CD REVIEW (JAPANESE ARTISTS[H])
今持っている曲を久々に聴き直してお気に入り の曲か確認してます。
個人的に
まぁまぁ気に入った曲には下線を、 特に気に入った曲はさらに赤 色で示しています。
曲名を「この色」であらわしているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
曲名を「この色」であらわしているものは他のアルバムにも同じ曲が収録されて いるのでその判断待ちです。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。
アルバム毎に フォーマットが違うのはレビューの時期が異なるのためですので今後徐々に 統一していきます。

HO
Pool
H2O
1989
01.ローレライ
02.振り向けばBroken Heart
03.ブルーベリーの頃
04.泣かないでLittle Bird
05. 想い出がいっぱい
06.10%の雨予報
07.PASSING RAIN
08.HELLO VIBRATION
09.ジョバンニ
10.Good-byeシーズン

はっきりいって「想い出がいっぱい」を聞くためだけに買ったので他の曲はほとんどきいてませんがい かにも80年代の日本のポッ プス的なアルバム。やはり「想い出がいっぱい」が際立っている。これをきくと甘酸っぱくせつなくなる。(キャッ)

秦基博
Dear Mr.Tomorrow
[MAXI SINGLE]
秦基博
2012
[CD]
01.Dear Mr. Tomorrow
02.Dear Mr. Tomorrow (backing track)
03.you and me -5th anniversary-
04.月に向かって打て

[DVD]
1. Over The Rainbow (from “A Night With Strings” at 日本武道館 (2012.2.25))
2. エンドロール (from “GREEN MIND 2012” in 茨城 (2012.5.26))
3. トレモロ降る夜 (from “GREEN MIND 2012” in 岩手 (2012.6.30 第19回世界遺産劇場・特別記念公演-平泉-))
4. キミ、メグル、ボク (from “AUGUSTA CAMP 2012” in 横浜 (2012.8.4))
5. Theme of GREEN MIND (from the backyard in 平泉 (2012.6.29)) -additional movie-
鑑賞中。

左とん平
とん平のヘイ・ユー・ブルース
[MAXI SINGLE]
左 とん平
1995
01.とん平のヘイ・ユウ・ ブルース
02.東京っていい街だな
03.とん平の酒びたり人生
04.続・東京っていい街だな
[01]はなんとなくその存在は知っていたのですがちゃんと曲を 知らなかったこのシングル。イメージでは「ヘィユー?ワッチュワネーム?」とひたすら言っていると思っていたのですが実際は所々言ってますが大部分はまさ しくホーンの効いたブルースをバックに魂の語りみたいなもんで色々疑問を投げかけてきます。(なんでだろう?とかああいう雰囲気ではないです)。これがま た左とん平はいい声を(特に「ヘィユー?ワッチュワネーム?」とシャウトするところは)しているのでブルース的な雰囲気が漂ってますね。そういえばこの曲 最近カンニングがカバーしてたような・・・。[02][04]は70年代ブルース/ジャズ的な音楽をバックに一人芝居をやっているかんじ。この一人芝居の 情けない口調と渋い口調の切替が結構笑えます。[03]はブルースソング。[01]よりはもう少しゆったりとしたかんじです。全体的にふざけてるのか本気 なのか微妙ですがどこか新鮮。

氷 室 京介
Mellow
 
氷 室京介
2000
01.SLEEPLESS NIGHT 〜眠れない夜のために〜
02.永遠 〜Eternity〜 [Album Mix]
03.Still The One
04.Believe
05.Silent Blue [Album Mix]
06.So Far So Close
07.ダイヤモンドダスト
08.Chaos
09.Jive!
10.bringing da noise

2000年発売の最新アルバム。1曲目の「Sleepless Night」がスティーヴン・スティーヴウンス張りのハードなギターから始まるのでハードなアルバを思いきやアルバムタイトルが示すように流れるような歌 に主眼を置いたアルバム。曲調もどちらかというとバラードやミドルテンポが多くさらにこれまでのサウンドにとらわれないアレンジもあり。じっくり聞けるア ルバムです。
Singles
氷室京介
1995
01.ANGEL
02.SHUFFLE
03.DEAR ALGERNON
04.SUMMER GAME
05.RHAPSODY IN BLUE
06.MISTY
07.JEALOUSYを眠らせて
08.LOVER'S DAY
09.CRIME OF LOVE
10.Urban Dance
11.MOON
12.Good Luck My Love
13.KISS ME
14.VIRGIN BEAT

