CD最新レビュー[洋楽編]
最新と書きつつ 買った順にレビューしていてしかも聞くペースが買うペースより遅いので6年遅れです(失笑)
個人的にまぁ まぁ気に入った曲には下線を、 特に気に入った曲はさらに赤色で示しています。
曲名を「この色」であらわ しているものはお気に入りかどうかまだ決めていない曲です。
全曲曲名をこの色で書いて1曲も下線がないのはまだお気に入りを決めていない可能性があります。

[全洋楽CDレビュー][全邦楽CDレビュー][今後レビューに追加予定のCD][MUSIC][Top Page]


JOE PERRY
JOE PERRY
2005

01.Shakin’ My Cage
02.Hold On Me
03.Pray For Me
04.Can’t Compare
05.Lonely
06.Crystal Ship
07.Talk Talkin’
08.Push Comes To Shove
09.Twilight
10.Ten Years
11.Vigilante Man
12.Dying To Be Free
13.Mercy
エアロスミスのギター、JOE PERRY先生の久々のソロアルバム。まぁ前から言ってるんですけど、いくら師匠とはいえヴォーカルは別の方にやってほしいなぁ・・・。そうはいっても、エアロソミスのロック的な部分はやっぱりこの方が握ってるんだろうなと実感。曲調に関してはブルースをベースにしたイキのいいロック(意外とハード)。スティーヴン・タイラーに歌わせたらだいぶいい曲も結構あります。相変わらず先生はリズムのセンスが真似できませんわ・・・。
Voice
NEAL SCHON
2001
01.Caruso
02.Hero

03.(Everything I Do) I Do It for You
04.Killing Me Softly
05.From This Moment On

06.Why
07.I Can't Make You Love Me
08.Con Te Partiro
09.My Heart Will Go On
10.Song for You
JOUNEYのギターリスト、ニール・ショーンのソロアルバム。タイトルのとおり、ボーカルがある有名なポップスのバラード曲をボーカルメロディーをギターで演奏しているアルバム。曲調もあいまってかムーディーなギター。分かりやすく言うとオリンピックで羽生選手が金メダルをとったときのショートプログラムの曲か、ボディー・ビルときいてわりとみんながイメージするサンタナの曲。あの辺の路線。そういえば元々ニールってサンタナなのバンド出身ですよね。まぁぶっちゃけ原曲のご本人の歌をききたいところですが、普段だったら早弾きでいっきに押し倒すかんじんもグッと抑えたニールのギターでの表現もなかなか。1曲ぐらいなんか結婚式で弾こうかなww。
World Play
SOUL SIRKUS
2005
[CD]
01.World Play
02.Highest Ground
03.New Position
04.Another World
05.Soul Goes On
06.Alive
07.Periled Divide
08.Peephole
09.Abailar To Mundo
10.Friends 2 Lovers
11.Praise

12.My Sanctuary
13.Coming Home
14.My Love,My Friend
15.Close The Door
16.Soulspace
17.Soulspace2

18.JAMES BROWN
[BONUS DVD]
New Position(VIDEO)

Another World(VIDEO)
Interview,Behind The Scenes(Footage)
JOURNEYのギターリストニール・ション、イングウェイのヴォーカルで一時JOURNEYにもいたヴォーカルのジェフ・スコット・ソート、WHITESNAKE等数々のバンドに参加しているマルコ・メンドーサ、JOURNEYのドラムディーン・カストロノヴォて結成されたバンド。当初はPLANET USというバンドでヴォーカルがVAN HALENのサミー・へイガーとマイケルアンソニーがいたのですがこれが頓挫してできたバンドみたいです(それはそれで見たかった・・・)。サウンド的には最近のJOURNEYをギターリフ中心にした感じ(代表的なのは11曲目のPraiseでしょう)というある意味分かりやすい。どっちかというとストレートなハードギターの曲が多いです。3曲のNEW POSITIONあたりはリフの聞いたメタリックなハードロックでこのアルバムでは一番お勧め。私もギターで弾いてみたい。そんななかやっぱJOURNEYらしい部分も時折顔を覗かせます。ジェフス・スコットはハイトーンも出るけどどっちかというと低音の方に魅力がありますね。そういう意味ではJOURNEYのボーカル向きではなかったのかも。こっちは別バンドなんでまったく問題ないです。マルコってスラッピング(チョッパー)もやる方だったのね・・・。意外だったのは「My Love My Friend」アカペラで14カラットソウルかい!」ってかんじ。これはこれでいいと思います。15曲目のCloser The Doorはもう最近のJOURNEYのアルバムの路線まんまww.
Angel Of Retribution
JUDAS PRIEST

2005
01.Judas Rising
02.Deal With The Devil
03.Revolution
04.Worth Fighting For
05.Demonizer
06.Wheels Of Fire

07.Angel
08.Hellrider
09.Eulogy
10.Lochness
脱退していたヴォーカルがロブ・ハルフォードが戻っって「Paikiller」の頃のメンバーになった復活作。まぁ最高傑作ではないかもしれませんが、非常にHM/HR「らしい」かんじの復活作としてはいい仕上がり。「2」「3」がいいですね。

Power Rock Today
15th Anniversary
[CD+DVD]

V.A.

