかやって る頃と考えると)。ギターに ミック・テイラーが加入して最近のストーンズにちかくなったかも。ロックのスタンダードと化し王様もカヴァーしていた「Brown Sugar」、イントロのアコースティックギターの印象的な「Wild Horses」, リフが頭に残る「Bitch」、そして最近ライブアルバムに収録された「Sister mophine」等を収録。 
 Stickey Fingers
-Super Deluxe Edition-
THE ROLLING STONES
2015
Exile On Main ST.
THE ROLLING STONES
1972
01.Rocks Off
02.Rip This Joint
03.Shake Your Hips
04.Casino Boogie
05.Tumbling Dice
06.Sweet Virginia
07.Torn & Frayed
08.Sweet Black Angel
09.Loving Cup
10.Happy
11.Turd On The Run
12.Ventilator Blues
13.I Just Want To See His Face
14.Let It Loose
15.All Down The Line
16.Stop Breaking Down
17.Shine A Light
18.Soul Survivor

[BONUS DISC](Deluxe Editionのみ)
01.Pass The Wine (Sophia Loren)
02.Plundered My Soul
03.I'm Not Signifying
04.Following The River
05.Dancing In The Light
06.So Divine (Aladdin Story)
07.Loving Cup
08.Soul Survivor
09.Good Time Women
10.Title 5
11.All Down The Line

邦題は「メインストリートのならず者」。昔は2 枚組みアルバムだったので18曲収録。どちらかとい うと明るめの曲が中心。多少 カントリーの影響も見える。有名どころではゆったりとした心地よいロックの「Tumbling Dice」、大人数のいるところでけっこうかっこいい、キース・リチャーズがヴォーカルの「HAPPY」あたりでしょうか。
Exile On Main ST.
-Deluxe Edition-

THE ROLLING STONES
2010

Goats Head Soup
THE ROLLING STONES
1973
01.Dancing With Mr. D.
02.100 Years Ago
03.Coming Down Again
04.Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
05.Angie
06.Silver Train
07.Hide Your Love
08.Winter
09.Can You Hear The Music
10.Star Star

鑑賞中

It's Only Rock 'N Roll
THE ROLLING STONES
1974
01.If You Can't Rock Me
02.Ain't Too Proud To Beg
03.It's Only Rock 'N Roll (But I Like It)
04.Till The Next Goodbye
05.Time Waits For No One
06.Luxury
07.Dance Little Sister
08.If You Really Want To Be My Friend
09.Short And Curlies
10.Fingerprint File

鑑賞中

Black And Blue
THE ROLLING STONES
1976
01.Hot Stuff
02.Hand Of Fate
03.Cherry Oh Baby
04.Memory Motel
05.Hey Negrita
06.Melody
07.Fool To Cry
08.Crazy Mama

鑑賞中

Some Girls
THE ROLLING STONES
1978
01.Miss You
02.When The Whip Comes Down
03.Imagination
04.Some Girls
05.Lies
06.Far Away Eyes
07.Respectable
08.Before They Make Me
09.Beast Of Burden
10.Shattered

鑑賞中

Emotional Rescue
THE ROLLING STONES
1980
01.Dance (Pt. 1)
02.Summer Romance
03.Send It To Me
04.Let Me Go
05.Indian Girl
06.Where The Boys Go
07.Down In The Hole
08.Emotional Rescue
09.She's So Cold
10.All About You

鑑賞中
Tattoo Yoo
THE ROLLING STONES
1981
01.Start Me Up
02.Hang Fire
03.Slave
04.Little T&A
05.Black Limousine
06.Neighbours
07.Worried About You
08.Tops
09.Heaven
10.No Use In Crying
11.Waiting On A Friend

めちゃ売れたらしい。実際全体的に曲もいいし、一般受けしそうだけどちゃんとロックしているバラン スの良い作品。ギター的には この頃からシャキっとしたおとを使うようになりましたね。その分昔よりは黒っぽさが減ったけど、彼らにしか出来ないロックのスタイルを確立しているところ はすごいと思う。かなり有名な「Start me Up」、のりのいい「Hang Fire」、「Neighubors」、80年代の渋さをかんじさせる「Worried About You」「Waiting On A Friend」等を収録。