1988年(ソロ活動開始)〜1994年までにリリースされたシングル全曲とカップリング曲数曲が 収められたシングル集。普通 バンドが解散してソロになるとそれまでの音楽性と全く違った方向に行く人が多いですがなにかカレの場合は一貫したロックの流れみたいなのを持っていてそれ をソロになってから別の方法で表現している。そんな流れがわかる気がします。BOOWYの曲はほとんど布袋さんが作っていたし、現在の布袋さんの曲をきい てもやっぱりBOOWYっぽいですがこの声があってこそやはりBOOYなんだと再認識しました。

Just Movin' On All The -S-Hit
[BEST]
氷室京介
2008
[DISC1]
01.ANGEL
02.DEAR ALGERNON
03.SUMMER GAME
04.MISTY 〜微妙に〜
05.JEALOUSYを眠らせて
06.CRIME OF LOVE
07.Urban Dance
08.Good Luck My Love
09.KISS ME
10.VIRGIN BEAT
11.魂を抱いてくれ
12.STAY
13.SQUALL
14.WALTZ
15.CLOUDY HEART

[DISC2]
01.NATIVE STRANGER
02.HEAT
03.SLEEPLESS NIGHT 〜眠れない夜のために〜
04.ダイヤモンド・ダスト
05.永遠 〜Eternity〜
06.炎の化石
07.Girls Be Glamorous
08.WILD ROMANCE
09.Claudia
10.EASY LOVE
11.SWEET REVOLUTION
12.ANSWER
13.Keep the faith
14.Be Yourself
15.LOVER'S DAY (20th Anniversary Special Arrange Version)

鑑賞中

平井 堅
The Changing Same
平井堅
2000
01.Introduction -HERE COMES K.H.-
02.Love Love Love
03.why
04.affair
05.the flower is you
06.Interlude -BRIGHTEN UP-
07.K.O.L
08.LADYNAPPER
09.Unfit In Love
10.wonderful world
11.Interlude -TURN OFF THE LIGHTS-
12.楽園
13.アオイトリ
14.The Changing Same -変わりゆく変わらないもの

TVK(テレビ神奈川)のある番組を何気なーく見てたらある男の人が車を運転しながらアカペラで歌 うコーナーがあってすごく歌 のうまい人だなーと思っていたらいきなりブレイクしちゃいました。最初聞いた時は「ブラックをさらに取り入れた」SING LIKE TALKINGという印象を持ちました。多分CATと共演してからのSLTがいいと思っていたら好きになると思います。でもこれを海外のR&Bと 比較して真似に聞こえないのは日本独特のポップスの雰囲気もしっかり取り入れてるからでしょう。R&Bブームといわれながらも男性ヴォーカルがな かなか出てこなかったところにポーンと現れたかんじです。昔はこの位置って久保田利伸の専売特許だったようなきがするのですがより本格的。私の印象では SING LIKE TALKINGがTOKYO FM、平井堅がJ-WAVE(どっちがいいという意味ではないです)。

福山 雅治
Dear
[BEST ALBUM]
福山雅治
1999
[DISC1]
01.追憶の雨の中
02.風をさがしてる (TV Special / '95 Style)
03.ただ僕がかわった
04.GOOD NIGHT
05.約束の丘
06.MELODY
07.恋人
08.遠くへ
09.MARCY'S SONG
10.IT'S ONLY LOVE
11.1985年 FACTORY STREET 夏
12.GLOAMING WAY
13.明日へのマーチ
14.DEAR

[DISC2]
01.HELLO
02.MESSAGE
03.今このひとときが遠い夢のように
04.HEART
05.you
06.Like A Hurricane
07.巻き戻した夏
08.Peach!!
09.Squall
10.DEAD BODY (Live / '95 Style)
11.BLOOD (Live / '95 Style)
12.Good Luck (Live / '95 Style)
13.SORRY BABY(Live/ '95 Style)
     〜もっとそばにきて (Santa Monica Blvd. / '99 Style)