2004

[CD]
01.The Trooper/IRON MAIDEN
02.Am I Evil?/DIAMOND HEAD
03.747(Strangers In The Night)/SAXSON
04.Do You Close Your Eyes/RAINBOW
05.Far Beyond The Sun/Yngwie Malmsteen
06.I Like To Rock/APRIL WINE
07.Love Loaded/WAYSTED
08.Not Fakin' It/MICHAEL MONROE
09.Crucify/THE ALMIGHTY

10.Madhouse/ANTHRAX
11.Hollywood Tease/L.A.GUNS
12.Love Kills/VINNIE VINCENT INVASION
13.Love Song/TESLA
14.Get It On/KINGDOM COME
15.Reign Of Love/HURRICANE

16.Here I Go Again/WHITESNAKE

17.Captain Nemo(Original Mix)/THE MICHAEL SCHENKER GROUP
[DVD]
01.Woman In Uniform/IRON MAIDEN
02.Rainbow In The Dark/DIO

03.Rock You Like A Hurricane/SCORPIONS

04.Out In The Fields/GARY MOORE
05.Let It Rain/UFO
06.Dancer/THE MICHAEL SCHENKER GROUP
07.Silver And Gold/A.S.A.P
08.Angel Eyes/RIOT
09.Wake Up Dead/MEGADETH

10.Silent Lucidity/QUEENSRYCHE
11.Shake Me/CINDERELLA
12.Every Rose Has Its Thorn/POISON
13.Get The funk Out/EXTREME
14.Waterline/DIZZY MIZZY LIZZY
15.Still Too Young To Remember/IT BITES

16.TV Crimes/BLACK SABBATH
17.Street Of Dreams/RAINBOW
伊藤正則がパーソナリティーを務めるラジオ番組Power Rock Todayの15周年を記念して発売された東芝EMIとユニバーサルミュージックのHR/HM系のアーティストを集めたコンピうレーションアルバム。まぁ個人的には結構音源自体はすでに持っているものも多いんですが新しいバンドを開拓するという意味ではいいかも。IRON MAIDENのエイドリアンスミスのバンドA.S.A.Pは意外とポップでびっくり(笑)
Arrival
JOURNEY

2000
01.Higher Place
02.All the Way
03.Signs of Life
04.All the Things
05.Loved by You
06.Livin' to Do
07.I Got a Reason
08.With Your Love
09.Lifetime of Dreams
10.Live and Breathe
11.Kiss Me Softly
12.I'm Not That Way
13.We Will Meet Again
14.To Be Alive Again
せっかく全盛期のメンバーで再結成したもの体調の問題でツアーを伸ばしたかったのにメンバーが待ってくれないということでスティーヴペリーが脱退。ドラムのてスティーヴ・スミスも脱退しヴォーカルにスティーヴ・オージェリー、ドラムにBAD ENGLISHでニール・ジョナサンと一緒だったディーン・カストロノヴォが加入したアルバム。スティーヴ・ペリーが脱退したということであまり売れなかったようですが、スティーヴ・オージェリーも落ち着いたかんじながらも、なかなかJOUNEYの雰囲気を壊さない程度にうまくはまってると思いましたね。このときは・・・・。のちにアーネルが出てきたらさらに驚きましたが。そういう意味ではヴォーカル探しがうまい。曲の路線もバラエティーに富ながらも(バラードが多めですけど)大きく彼ららしさを外していないし、ある意味彼らのおいしいところどりをしていて丁寧に作られたいいアルバム。まぁ曲そのものは焼き直し感があるものもありますが・・・。あとベースの重厚さが結構好きかも。
Frontiers
JOURNEY