Under Cover
THE ROLLING STONES
1983
01.Undercover Of The Night
02.She Was Hot
03.Tie You Up (The Pain Of Love)
04.Wanna Hold You
05.Feel On Baby
06.Too Much Blood
07.Pretty Beat Up
08.Too Tough
09.All The Way Down
10.It Must Be Hell

鑑賞中

Dirty Work
THE ROLLING STONES
1986
01.One Hit (To The Body)
02.Fight
03.Harlem Shuffle
04.Hold Back
05.Too Rude
06.Winning Ugly
07.Back To Zero
08.Dirty Work
09.Had It With You
10.Sleep Tonight
11.Piano Instrumental

鑑賞中。
Steel Wheels
THE ROLLING STONES
1989
01.Sad Sad Sad
02.Mixed Emotions
03.Terrifying
04.Hold On To Your Hat
05.Hearts For Sale
06.Blinded By Love
07.Rock And A Hard Place
08.Can't Be Seen
09.Almost Hear You Sigh
10.Continental Drift
11.Break The Spell
12.Slipping Away

ミックとキースが仲直りして(?)作ったアルバム。とてもポジティヴなような気がするアルバム。 けっこうのれそうな曲も多い。 (あくまでも彼らにしては)ハードな部類に入るアルバム。特に「Rock In A Hard Place」を聞くとロン・ウッドがこんなにハードに弾ける人とは知らなかった。アフリカを意識した「Continental Drift」という曲もある。わりかしTattoo Youにつうじるところもある。ちなみに私が始めてリアルタイムで聞いたSTONESのアルバムです。
Vodoo Lounge
THE ROLLING STONES
1994
01.Love Is Strong
02.You Got Me Rocking
03.Sparks Will Fly
04.The Worst
05.New Faces
06.Moon Is Up
07.Out Of Tears
08.I Go Wild
09.Brand New Car
10.Sweethearts Together
11.Suck On The Jugular
12.Blinded By Rainbows
13.Baby Break It Down
14.Thru And Thru
15.Mean Disposition

久々にちょっと渋めのアルバムをだした。けだるくないブルージーさを感じるしなかなかよい。ロック の方に戻ったかなって感じで す。雰囲気的には「メインストリートのならず者」路線。うれしい限り。音はリアルになりました。
Bridges To Babylon
THE ROLLING STONES
1997
01.Flip The Switch
02.Anybody Seen My Baby?
03.Low Down
04.Already Over Me
05.Gunface
06.You Don't Have To Mean It
07.Out Of Control
08.Saint Of Me
09.Might As Well Get Juiced
10.Always Suffering
11.Too Tight
12.Thief In The Night
13.How Can I Stop
14.Angie [Live]

まぁ良くも悪くも安定期に突入のようでいつものようなサウンドですがその中でもこのアルバムで目新 しい事といえばファーストシ ングル「Anybody Seen My baby?」はダストブラザーズのプロデュースで、なんかジャングルビートかなと思ったら、彼らにしてはあたらしめだけど、音が新しくて曲は彼ららしいで す

A Bigger Bang
THE ROLLING STONES
2005
01.Rough Justice
02.Let Me Down Slow
03.It Won't Take Long
04.Rain Fall Down
05.Streets Of Love
06.Back Of My Hand
07.She Saw Me Coming
08.Biggest Mistake
09.This Place Is Empty
10.Oh No,Not You Again
11.Dangerous Beautiful
12.Laugh,I Nearly Died
13.Sweet Neo Con
14.Look What The Cat Dragged In
15.Driving Too Fast
16.Infamy

鑑賞中
Hot Rocks Ⅰ
[BEST]

THE ROLLING STONES
1985
01.Time Is On My Side
02.Heart Of Stone
03.Play With Fire
04.Satisfaction
05.As Tears Go By
06.Get Off Of My Cloud
07.Mother's Little Helper
08.19th Nervous Breakdown
09.Paint It Black
10.Under My Thumb
11.Ruby Tuesday
12.Let's Spend The Night Together

デッカレコード時代(Stickey Fingers以前)のベスト版のうち1曲。聞いてていかにも60年代の音という感じです。こっち側の曲の方が有名かもしれないですね。コンサートのハイ ライトでいつもやる「Satisfaction」、沢田研二、高橋幸宏、玉置浩二がコマーシャルでカバーしていた「Time Is On My Side」、シタールを使った「Paint It Black」、ポップな「Ruby Tuesday」「Let's Spend Night Together」等を収録。
STAR BOX
[BEST]