1999年発売の2枚組みベストアルバム。代表曲がかなり入っているのでお得なアルバム。歌声が地 声(しゃべっている時と)ほ とんど同じでもあり、特に初期うまそうで、そうでもなさそうでどうにもとれる歌い方だったのですがさすがブレイクしたあたりから自分の声に合ったような曲 がわかってきたのか楽曲の良さと相まって一定以上のレベルを保っているところがなかなか普通の2足のわらじのミュージシャンとは違います。

HOUND DOG
Gold
HOUND DOG
1989
01.Shakedown
02.Dog Days
03.Only Love
04.No Name Heroes
05.15の好奇 心
06.太陽の様に
07.Destiny
08.火の玉ボーイ
09.Believe
10.Ambirious

「Only Love」、「15Years Curiosity」、「Destiny」、 「Ambitious」等のシングルヒットが満載のアルバム。ロックテイストを残しつつ大衆性という意味でかなり充実した聞きやすいアルバムです。
Rocks To Roll
[BEST]

HOUND DOG
1993
01.嵐の金曜日
02.RAINY LADY, GOOD-BYE
03.だから大好き ロックンロール
04.涙のBirthday
05.トラブル・メイカー
06.ラスト・ヒーロー
07.Jのバラード
08.STILL!
09.今夜ハートで
10.ff (フォルティシモ)
11.Knock Me Tonight
12.ラスト・シーン
13.Bad Boy Blues
14.ROCKS
15.ROAD RUNNER
16.おまえはB-88 (All Because You)

デビューからGOLD前までのベストアルバム。「ff」が入っている。基本的に筋が取っている。昔ってけっこうブルー ジーだっ たみたい。拳を振り上げてしまう。
Favorite Things
[BEST]

HOUND DOG
1992
01.AMBITIOUS (Single Vesion)
02.DESTINY (Single Vesion)
03.BLACKBOARD JUNGLE
04.BELIEVE
05.POWER TO THE PEOPLE
06.LONELY SOLDIER
07.TELEPHONE
08.FLY
09.15の好奇 心
10.GLORY
11.LAST HERO (OSAKA JO HALL LIVE VERSION 92 MAR.7)
12.ONLY LOVE (Single Vesion)
13.TELL ME WHY (Single Vesion)
14.BRIDGE 〜あの橋を渡るとき〜
15.ROAD

最初当然「ff」が入っているもんだと思い、買ったら入っていなかった、GOLD以降のベストアル バム。でもベスト版としては こっちが断然いい。関係ないけどロンブーと藤崎奈々子のやっている「まぶだち」って番組でロンブーがゲストにお礼をするコーナーで絶対ぐっさんががたくさ んの 人と一緒に大友康平のまねをするのはすごくおもしろい。

Popcorn
[Maxi Single]

HOUND DOG
2002
01.Popcorn
02.Just A Daybreak
03.Popcorn -Indian Summer-
04.Popcorn -Instrumental-
05.Popcorn -Dreamers Mix-
06.Popcorn -Whistle Mix-

HOUND DOGのマキシシングルで、911テロのことに関して歌った曲・・・。っといっても911そのもの事を歌っているのではなくて、歌詞そのものもは若い頃の 甘酸っぱい感じの記憶の事を歌っていて、こういう気持ちを忘れなければテロとか起こさないんじゃないかとかいう事だそうで私も納得。曲そのものは非常に素 直なロックバラードで多分「Only Love」とかに匹敵する曲の良さだと思います。Indian Summerヴァージョンとか雰囲気に合ってて結構いいかも。これを出した頃結構テレビ出てましたもんね。今ではバラバラになってしまいましたが・・・。 カップリングは明るく元気な曲です。

20050709 日本武道館帰還
[DVD]