1983
01.Separate Ways (Worlds Apart)
02.Send Her My Love
03.Chain Reaction
04.After the Fall
05.Faithfully
06.Edge of the Blade
07.Troubled Child
08.Back Talk
09.Frontiers
10.Rubicon
前作の大ヒットの2年後にリリースされたアルバム。こちらのアルバムもクオリティーが高いです。個人的にはアルバムとしてはこっちの方が好きかも。キャッチーなメロディーラインは健在もよりハードでスケール感が大きくなった印象。「Separate Ways」はWBCの時期になると頻繁に流れるので多分聞いたことがある方も多い、キーボードとハードなギターが印象のロックナンバー。ちなみにあの三田村邦彦もカヴァーしているらしいです。「Send Her My Love」はこのアルバムで一番好きかも。リムショットと空間系の音作りが印象的な曲「Faithfully」もスケール感のある有名なバラードです。最後に向かっていくかんじがいいです。「Troubled Child」はこの手のバンドにしては珍しい3拍子のドラマチックなこれまたスケールの大きい曲。「Back Talk」もちょっとリズムが面白い曲。タイトル曲の「Frontiers」もなんか面白い。ここ3曲は実験してる感じです。
Escape
JOURNEY

1981
01.Don't Stop Believin'
02.Stone in Love
03.Who's Crying Now
04.Keep on Runnin
'
05.Still They Ride
06.Escape
07.Lay It Down
08.Dead or Alive
09.Mother, Father
10.Open Arms
JOUENEYの代表アルバといえばやっぱりこれでしょうね。最初と最後に名曲入ってますので。キーボードにBABYSのジョナサン・ケインが入っての最初のアルバム。多分彼の作曲能力の功績が一番大きいような気がします。それまでもヒット曲はありましたがこのジョナサン・ケイン&スティーヴ・ペリーの曲はいい曲が多い。もちろんこのバンドのリーダーで核はギターのニール・ショーンですが、いい曲を書くという意味ではショナサン&スティーヴでしょうね。ただニールがいるからこそ単なるいい曲のあるバンドではなくかっこいいロックバンドになっていると思います。というわけでわかりやすくいい曲とロック的なダイナミックさを合わせ持った名盤かと。Open Armsは海猿のテーマ曲で使われてましたしマライア・キャリーもカヴァーしていたので有名なバラードです。これはいい曲。実はJOURNEYの曲だと知るまでずっとロッド・スチュワートの曲だと思い込んでいたことは内緒(笑)。Don't Stop Believun'もGleeに使われたり、Rock Of Agesに使われたりと映画ドラマで良く出てくる曲。Mother,Fatherもちょっとプロぐレ風でドラマチックでいいです。この曲、最近ではドラマーのディーンがドラムたたきながらしかもうまく歌っているのに驚きましたが・・・。
Visions Of The Beast
[DVD]

IRON MAIDEN

2003
[DISC1]
01.Womeniin Uniform

02.Wrathchild

03.Runito theiHills
04.The Number of theiBeast
05.Flight of Icarus

06.The Trooper
07.2 Minutesito Midnight
08.Aces High

09.Wasted Years
10.Stranger inia Strange Land
11.Can I Play with Madness

12.The Evil that Men Do

13.The Clairvoyant
14.Infinite Dreams
15.Holy Smoke
16.Tailgunner

[DISC2]
01.Bring Your Daughterito theiSlaughter

02.Be Quick or Be Dead

03.From Hereito Eternity
04.Wasting Love
05.Fear of theiDark
06.Hollowed Be Thy Name
07.Man on theiEdge
08.Afraidi To Shoot Strangers

09.Lord of theiFlies
10.Virus
11.The Angel & The Gambler
12.Futureal

13.The Wicker Man

14.Out of theiSilent Planet
15.Brave New World


彼らのデビュー〜ギターリスト3人構成になった頃の歴史を振り返るPAとライブ映像を中心とした映像集。いや〜やっぱりHMというとこのバンドだなぁ。このDVDを見て改めて好きになる曲があったりします。ただうるさい音楽とはまた違う、激しさと美しさを兼ね備えた音楽性があります。あとやっぱベースのスティーブ・ハリスすごい。昔私がベー視すとだったときこんなの絶対弾けないと思ってましたもんね。というかどうやって弾いているのかよく分かりませんでした。あとこの映像を見ていて、うちのリーダーがエイドリアン・スミスが好きな理由が分かりました。ハードな中にもずいぶん哀愁のあるギターを弾きなさる。すばらしい。また、ヴォーカルが3人登場しますがやっぱりブルースが一番いいですね。曲にダイナリズムが生まれるという意味で。でもブレイズ時代も悪くはないですね。
Youth
COLLECTIVE SOUL

2004
01.Better Now
02.There's A Way
03.Home
04.How Do You Love?
05.Him
06.Feels Like (It Feels All Right)