THE ROLLING STONES
1989
01.Brown Sugar
02.Tumbling Dice
03.Angie
04.It's Only Rock And Roll (But I Like It)
05.Fool To Cry
06.Miss You
07.She's So Cold
08.Start Me Up
09.Undercover Of The Night
10.Harlem Shuffle
11.Bitch
12.Happy
13.Hot Stuff
14.All About You
15.One Hit (To The Body)
16.Honky Tonk Woman
17.Jumpin' Jack Flash(Live)

こちらはCBS/SONYの企画物BEST ALBUM。曲は「スティッキーフィンガーズ」~「ダーティーワークス」の頃までのスタジオ版と以前の曲では「Honkey Tonk Women」「Jumping Jack Flush」のライブ版というツボを押さえた作品。特に「Jumping Jack Flush」はライブ版がはるかにかっこいい。
Rewind(1971-1984)
[BEST]
THE ROLLING STONES
1984
01.Miss You
02.Brown Sugar
03.Undercover Of The Night
04.Start Me Up
05.Tumbling Dice
06.Hang Fire
07.It's Only Rock N' Roll
08.Emotional Rescue
09.Beast Of Burden
10.Fool To Cry
11.Waiting On A Friend
12.Angie
13.Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)

数あるベスト版の中で私がお奨めしたいのはこれ。収録曲は「Stickey Fingers」~「Tattoo Yoo」までのアルバムに収録された曲で、選曲的にはなかなか渋いところをついているのでお気に入り。

Forty Licks
[BEST]
THE ROLLING STONES
2002
[DISC1]
01.Street Fighting Man
02.Gimme Shelter
03.(I Can't Get No) Satisfaction
04.The Last Time
05.Jumpin' Jack Flash
06.You Can't Always Get What You Want
07.19th Nervous Breakdown
08.Under My Thumb

09.Not Fade Away
10.Have You Seen Your Mother, Baby
11.Sympathy For The Devil
12.Mother's Little Helper
13.She's A Rainbow
14.Get Off My Cloud
15.Wild Horses
16.Ruby Tuesday
17.Paint It Black
18.Honky Tonk Women
19.It's All Over Now
20.Let's Spend The Night Together

[DISC2]
01.Start Me Up
02.Brown Sugar
03.Miss You
04.Beast Of Burden
05.Don't Stop
06.Happy
07.Angie
08.You Got Me Rocking
09.Shattered
10.Fool To Cry
11.Love Is Strong
12.Mixed Emotions
13.Keys To Your Love
14.Anybody Seen My Baby
15.Stealing My Heart
16.Tumbling Dice
17.Undercover Of The Night
18.Emotional Rescue
19.It's Only Rock N' Roll
20.Losing My Touch

マスタリングをしているのか音 はかなりよく、選曲的には今までにないぐらい広い時代が網羅されている点はかなりいいのですが実はオリジナルバージョンに対して短縮されている曲も結構あ りますすね。(その曲は別のアルバムで同じ曲が入っていても左の曲名のお気に入り度はちょっと下がってます)。そういう意味では初心者にはいいかもしれま せんがマニアには物足りないのかも。実はストーンズが好きといいつつもロン・ウッド時代のものが多 かったのでミック・テイラーやブライアン・ジョーンズ在籍時の「一般手的にはあまり知られていないけど名曲」見たいなのを知ることができるのはいい機会で す。でも特にブライアン時代は後のライブで演奏されていたバージョンのほうが好きなものの方が多いですね(個人的な趣味で)。
GRRR!
[BEST]
THE ROLLING STONES
2012
[DISC1]
01.Come On
02.Not Fade Away
03.It’s All Over Now
04.Little Red Rooster
05.The Last Time
06.(I Can't Get No) Satisfaction
07.Time Is On My Side
08.Get Off My Cloud
09.Heart Of Stone
10.19th Nervous Breakdown
11.As Tears Go By
12.Paint It, Black
13.Under My Thumb
14.Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow?
15.Ruby Tuesday
16.Let’s Spend The Night Together
17.We Love You