HOUND DOG
2005
[DISC1]20050709 日本武道館帰還
01.ラスト・ヒーロー
02.Born To Love You
03.Go Go!サタディナイト
04.Still!
05.Only Love
06.浮気な、パレット・キャット
07.Bye Bye Dancin' Blue Suede Shoes
08.FENを聞きながら
09.アカペラ
10.Popcorn
11.My Dear Friend
12.Hot Line 貧乏神の警告〜Emergency〜
13.Rolling
14.ラスト・シーン
15.R★O★C★K★S
16.Bad Boy Blues
17.Over Heat
18.Road Runner
19.Knock Me Tonight
20.Songs
21.ff(フォルテッシモ)
22.Bridge〜あの橋をわたるとき〜
23.Ambitious
24.おちょくられた夜
25.Destiny
26."J"のバラード
27.嵐の金曜日
28.Last Night Last Time
[DISC2]15Days,15Years Ago
01.Ambitious
02.Destiny
03.トラブル・メーカー
04.Only Love
05.Shake Down
06.Blackboard Jungle
07.Bad Boy Blues
08.ラスト・ヒーロー
09."J"のバラード
10.Route 34
11.俺はラッキースター
12.Tell Me Why
13.Lonley Soldier
14.Rock'n Roll Lariat(Medley)
15.Road Runner
16.狼と踊れ
17.Last Night Last Time
18.ff(フォルテッシモ)
19.嵐の金曜日






鑑賞中

Hot Hip Trampoline School
先生、あついの
Hot Hip Trampoline School
1999
01.朝マック
02.Hot For Teacher
03.ロックンロール・ロデオ
04.Car Boy
05.月光
06.HOT FOR Teacher (Featuring マキ凛花)
07.スカイセブン
鑑賞中
生録ファイヤー!!
Hot Hip Trampoline School
2001
01.Strawberry Shake
02.Rock'n Roll Rodeo
03.Toilet Paper And Nonsense M.C.T.V Show
04.Double Espresso
05.777
06.Doggy Day
07.I'm Charie
08.Icecream
09.Brass Rockers Great
10.Batman Intro
11.Batman Revenge
12.Batman
鑑賞中
大阪ナウ!!
Hot Hip Trampoline School
2006
01.Jingle Jam
02.Bound Up!
03.ムーンライト・アカプルコ
04.Kako's Boogaloo
05.ガングリオン
06.ハイウェイスター
07.Newtral Gear
08.Up In Snake
09.I'm The Crazy Stew
10.Yes!ガンジー
11.地下のチャルメラ
12.Green Water
鑑賞中

HOT ROD CRUE

Hot Rod Cruezin'
HOT ROD CRUE
2003
01.Born To Be Wild
02.China Groove
03.Gimme All Your Lovin'
04.Leader Of The Pack
05.Pretty Woman
06.In This Country
07.I Can't Drive 55
08.Wild Side
09.Kick Start My Heart
10.You've Got Another Thing Comin'

鑑賞中

Hot Rod Cruezin' II
HOT ROD CRUE
2005
01.Wild Thing
02.Speed
03.Are You Gonna Go My Way
04.Girls.Girls. Girls.
05.Panama
06.Tush
07.Fight For Your Right
08.Endorphinmachine
09.Dr.Feelgood
10.I Don't Want To Miss A Thing

鑑賞中
☆DIRTY TRASHROADはこちら
HYSTERIC BLUE
Baby Blue
HYSTERIC BLUE
1999
01.P・O・T’99
02.Little Trip
03.春 〜spring〜
04.Candy
05.ポカポカ
06.白い祈り
07.Super Wing
08.RUSH!
09.彼女のLove Story
10.メモリー

本当はこういう風なキャピキャピしたかんじの音楽は好きじゃないんですが(ジュディマリをさらに キャピキャピさせたかんじの曲 とか)。ところがA「春 〜spring〜」のように時として声質がまったく変わる曲なんかは最近の”のっこ”よりレベッカっぽくてかなりいいですね。この声の路線でやってくれれ ば結構はまります。今のシングルもどちらかといえばレベッカ声路線でいいなと思うんですが。
なぜ・・・
[SINGLE]
HYSTERIC BLUE
1999
01.なぜ…
02.風のいたずら
03.なぜ・・・(ORIGINAL KARAOKE)

っでこれが上で言うレベッカっぽい声で歌っている新曲。っというか完全にレベッカですね。バックの 演 奏もどこか少しビジュアル系 で。ある意味80年代的な部分があり。でもカップリングはそんな好きじゃないですね。

邦楽CDインデックスに戻る