07.Perfect To Stay
08.Counting The Days
09.Under Heaven's Skies
10.General Attitude
11.Satellite
6thアルバム。自身のレーベルに移籍しての第1弾。リードギターの交替はありましたが全体的には「アーシーでアナログチックだけどリズムがちょっとヘヴィーでデジタル的(というかシーケンス的)でもまたサビは素朴でポップな感じ」という路線はあまり変わっておらず集大成的なサウンド。まぁこれといった曲もないですが曲の平均点は相変わらず高いかと。適度に曲がポンポンすすんでいくのであっさり聞けます。

Greatest Hits DVD 1978-1997
[DVD]

JOURNEY

2003
01.Don't Stop Believin'
02.Wheel in the Sky

03.Faithfully
04.Any Way You Want It
05.Separate Ways (Worlds Apart)

06.Lights
07.Lovin', Touchin', Squeezin'
08.Be Good to Yourself

09.When You Love a Woman

10.Who's Crying Now
11.Send Her My Love

12.Girl Can't Help It

13.Open Arms

14.Just the Same Way
15.Stone in Love
16.Feeling That Way
17.After the Fall
18.I'll Be Alright Without You
スティーヴ・ペリー在籍時のキャリアを収めた映像集。あえて映像集と書いたのは、PVよりもライブ映像が多いからです。これはSeparate WaysのPVがエア演奏みたいな場面があってこっぱずかしかったらしいですね・・・。初期のニールショーンってすごいアフロにひげ面で誰だか分からなかったり、メンバーが3人だけの時代とかはあしゃれな雰囲気でサポートのリズム隊がすごいうまそうだけどなんか違和感あったり(いやでもこれはこれでかっこいいなぁ)、一気におじさんっぽくなったりとかいろんな時代を経たんだなぁと感じます。曲順の時代は割りとバラバラ。かといってなんか流れで並べたわけでもなさそうです。だからなおさら時代の差分を感じます。でも一貫していえるのはいい曲が多いバンドだということ。

100,000,000 BON JOVI Fans
Can't Be Wrong...
The Premiere Collection

BON JOVI
2004
[DISC1]
01.Why Aren't You Dead?
02.The Radio Saved My Life Tonight
03.Taking It Back

04.Someday I'll Be Saturday Night (Demo)
05.Miss Fourth Of July
06.Open All Night
07.These Arms Are Open All Night

08.I Get A Rush
09.Someday Just Might Be Tonight
10.Thief Of Hearts
11.Last Man Standing

12.I Just Want To Be Your Man
  
[DISC2]
01.Garageland
02.Starting All Over Again
03.Maybe Someday

04.Last Chance Train
05.The Fire Inside
06.Every Beat Of My Heart
07.Rich Man Living In A Poor Man's House
08.The One That Got Away
09.You Can Sleep While I Dream
10.Outlaws Of Love
11.Good Guys Don't Always Wear White
12.We Rule The Night


[DISC3]
01.Edge Of A Broken Heart
02.Sympathy
03.Only In My Dreams
(featuring Tico Torres on vocals)
04.Shut Up And Kiss Me
05.Crazy Love

06.Lonely At The Top
07.Ordinary People
08.Flesh And Bone
09.Satellite
10.If I Can't Have Your Love

(featuring Richie Sambora on vocals)
11.Real Life

12.Memphis Lives In Me
 (featuring David Bryan on vocals)

13.Too Much Of A Good Thing

[DISC4]
1.Love Ain't Nothing But A Four Letter Word
2.Love Ain't Nothing But A Four Letter Word (Demo)
3.River Run Dry

4.Always (Demo)
5.Kidnap An Angel
6.Breathe
7.Out Of Bounds

8.Letter To A Friend
9.Temptation
10.Gotta Have A Reason
11.All I Wanna Do Is You
12.Billy

13.Nobody's Her


[DVD]
New Interviews,
Unreleased Footage
Rare Archive Material
And Photo Gallery


[Bonus CD]
01.With A Little Help My Friends(Live'94)
02.Love Is War
03.Borderline
04.Hush(Demo)
05.I Wish Everyday Could Be Like Christmas
06.Save A Prayer
07.Fields Of Fire(Demo)
08.Another Reason To Believe(Demo)
09.Let's Make It Baby(Demo)
10.The End
CD5枚+DVD1枚の未発表曲&レアトラック集。それにしてもよくもこれほどの未発表の曲があるんだってかんじですね。でもそこはさすがBON JOVI。未発表曲でもそれなりにクオリティがあります。これを聞いて思ったのはやっぱりBON JOVIってアメリkかのバンドなんだなぁって事ですね。根にはカントリーやフォークの地が流れてるなと。あと、初めてキーボードのデビッドの歌声を聞きましたが本当にカントリー歌手みたいで渋い。ちなみに「Nobody's Hero」の最後のあたりに隠しトラック的に「Living On A Prayer」のデモっぽい音源が入ってます。Love Is War」を聞いたら一瞬「You Give Love A Bad Name」にえらい似てるなぁと思ったらジョンがBad Nameのような曲を書こうとしたらコードが同じになってしまったという曲らしいです(笑)。DVDのインタビューは私が持っているのは字幕がないのでよく分からず・・・。
Hollywood Raw L.A. GUNS
2004
[DISC1]
01.Soho
02.Nothing to Lose
03.Bitch Is Back