[DISC2]
01.Jumpin' Jack Flash
02.Honky Tonk Women
03.Sympathy For The Devil
04.You Can't Always Get What You Want
05.Gimme Shelter
06.Street Fighting Man

07.Wild Horses
08.She's A Rainbow
09.Brown Sugar
10.Happy
11.Tumbling Dice
12.Angie
13.Rocks Off
14.Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
15.It's Only Rock 'N' Roll
16.Fool To Cry
[DISC3]
01.Miss You
02.Respectable
03.Beast Of Burden
04.Emotional Rescue
05.Start Me Up

06.Waiting On A Friend
07.Undercover Of The Night
08.She Was Hot
09.Streets Of Love
10.Harlem Shuffle

11.Mixed Emotions

12.Highwire
13.Love Is Strong
14.Anybody Seen My Baby?
15.Don't Stop

16.Doom And Gloom
17.One More Shot


















鑑賞中。
Still Life
(AMERICAN CONCERT1981)

[LIVE ALBUM]

THE ROLLING STONES
1982
01.Take The A Train
02.Under My Thumb
03.Let's Spend The Night Together
04.Shattered
05.Twenty Flight Rock
06.Going To A Go-Go
07.Let Me Go
08.Time Is On My Side
09.Just My Imagination
10.Start Me Up
11.(I Can't Get No) Satisfaction
「Tatoo Yoo」がバカ売れしていた頃のアメリカツアー。曲は意外と「Hot Rocks Ⅰ」に入っているような昔の曲も多い。大きなスタジアムでやっている雰囲気が伝わってくる、臨場感あふれるアルバム。
Stripped
[LIVE ALBUM]
THE ROLLING STONES
1995
01.Street Fighting Man
02.Like A Rolling Stone
03.Not Fade Away
04.Shine A Light
05.The Spider And The Fly
06.I'm Free
07.Wild Horses
08.Let It Bleed
09.Dead Flowers
10.Slipping Away
11.Angie
12.Love In Vain
13.Sweet Virginia
14.Little Baby
15.Black Limousine

俗にいうUnplugged。ボブ・ディランのカバー「Like A Rolling Stone」も収録。しかし彼らのライブアルバムは、アルバムごとに意外な選曲があるのでおもしろいですね。彼らの息遣いが聞こえてきそうな、曲自体の魅 力がわかる好作。
No Security
[LIVE ALBUM]

THE ROLLING STONES
1998
01.Intro
02.You Got Me Rocking
03.Gimme Shelter
04.Flip The Switch
05.Memory Motel
06.Corinna
07.Saint Of Me
08.Waiting On A Friend
09.Sister Morphine
10.Live With Me
11.Respectable
12.I Just Wanna Make Love To You
13.Thief In The Night
14.The Last Time
15.Out Of Control

もう今までライブアルバムって出した気がするんだけど今回は新しめの曲や、ふだんライブでやらなそ うな曲とかファンクな曲、ム ディーな曲など色々入ってます。もうここまで来るとスリリングなかんじは昔ほどしないけどノリのいい曲でも渋みをかんじてしまいます。そこが逆に良かった りもする。どちらかといえば静かな曲が雰囲気が出てて、「Memory Motel」「Waiting On A Friend」あたりがおすすめ。

Live Licks
THE ROLLING STONES
2004
[DISC1]
01.Brown Sugar [Live]
02.Street Fighting Man [Live]
03.Paint It Black [Live]
04.You Can't Always Get What You Want [Live]
05.Start Me Up [Live]
06.It's Only Rock N' Roll [Live]
07.Angie [Live]
08.Honky Tonk Women
09.Happy [Live]
10.Gimme Shelter [Live]
11.(I Can't Get No) Satisfaction [Live]

[DISC2]
01.Neighbours [Live]
02.Monkey Man [Live]
03.Rocks Off [Live]
04.Can't You Hear Me Knocking [Live]
05.That's How Strong My Love Is [Live]
06.The Nearness Of You [Live]
07.Beast Of Burden [Live]
08.When The Whip Comes Down [Live]
09.Rock Me, Baby [Live]
10.You Don't Have To Mean It [Live]
11.Worried About You [Live]
12.Everybody Needs Somebody To Love [Live]
鑑賞中。
Blue & Lonesome
THE ROLLING STONES
2016
01.Just Your Fool
02.Commit A Crime
03.Blue And Lonesome
04.All Of Your Love
05.I Gotta Go
06.Everybody Knows About My Good Thing
07.Ride 'Em On Down
08.Hate To See You Go
09.Hoo Doo Blues
10.Little Rain
11.Just Like I Treat You
12.I Can't Quit You Baby
鑑賞中。
The Rolling Stones At The Max
[DVD]

THE ROLLING STONES
1995

01.Introduction/Continental Drift
02.Start Me Up
03.Sad Sad Sad
04.Tumbling Dice
05.Ruby Tuesday
0.6Rock And A Hard Place
07.Honky Tonk Women
08.You Can't Always Get What You Want
09.Happy
10.Paint It Black
11.2,000 Light Years From Home
12.Sympathy For The Devil
13.Street Fighting Man
14.It's Only Rock'n Roll
15.Brown Sugar
16.(I Can't Get No) Satisfaction

90年の「STEEL WHEELS」欧州ツアーの模様を収録したライブDVD。このツアーの東京ドームの模様は当時民放テレビで放送されたやつがありますがそれと比べると曲数 がちょっと少ないのがやや不満ですが(特にJUMPING LACK FLASH)、70mmフィルムを使っているということでどちらかというと生生し かった東京ドームの映像に比べて映画っぽい感じがします。これを見たのが高校生の時だからもう10年経ったのか・・・月日の流れは速いもんで。多分この頃 の年は今のAEROSMITHぐらいなわけでそれを比べると彼らも年に比べると若いわけですがいかにAEROSMITHが若いおじさんたちなのか実感させ られますね。ままぁ音楽性もあるでしょうかこのときのSTONESのライブは何か「ベテランの余裕」がプンプンしてます。逆にこの渋さがなんかいいんだな (特にDr.のチャーリ・ーワッツ)。でもミックは走り回ったり革パンでへそだしだったりとちょっとまた一味違いますけど。このライブを見て「You Can't t Always Get What You Want」きにいっちゃいました。

Shine A Light
[Blu-Ray]

THE ROLLING STONES
2009
01.Jumpin' Jack Flash
02.Shattered
03.She Was Hot
04.All Down The Line
05.Lving Cup (with Jack White from White Stripes)
06.As Tears Go By
07.Some Girls
08.Just My Imagination
09.Far Away Eyes
10.Champagne & Reefer (with Buddy Guy)
11.Tumbling Dice
12.You Got The Silver
13.Connection
14.Sympathy For The Devil
15.Live With Me (with Christina Aguilera)
16.Start Me Up
17.Brown Sugar
18. (I Can't Get No) Satisfaction

鑑賞中。
Ladies & Gentlemen
[DVD]

THE ROLLING STONES
2010
01.Brown Sugar
02.Bitch
03.Rocks Off
04.Gimme Shelter
05.Happy
06.Tumbling Dice
07.Love In Vain
08.Sweet Virginia
09.You Can't Always Get What You Want
10.Midnight Rambler
11.All Down The Line
12.Rip This Joint
13.Jumping Jack Flash
14.Street Fighting Man
鑑賞中。
Live At The Tokyo Dome
[Blu-Ray]

THE ROLLING STONES
2015
[Blu-Ray]
01.イントロ:コンチネンタル・ドリフト
02.スタート・ミー・アップ
03.ビッチ
04.サッド・サッド・サッド
05.ハーレム・シャッフル
06.ダイスをころがせ
07.ミス・ユー
08.ルビー・チューズディ
09.オールモスト・ヒア・ユー・サイ
10.ロック・アンド・ア・ハード・プレイス
11.ミックスド・エモーションズ
12.ホンキー・トンク・ウィメン
13.ミッドナイト・ランブラー
14.無情の世界
15.キャント・ビー・シーン
16.ハッピー
17.黒くぬれ
18.2000光年の彼方に
19.悪魔を憐れむ歌
20.ギミー・シェルター
21.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
22.ブラウン・シュガー
23.サティスファクション
24.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
[CD1]
01.Continental Drift
02.Start Me Up
03.Bitch
04.Sad Sad Sad
05.The Harlem Shuffle
06.Tumbling Dice
07.Miss You
08.Ruby Tuesday
09.Almost Hear You Sigh
10.Rock And A Hard Place
11.Mixed Emotions
12.Honky Tonk Women
13.Midnight Rambler
14.You Can't Always Get What You Want