04.Down in the City
05.Electric Gypsy
06.Instrumental
07.Guilty
08.Hollywood Tease

09.Sex Action
10.Midnight Alibi

11.One More Reason
12.One Way Ticket
13.Shoot for Thrills
14.Winter's Fool

15.Alice in the Wasteland
[DISC2]
01.Don't Love Me
02.When Dreams Don't Follow Through
03.It's Not True
04.Something Heavy
初期の頃の頃のデモ音源を集めたアルバム。デビュー曲などの原型等が聴けます。タイトルのとおり録音は割と生々しい感じで初期のアルバムの頃のようなキラキラしたような雰囲気はないですが、荒々しい中にも勢いがあってライブ感があます。09は歌詞と一部メロディーも変わってますね。やっぱちょっと違和感が・・・。DISC2はさらに超初期のもあり貴重。メンバーもまったく異なる感じのデモ。

Love Songs
[BEST]
PHIL COLLINS

2004
[DISC1]
01.Tearing and Breaking
02.Do You Remember?

03.One More Night
04.Against All Odds
05.Can't Turn Back the Years
06.Groovy Kind of Love

07.Everyday
08.Don't Let Him Steal Your Heart Away
09.Please Come Out Tonight
10.This Must Be Love
11.It's in Your Eyes
12.Can't Stop Loving You

[DISC2]
01.Testify
02.True Colours [Rehearsal][Live]

03.You'll Be in My Heart
04.If Leaving Me Is Easy
05.I've Been Trying
06.I've Forgotten Everything
07.Somewhere
08.Least You Can Do
09.Two Hearts
10.Separate Lives [Live]
11.My Girl [Live]
12.Always [Live]
13.Way You Look Tonight [Live]
文字通りフィルおじさんのラブ・ソングを集めたベスト版。よく聞くとオリジナルアルバムと微妙に楽器の音色が違う気がします。改めて聞くとやはりこの方はドラマー出身(厳密に言うと子役出身らしいのですが・・・)ですけどポップセンスは抜群です。ちなみにこちらに収録されているCYNDI LAUPERのカヴァー「True Colours」はHits収録とは違い少しゴスペルチックなアレンジになっていてこのヴァージョンもいいです。
Trial By Fire
JOURNEY

1996
01.Message of Love
02.One More
03.When You Love a Woman
04.If He Should Break Your Heart
05.Forever in Blue
06.Castles Burning
07.Don't Be Down on Me Baby
08.Still She Cries

09.Colors of the Spirit
10.When I Think of You
11.Easy to Fall
12.Can't Tame the Lion
13.I Can See It In Your Eyes
14.It's Just the Rain

15.Trial by Fire
16.Baby I'm A Leavin' You
10年ぶりに再結成されて出されたアルバム。メンバーは全盛期のメンバーで復活です。まぁ若干スティーヴ・ペーリーの声がかすれたかなって気もしますが、相変わらずのJOURUNEY節が聞けるアルバム。このバンドはHi-FiであればHi-Fiであるほど魅力が増すなぁというのを実感。あとはベテランならではの「タメ」とかも感じられていいです。ニールのソロが冴まくってますし、曲もクオリティーが高いです。大部分の曲はこの色(まぁまぁお気に入り)にしてますけが、ほぼこの色(かなりお気に入り)に近いと思っていただいて構いません。全体的にはバラードチックな曲が多め。前作は80年代的な雰囲気でしたが、こちらは落ち着きがあります。01はマイルドになったけどSeparate Ways意識してますね・・・。03は日テレNEWS24をみているとニュース一覧みたいなところでしょっちゅう流れているので聞いたこともある方も多いと思いますがすばらしいバラード。今度誰かの結婚式で弾いてくれといわれればこれを弾くかもしれません(笑)。まぁ強いて欠点をあげればCD限界ギリギリぐら詰め込んだ曲が多すぎるのと、最後の曲だけ(私の苦手な)レゲエだってことですかね。隠しドラックですけど。