[CD2]
01.Can't Be Seen
02.Happy
03.Paint It Black
04.2000 Light Years From Home
05.Sympathy For The Devil
06.Gimme Shelter
07.It's Only Rock 'N Roll
08.Brown Sugar
09.(I Can't Get No)Satisfaction
10.Jumpin' Jack Flash
鑑賞中。
Live In Leeds 1982
[Blu-Ray]

THE ROLLING STONES
2015
[Blu-Ray]
01.イントロダクション:A列車で行こう
02.アンダー・マイ・サム
03.ホエン・ザ・ウィップ・カムズ・ダウン
04.夜をぶっとばせ
05.シャッタード
06.ネイバーズ
07.黒いリムジン
08.ジャスト・マイ・イマジネーション
09.トゥエンティ・フライト・ロック
10.ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー
11.レット・ミー・ゴー
12.タイム・イズ・オン・マイ・サイド
13.ビースト・オブ・バーデン
14.無情の世界
15.リトル T & A
16.悲しみのアンジー
17.ダイスをころがせ
18.氷のように
19.ハング・ファイアー
20.ミス・ユー
21.ホンキー・トンク・ウィメン
22.ブラウン・シュガー
23.スタート・ミー・アップ
24.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
25.サティスファクション
[CD1]
01.Intro
02.Under My Thumb
03.When The Whip Comes Down
04.Let's Spend The Night Together
05.Shattered
06.Neighbours
07.Black Limousine
08.Just My Imagination
09.Twenty Flight Rock
10.Going To A Go Go
11.Let Me Go
12.Time Is On My Side
13.Beast Of Burden
14.You Can't Always Get What You Want

[CD2]
01.Little T & A
02.Angie
03.Tumbling Dice
04.She's So Cold
05.Hang Fire
06.Miss You
07.Honky Tonk Women
08.Brown Sugar
09.Start Me Up
10.Jumpin' Jack Flash
11.(I Can't Get No)Satisfaction

鑑賞中。
Totally Stripped
[Blu-Ray]

THE ROLLING STONES
2016
[Blu-Ray1]
Totally Stripped

[Blu-Ray2]
《ライヴ・イン・アムステルダム 1995》
1. ノット・フェイド・アウェイ
2. イッツ・オール・オーヴァー・ナウ
3. リヴ・ウィズ・ミー
4. レット・イット・ブリード
5. ザ・スパイダー・アンド・ザ・フライ
6. ビースト・オブ・バーデン
7. 悲しみのアンジー
8. ワイルド・ホース
9. スウィート・ヴァージニア
10. デッド・フラワーズ
11. シャイン・ア・ライト
12. ライク・ア・ローリング・ストーン
13. コネクション
14. スリッピング・アウェイ
15. ザ・ワースト
16. ギミー・シェルター
17. オール・ダウン・ザ・ライン
18. リスペクタブル
19. リップ・ディス・ジョイント
20. ストリート・ファイティング・マン

[Blu-Ray3]
《ライヴ・イン・パリ 1995》

1. ホンキー・トンク・ウィメン
2. ダイスをころがせ
3. ユー・ガット・ミー・ロッキング
4. オール・ダウン・ザ・ライン
5. シャッタード
6. ビースト・オブ・バーデン
7. レット・イット・ブリード
8. 悲しみのアンジー
9. ワイルド・ホース
10. ダウン・イン・ザ・ボトム
11. シャイン・ア・ライト
12. ライク・ア・ローリング・ストーン
13. アイ・ゴー・ワイルド
14. ミス・ユー
15. コネクション
16. スリッピング・アウェイ
17. ミッドナイト・ランブラー
18. リップ・ディス・ジョイント
19. スタート・ミー・アップ
20. イッツ・オンリー・ロックン・ロール
21. ブラウン・シュガー
22. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
[Blu-Ray4]
《ライヴ・イン・ブリクストン 1995》

1. ホンキー・トンク・ウィメン
2. ダイスをころがせ
3. ユー・ガット・ミー・ロッキング
4. リヴ・ウィズ・ミー
5. 黒いリムジン
6. デッド・フラワーズ
7. スウィート・ヴァージニア
8. ファー・アウェイ・アイズ
9. むなしき愛
10. ダウン・イン・ザ・ボトム
11. シャイン・ア・ライト
12. ライク・ア・ローリング・ストーン
13. モンキー・マン
14. アイ・ゴー・ワイルド
15. ミス・ユー
16. コネクション
17. スリッピング・アウェイ
18. ミッドナイト・ランブラー
19. リップ・ディス・ジョイント
20. スタート・ミー・アップ
21. ブラウン・シュガー
22. ジャンピン・ジャック・フラッシュ


[CD]
01.My Own Worst Enemy
02.We're All Somebody From Somewhere
03.Hold On (Won't Let Go)
04.It Ain't Easy
05.Love Is Your Name
06.I Make My Own Sunshine
07.Gypsy Girl
08.Somebody New
09.Only Heaven
10.The Good, The Bad, The Ugly & Me
11.RED, WHITE & YOU
12.Sweet Louisiana
13.What Am I Doin' Right?
14.Janie's Got A Gun
15.Piece Of My Heart (with The Loving Mary Band)

鑑賞中。

RONNIE JAMES DIO
The RONNIE JAMES DIO Story・Mighter Than The Sword
RONNIE JAMES DIO
2011
[DISC1]
01.Carolina County Ball/ELF
02.Love Is All/ROGER GLOVER
03.The Temple Of The King/RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW
04.Catch The Rainbow/RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW
05.Stargazer/RAINBOW
06.Run With The Wolf/RAINBOW

07.Kill The King [Live]/RAINBOW
08.Long Live Rock 'N' Roll/RAINBOW
09.Lady Of The Lake/RAINBOW
10.Gates Of Babylon/RAINBOW
11.Die Young/BLACK SABBATH
12.Heaven And Hell/BLACK SABBATH
13.Children Of The Sea/BLACK SABBATH
[DISC2]
01.The Mob Rules/BLACK SABBATH
02.Voodoo/BLACK SABBATH
03.Country Girl/BLACK SABBATH
04.Holy Diver/DIO
05.Rainbow In The Dark/DIO

06.We Rock/DIO
07.Rock 'N' Roll Children/DIO
08.All The Fools Sailed Away/DIO
09.I/BLACK SABBATH
10.Push/DIO
11.One More For The Road/DIO
12.Shadow Of The Wind/BLACK SABBATH
13.Neon Knights/HEAVEN & HELL
14.Bible Black/HEAVEN & HELL
鑑賞中。

RON WOOD
Gimme Some Neck
RON WOOD
1979
01.Worry No More
02.Breakin' My Heart
03.Delia
04.Buried Alive
05.Come To Realise
06.Infekshun
07.Seven Days
08.We All Get Old
09.F.U.C. Her
10.Lost And Lonely
11.Don't Worry

一応ストーンズで最年少(笑)のロン・ウッドのファーストアルバム。謡声がビートたけしに似てい る。サウンド的には酒場で酔っ 払いながらのんびり演奏しているクラブバンド的なサウンド。ホンキー・トーク調。アルバムとしての出来はなかなかのもの。これを聞くと彼がストーンズにも たらしたものもけっこうあるんだなと気がつきます。
1234
RON WOOD
1981
01.1234
02.Fountain Of Love
03.Outlaws
04.Redeyes
05.Wind Howlin' Through
06.Priceless
07.She Was Out There
08.Down To The Ground
09.She Never Told Me

路線的には前作と一緒ですが曲は前の方がいいですね.

Slide On This
RONNIE WOOD
1992
01.Somebody Else Might (Give Up)
02.Testify
03.Ain't Rock & Roll
04.Josephine
05.Knock Your Teeth Out
06.Ragtime Annie (Lillie's Bordello)
07.Must Be Love
08.Fear For Your Future
09.Show Me
10.Always Wanted More
11.Thinkin'
12.Like It
13.Breathe On Me

鑑賞中
☆FACESはこちら
☆THE ROLLING STONESはこちら

ROUGH CUTT

"Rough Cutt"
&
"Rough Cutt Wants You"
ROUGH CUTT
2005
[ROUGH CUTT]
01.Take Her
02.Piece Of My Heart
03.Never Gonna Die
04.Dreamin' Again
05.Cutt Your Heart Out
06.Black Widow
07.You Keep Breaking My Heart
08.Kids Will Rock
09.Dressed To Kill
10.She's Too Hot
[ROUGH CUTT Wants You]
11.Rock The USA
12.Bad Reputation
13.Don't Settle For Less
14.Hot N Heavy
15.Take A Chance
16.We Like It Loud
17.Double Trouble
18.You Wanna Be A Star
19.Let 'Em Talk
20.The Night Cries Out (For You)

鑑賞中

ROXY BLUE
Want Some?
ROXY BLUE
1992
01.Too Hot To Handle
02.Sister Sister
03.Times Are Changin'
04.It's So Easy
05.Rob The Cradle
06.Squeeze Box
07.Talk Of The Town
08.Rock-A-Bye Baby
09.Luv On Me
10.Noboby Knows
11.Love's Got A Hold On Me
12.Main Attraction

デビューしたての頃は超期待の大型新人バンドだったけどいつのまにか消えてしまったバンド。音楽的 には初期のスキッド・ロウを もう少しファイアー・ハウス風にした感じで、けっこうよくできたアルバム。なぜそれほど売れなかったかが不思議。

RUBICON CROSS
Rubicon Cross
RUBICON CROSS
2014
01.Locked & Loaded
02.Next Worst Enemy
03.Bleed With Me
04.Save Me Within
05.You Will Remember Me
06.Moving On
07.R U Angry
08.Shine
09.Kill Or Be Killed
10.All The Little Things
鑑賞中。

RUN DMC
CROWN ROYAL
RUN DMC
2001
01.It's Over
02.Queens Day
03.Crown Royal
04.Them Girls
05.The School Of Old
06.Take The Money And Run
07.Rock Show
08.Here Ww Go 2001
09.Ahhh
10.Let's Stay Together (Together Forever)
11.Ay Papi
12.Simmons Incorporated
13.Walk This Way (Remix)

AEROSMITH大好きな私としてはこのグループというと「AEROSMITHをカバーすること により彼らを再び世に出してくれた 功労者」(逆にRUN DMCもAEROSMITHをカバーすることによって世にでてきたわけですが・・・)というイメージを持っていて、さらに曲もWALK THIS WAYしか知らなかったのですが・・・。そんな彼らが再びWALK THIS WAYをカヴァーしているらしいという話を聞いて、さらに新曲がなかなかスリリングでかっこよさそうなので買ってみた、前作よりなんと8年ぶりのアルバ ム。ヒップポップには深く造詣していない私がヒップポップを気に入るかの基準はというと、アレンジとアップテンポの場合はリズムののりのよさなんですが、 その点ではこのアルバムは十分合格点でしょう。思ったよりもロック的なアレンジが多く、一時期のANTHRAXやLIMP BIZKITがロックバンドがヒップポップ的なアプローチをしているとすると彼らはヒップポップグループがロック的(時にはカントリー??)なアプローチ を取っているといえますね。ほとんどの曲に実はfeaturingとつくぐらいゲスト参加も多いアルバム。

RUSH
Clockwork Angels
RUSH
2012
01.Caravan
02.BU2B
03.Clockwork Angels
04.The Anarchist
05.Carnies
06.Halo Effect
07.Seven Cities Of Gold
08.The Wreckers
09.Headlong Flight
10.BU2B2
11.Wish Them Well
12.The Garden
鑑賞中

In Rio
[DVD]
RUSH
2003
[DISC1]
01.Tom Sawyer
02.Distant Early Warning
03.New World Man
04.Roll The Bones
05.Earthshine
06.YYZ
07.The Pass
08.Bravado
09.The Big Money
10.The Trees
11.Free Will
12.Closer To The Heart
13.Natural Science
14.One Little victory
15.Driven
16.Ghost Rider
17.Secret Touch
18.Dreamline
19.Red Sector A
20.Leave That Thing Alone
21.O Baterista
22.Resist
23.2112
24.Limelight
25.La Villa Strangiato
26.The Spirit Of Radio
27.By-Tor And The Snow Dog
    /Cyguns X-1
    /Working Man

[DISC2]
01.The Documentary:The Boys In Brazil
02.XYZ
03.O Baterista
04.La Villa Strangiato

鑑賞中

洋楽CDに戻る